So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

フォノイコライザー:Cambridge Audio CP2 [オーディオ]

3月は仕事が忙しくて、毎週休日出勤もあるので、
休日が少なくて旅へ行けない状況でして、
毎週延期していた旅の予定も、とうとうキャンセルしました(悲)

slql100_1.jpg

初めての東武特急「日光詣スペーシア」へ乗車のはずでした。

4月の花見の旅までは、
少ない休日は自宅で引きこもり生活です・・・
ということで、
自宅で楽しめるオーディオ関係の記事になります。


昨年(2016年)の10月に、
アナログレコードプレイヤー:Technics SL-QL1
http://audio-heritage.jp/TECHNICS/player/sl-ql1.html
のカートリッジをGRADO Prestige Gold 1 へ交換しましたが、
https://www.knicom.co.jp/grado/phonopickup/silver-gold.html
この音質の変化から連鎖して、
フォノイコライザーも交換したらどんな音になるのか?
と、気になり始めました(汗)

slql201_DSC01677.JPG

フォノイコライザーは、レコード盤を再生するときに、
記録してある音声信号を増幅や補正するために必要な装置ですが、
80年代製の古いプリメインアンプ:Technics SU-V90D
http://audio-heritage.jp/TECHNICS/amp/su-v90d.html
に内蔵のフォノイコライザーを頼ってましたので、
経年劣化も気になってました。

slql202_DSC00912.JPG

フォノイコライザーを探してみると、
今の時代も沢山の機種がありますが、
所有しているレコード盤の枚数と、聴く頻度を考えて、
コストパフォーマンスを重視して、Cambridge Audio CP2
http://naspecaudio.com/cambridge-audio/20868/
を、昨年(2016年)11月に購入しました。

slql203_DSC01492.JPG

実は、初めての単体のフォノイコライザーです。

箱を開けると、電源はACアダプターで外部になってます。

slql204_DSC01495.JPG

幅215mm×高さ46mm×奥行133mm
のコンパクトな本体です。

slql205_DSC01508.JPG

背面には、MC型とMM型のカートリッジのそれぞれ入力があって、
左右のバランス調整ができるつまみと、
サブソニックフィルター(レコードの反りによる低周波を抑える)
のスイッチがあります。

slql206_DSC01507.JPG

底面は普通のゴム足です。

slql207_DSC01511.JPG

接続するRCAケーブルは買い置きしてあった、
AudioQuest Golden Gate です。
https://dm-importaudio.jp/audioquest/lineup/l4/Vcms4_00000075.html

slql208_DSC01512.JPG

AudioQuest Golden Gate は入力、出力の方向が指定されてます。

slql209_DSC01516.JPG

プリメインアンプ:Technics SU-V90D の上に設置します。

slql210_DSC01689.JPG

ヘッドホンアンプ:Sound ValveX/SE と、
http://www.phileweb.com/ec/index.php?p=10028
ヘッドホン:GRADO RS1i
http://www.h-navi.net/rs1i.php
を接続して、

slql211_DSC00906.JPG

slql212_DSC01385.JPG

次の環境で聴いてみた感想です。

 アナログレコードプレイヤー
 Technics SL-QL1
 ↓
 フォノイコライザー
 Cambridge Audio CP2
 ↓
 ヘッドホンアンプ
 Sound ValveX/SE
 ↓
 ヘッドホン
 GRADO RS1i


MM型カートリッジでの音質の方ですが、
低音域が豊かで、音の広がりも自然で、
元気でキレのいい音のGRADOサウンドと、
肉厚な音のヘッドホンアンプ:Sound ValveX/SEと、
よく合ってノリノリで楽しめます!

高音域も繊細でしっかり出ていて、
デジタルオーディオと違ったクリアさがあって、
好きな音で満足してます。

アナログ機器なので、結構な発熱がありますので、
設置場所には注意です。

MC型カートリッジも使えるので、
こちらの音も気になるところなので、
中古でスペースをとらないアナログレコードプレイヤーの
Technics SL-7 や、
http://audio-heritage.jp/TECHNICS/player/sl-7.html
Technics SL-10
http://audio-heritage.jp/TECHNICS/player/sl-10.html
の追加も考えて・・・連鎖にハマりそうです(汗)


Cambridge Audio CP2の購入で、
プリメインアンプ:Technics SU-V90D のフォノイコライザーも、
硬めの音ながらもきっちりと出力されて、
大きな劣化はないことがわかりました。

アナログオーディオの成熟と、
当時の日本メーカーの高品質を改めて感じました[わーい(嬉しい顔)]

Cambridge Audio CP2 フォノイコライザー(MM/MC) ケンブリッジオーディオ (Black)

Cambridge Audio CP2 フォノイコライザー(MM/MC) ケンブリッジオーディオ (Black)

  • 出版社/メーカー: ケンブリッジオーディオ
  • メディア: エレクトロニクス


AMDの新CPU:Ryzen 7 でPCリプレース [パソコン]

自宅のサブPCは、2010年6月に組んだ自作PCで、
CPUは、AMD Phenom II X4 965 BE(3.4GHz TDP125W)
という古い仕様で、7年近く頑張ってましたが、
3月3日に久々のAMD社の新しいCPU:Ryzen 7
が発売になったので、この波に乗って、
サブPCをリプレースしました。
http://www.amd.com/ja/ryzen

まずCPUですが、
メインPCとして24時間の稼働に耐えられるように、
発熱を抑えたTDP(設計上の最大放熱量):65Wの、
Ryzen 7 1700(8Core/16Thread 3.0GHz,Turbo 3.7GHz
を購入しました。

ryzen01_DSC01725.JPG

Ryzen 7 は、
1800X(8Core/16Thread 3.6GHz,Turbo 4.0GHz,TDP95W)
1700X(8Core/16Thread 3.4GHz,Turbo 3.8GHz,TDP95W)
1700(8Core/16Thread 3.0GHz,Turbo 3.7GHz,TDP65W)

の3種類が発売されましたが、
CPUクーラーが付属しているのは1700のみです。

ryzen02_DSC01728.JPG

久々の新しい設計のCPUなので、
ワクワクしながら取り出します(笑)

ryzen03_DSC01731.JPG

裏側です。ピンがずらりと並んでます。

ryzen04_DSC01734.JPG

販売日直前の3月2日の深夜は寝てしまって、
朝方起きたときには、ネットで安心できるサイトは、
マザーボードは品切れでした(悲)

しかし!3月3日の夜に、
たまたまネットで検索してたらYカメラさんに1品あって、
それも狙っていた製品のひとつだったので、
即購入して3月5日に無事到着しました(汗)

ryzen05_DSC01765.JPG

マザーボードが不足しているようなので、
とてもラッキーでした!

購入したのは、ASRock Fatal1ty X370 Gaming K4
http://www.asrock.com/mb/AMD/Fatal1ty%20X370%20Gaming%20K4/index.jp.asp
という、ゲーマー向けのマザーボードですが、
ニチコン製のコンデンサや冷却性能など、
24時間稼働するための信頼性を優先して選びました。

ryzen06_DSC01766.JPG

日本語の取扱説明書が付属してますが、
英語版の方が詳しく書いてあるので、
あんまり見なかったです(笑)

CPUを取り付けますが、
「RYZEN」の文字が逆さまになるのはご愛嬌で(汗)

ryzen07_DSC01767.JPG

付属のCPUクーラーを取り付けます。

ryzen08_DSC01768.JPG

リテールクーラーは「Wraith Cooler」(レイスクーラー)という、
AMD純正製品の「Wraith Spire」(レイススパイア)が付属していて、
接触面は銅板が埋め込まれたきちんとしたつくりになってます。

メモリを取り付けます。

ryzen09_DSC01769.JPG

メモリは、Ryzen発売から品薄、高騰が予想されたので、
CFD W4U2400BMS-16G/W-YP(DDR4-2400 16GB 2枚組)を、
2週間前から入手してました(鬼)

今回のポイントのひとつとして、起動ドライブには、
M.2規格のSSD:A-DATA XPG SX8000 256GB を用意しました。
http://jp.adata.com/jp/ssd/feature/423

ryzen10_DSC01736.JPG

M.2規格のSSDはかなり発熱するので、
XPG SX8000
を取り付けると、
CPUクーラーの風が当たるレイアウトも、
このマザーボードを候補にしていた理由です。

ryzen11_DSC01770.JPG

PCケースへ組み込む前です。

ryzen12_DSC01775.JPG

電源も重要ポイントで、いままでの経験から、
電源が原因の動作不具合や故障が比較的多かったので、
信頼のENERMAX:REVOLUTION X tII 750W です。
http://www.enermaxjapan.com/80plus-gold_550-650-750W_top/Revolution-Xt2_top.html

ryzen13_DSC01761.JPG

ryzen16_DSC01762.JPG

そして、マザーボードをPCケースへ取り付けて、
SSD、HDD、ビデオカード、Blu-rayドライブを接続して、
起動してみると・・・

マザーボードに付いているDr.Debugというモニタに、
エラーコード:48 が表示されて、起動ができませんでした(痛)

調べてみると、メモリ系のエラーらしいので、
メモリの位置を差し替えたり、最小構成にしても起動できず、
最後の手段でCMOSをクリアしたら起動できました(汗)

※CMOS:BIOSと設定値を保存しているメモリ
 BIOS:マザーボードやデバイスを制御するプログラム

ryzen14_DSC01779.JPG

今は光ものが流行なのでしょうか?
CPUクーラーもマザーボードもきらきら光りまくりですが、
静音ケース内なので見えません(笑)
(配線が多いのがこれからの課題です)

Windows10をインストールして、
タスクマネージャーを起動すると、
至福の8コア16スレッドの表示です!

ryzen15_ryzen_01.jpg

組み上がった新メインPCのスペックです。

 OS: Windows 10 Pro(64bit)
 CPU: Ryzen 7 1700(8Core/16Thread 3.0GHz,Turbo 3.7GHz TDP65W)
 メモリ: DDR4-2400 16GB×2枚
 M/B: ASRock Fatal1ty X370 Gaming K4
 SSD: A-DATA XPG SX8000 256GB(M.2 2280 SSD)  
     A-DATA Ultimate SU800 1TB
     SANDISK SDSSDHII-480G-J25 480GB
 HDD: HGST HUS724040ALA640 4TB(7200rpm)
 ビデオカード: MSI NTITAN Black 6GD5(GeForce GTX TITAN Black 6GB)
 サウンドカード: ASUS STRIX RAID DLX

旧メインPCは新サブPCになります。

 OS: Windows 7 Home Premium(64bit)
 CPU: AMD FX-8300(8-core 3.30GHz,TB 4.20GHz TDP95W)
 メモリ: DDR3-1600 4GB×4枚
 M/B: GIGABYTE GA-990FXA-UD5 REV3
 SSD: CFD CSSD-S6T256NHG5Q 256GB
     INTEL 510 Series SSDSC2MH120A2K5 120GB
 HDD: TOSHIBA DT01ACA200 2TB(7200rpm)×1台
 ビデオカード: GeForce GTX 760 OC 2GB(ASUS GTX760-DC2OC-2GD5
 サウンドカード: ASUS Xonar Phoebus


性能についてはネット上に情報がある通り、
かなり高性能で満足ですが、
リテールクーラー「Wraith Spire」も、
静かで目立った騒音もなくて、冷却もいい感じです。

また、CMOSのクリア以降はトラブルもなくて安定してます。

使用感で驚いたのは、
Adobe Photoshopの自動補正などの処理が劇的に速くなったことで、
CPUがAMD FX-8300 のときに2~3秒かかっていたのですが、
Ryzen 7 1700 では一瞬で終わります。

BIOSやドライバはまだまだ進化途中なので、
もう少し使ってみてから、
ベンチマークやパフォーマンスなどなど、
記事にしたいと思います[わーい(嬉しい顔)]

AMD CPU Ryzen7 1700 with WraithSpire 95W cooler AM4 YD1700BBAEBOX

AMD CPU Ryzen7 1700 with WraithSpire 95W cooler AM4 YD1700BBAEBOX

  • 出版社/メーカー: AMD
  • メディア: Personal Computers

ASRock AMD X370チップセット搭載 ATXマザーボード X370 Gaming K4

ASRock AMD X370チップセット搭載 ATXマザーボード X370 Gaming K4

  • 出版社/メーカー: ASROCK
  • メディア: Personal Computers

ADATA Technology XPG SX8000 M.2 2280 SSD 256GB

ADATA Technology XPG SX8000 M.2 2280 SSD 256GB

  • 出版社/メーカー: ADATA Technology
  • メディア: Personal Computers







伊豆、花見の旅 その3:伊豆クレイル編 [趣味]

下田での散歩から伊豆急下田駅へ戻って、
駅周辺を歩きます。

izu301s_DSC00487.JPG

すると、帰りに乗車する快速「伊豆クレイル」が到着します。

izu302s_DSC00496.JPG

波布比咩命神社(はぶひめのみことじんじゃ)です。

izu303s_DSC00503.JPG

河津での河津桜も見事でしたが、
下田でも満開の河津桜を見ることができます。

伊豆急下田駅へ戻って、お土産を買って、
「伊豆クレイル」の乗車まで少し休憩します。

この日の「伊豆クレイル」は、
伊豆急下田駅15:09発車から変更して15:42発車なので、
時間に余裕があります。

15:30ごろ、駅のホームへ入場ができます。

izu304b_DSC00507.JPG

発車まで10分以上、時間があるので、
駅のホームでぶらぶらします。

izu305b_DSC00512.JPG

毎回思うことですが、
特急「スーパービュー踊り子」へ乗車してみたいですね。

しばらくすると、
成田エクスプレスの車輛(E259系)で運行している、
急「マリンエクスプレス踊り子77号」が到着します。

izu306b_DSC00516.JPG

成田エクスプレスは、
スーツケースなど大きな荷物を置くスペースがあって、
座席はシートピッチが広くて快適なんですよね、
乗車する機会はほぼないですが(汗)

そして、3度目の「伊豆クレイル」へ乗車です。

izu307s_DSC00508.JPG

満開の河津桜にも合っている花柄の車体ですね。

「伊豆クレイル」へ乗車して早速、
「金目鯛の塩焼き弁当」と日本酒「伊豆山々」で、
呑み鉄が始まります(笑)

izu308s_DSC00523.JPG

「金目鯛の塩焼き弁当」は、
一切れながらも、肉厚で脂ののった金目鯛の塩焼きと、
ご飯にまぶしてある地元の海苔が香ばしくて美味しいです!

「伊豆山々」はキレのあるさっぱりた日本酒で、
「金目鯛の塩焼き弁当」に合って、楽しめました。

河津駅15:56到着の直前に、河津川を渡ります。

izu309s_DSC00531.JPG

見事な河津桜が続いてますね!

この日は混雑の影響で、河津駅発車が5分ほど遅れたので、
天気も曇りだし、片瀬白田駅近辺の一時停車はないかも?
と思いましたが、きっちりサービス停車はありました。

izu310s_DSC00535.JPG

薄っすらと伊豆大島が見えます。

このあと、バーカウンターとラウンジがある、
2号車へ移動します。

izu311s_DSC00540.JPG

伊豆高原駅を発車して16:40ごろ、
ボサノヴァの弾き語りのイベントが始まります。

izu312s_DSC00550.JPG

満席なので人が多く、話し声など雑音も多めでしたが、
伊豆の眺めとボサノヴァの生演奏で癒されました!

イベントが終わる17:00近くに伊東駅に到着、
出発の17:08まで10分ほどあるので、
駅のホームへ降りてぶらぶらします。

izu313s_DSC00551.JPG

記念撮影で混雑してますね(汗)

リゾート21が到着、「伊豆クレイル」と並びます。

izu314s_DSC00560.JPG

伊東駅を発車したあとは、
カリカリ香ばしい「かわはぎボーン」をおつまみに、
バーカウンターで売っている生ビールで呑み鉄です。

izu315s_DSC00563.JPG

日が暮れていく伊豆の風景を眺めます。

izu316s_DSC00567.JPG

時間通り、小田原駅18:02到着です。

izu317s_DSC00584.JPG

2時間ちょっとの観光列車の旅を楽しめました!

2017年7月から、JR横浜駅-伊豆急下田駅の区間で、
「THE ROYAL EXPRESS」が運行予定なのも楽しみですが、
高級すぎて庶民には乗車するのは難しいので、
快速のグリーン席料金1,280円で手軽に乗車できる
「伊豆クレイル」は嬉しいですね。

さて、帰宅するまでが旅なので、
帰りのJR東海道本線でも、呑み鉄は続きます(笑)

izu318s_DSC00590.JPG

下田で買った「焼きえびすなっく」ですが、
油で揚げてないのに海老の香ばしさが美味しくて、
一気に食べてしまいました。

今回は混雑していたので、
「伊豆クレイル」オリジナルメニューは買えませんでしたが、
またゆっくり乗車して、まったり楽しみたい列車です。

来年も、作戦を変えて河津桜と列車の旅をしたいですね[わーい(嬉しい顔)]


伊豆、花見の旅 その2:下田編 [趣味]

河津での河津桜の花見ですが、かなり混雑してきたので、
伊豆急の河津駅へ戻ります。

izu201s_DSC00301.JPG

11:00ごろの河津駅ですが、
列車から降りた人、乗車しようとする人で混雑してました(汗)

izu202s_DSC00308.JPG

東京方面への特急券を求める人で窓口は大行列になってたので、
乗車券・指定席券などは事前に買っておくのがいいですね(汗)

河津駅のホームへ行くとちょうど、
特急「スーパービュー踊り子1号」が到着して、
沢山の乗客が降りてました。

izu203s_DSC00332.JPG

そのあと、
臨時快速「河津さくら号」伊豆急下田行きが到着です。

izu204s_DSC00337.JPG

何か特別な車輌とかかな?と期待してましたが、
普通の電車でした・・・

やはり満開の河津桜が目的でしょうか、
満員だったほとんどの乗客が降りて、乗客は数名です(笑)

izu205s_DSC00344.JPG

向かって右側の車窓をよく見ると、
熱海・東京方面へのホームが混雑してます(汗)

河津駅11:19発車、伊豆急下田駅11:29到着です。

izu206s_DSC00352.JPG

河津桜と菜の花もあって、この季節らしい演出です。

伊豆急下田駅から歩きます。

izu207s_DSC00361.JPG

数分歩いて、寝姿山ロープウェイの乗り場に到着です。

izu208s_DSC00363.JPG

ロープウェイへ乗車して5分ほどで寝姿山へ到着です。

izu209s_DSC00367.JPG

寝姿山からは、下田港が一望できて絶景です!

izu210s_DSC00385.JPG

利島や新島などの伊豆諸島も薄っすら見えます。

izu211s_DSC00387.JPG

寝姿山の遊歩道は、階段が多くて疲れますが、
絶景や花も植えてあって楽しめます。

izu212s_DSC00395.JPG

山頂には縁結びのパワースポット、愛染明王堂があります。

izu213s_DSC00413.JPG

この日の夜にちょっとした出会いがありましたが、
今は仕事でまともな上司の縁が最重要事項かも?(笑)

下田の街も一望できます。

izu214s_DSC00416.JPG

江戸時代の砲台跡もあります。

izu215s_DSC00425.JPG

ここで、日本酒「富士に四季」で休憩です。

izu216s_DSC00428.JPG

「富士に四季」は口あたりさっぱりと呑みやすく、
景色を眺めながらゆっくり楽しめました。

寝姿山の散歩のあとは、下田港へ向かいます。

izu217s_DSC00430.JPG

寝姿山ロープウェイの乗り場から10分ほど歩いて、
道の駅「開国下田みなと」に到着です。

izu218s_DSC00436.JPG

ここでは、お土産を物色したあとに港を散歩します。

izu219s_DSC00439.JPG

黒船(遊覧船)です。

izu220s_DSC00481.JPG

黒船を見物して、伊豆急下田駅へ戻ります。・・・続く[わーい(嬉しい顔)]


伊豆、花見の旅 その1:河津編 [趣味]

先週の土曜日(2月18日)ですが、
河津桜の満開を予想して、1ヶ月前から計画していた伊豆へ、
今年最初の花見をしました。

久々の初電で、真っ暗なうちから出発したので、
JR東海道本線では相模湾の日の出を眺めます。

izu101s_DSC01717.JPG

お弁当屋さんは開店前、
現地で美味しいものが沢山あるかも?ということで、
クラブハウスサンドで、軽めに呑み鉄です。

izu102s_DSC01716.JPG

熱海駅7:08到着、電車を乗り換えます。

izu103s_DSC00166.JPG

熱海駅7:22発車の伊豆急下田行きの電車へ乗車します。

izu104b_DSC00167.JPG

途中、車窓から満開の桜が見えて期待が高まります!

izu105s_DSC00175.JPG

河津駅8:32到着、ここで降りると・・・
駅のホームから満開の河津桜を確認!

izu106s_DSC00189.JPG

駅前の通りから満開の桜並木があって、
菜の花とのピンク色と黄色のコントラストが綺麗です!

izu107s_DSC00195.JPG

河津川沿いに出るとすぐに、満開の桜が見えてきます!

izu108s_DSC00209.JPG

満開の桜と桜まつりで、
沢山の人で混雑してるのも確認できます(汗)

izu109s_DSC00201.JPG

人が多くて思うように進めませんが、
桜と菜の花を楽しめます。

izu110s_DSC00219.JPG

来宮橋を渡ります。ここからの眺めもいいですね!

izu111s_DSC00226.JPG

河原へ降りて散歩します。

izu112s_DSC00264.JPG

このあと、来宮橋から歩いて10分ほどの峰温泉へ向かいます。

izu113s_DSC00228.JPG

峰温泉大噴湯公園に到着です。

izu114s_DSC00241.JPG

ゆるキャラ「フントー君」の銅像の前で一休みして、
温泉たまご(2個150円)をいただきます。

izu115s_DSC00237.JPG

付いている塩をつけないで、そのまま食べて美味しいです。

そして、温泉大噴射が始まります!

izu116s_DSC00250.JPG

実際に見ると、迫力もあって、
場所と風向きによっては温泉を浴びます。

はい、少し浴びました。カメラを必死に守りました(笑)

温泉大噴射を見物したあとは、再び河津川を渡って、
峰温泉大噴湯公園から歩いて15分ほどの、
河津桜の原木を見物します。

izu117s_DSC00274.JPG

住宅街の狭いスペースにある大きな原木ですが、
沢山の人が集まってました(汗)

お昼ごはんにしようと河津川沿いへ戻る途中、
来宮神社(きのみやじんじゃ)があります。

izu118s_DSC00283.JPG

樹齢1,000年以上という国の天然記念物の大楠がありますが、
混む前にお昼ごはんにしたいので先を急ぎます。

河津川沿いへ戻って「金目鯛寿司」をいただきます。

izu119s_DSC00296.JPG

「金目鯛寿司」は脂がのっていながら、
さっぱりと食べれて美味しかったですが・・・
個人的にですが、ビールは2種類以上は置いてほしいです(悲)

とはいえ、濃いピンク色の河津桜と食事を楽しめました。

izu120s_DSC00261.JPG

食事のあとに河津川沿いを歩いてみると、
更に人が増えて大混雑でなかなか進めず、
時間が経ってしまったので、
来宮神社へは戻らずに河津駅へ向かいます。・・・続く[わーい(嬉しい顔)]


前の5件 | -