So-net無料ブログ作成

観光列車 伊豆クレイルの旅 その1:乗車前編 [旅・散歩]

今年(2016年)の7月16日から、
JR小田原駅-伊豆急下田駅間で運行開始された、
観光列車「伊豆クレイル(IZU CRAILE)」は、
地元神奈川県民としては乗車してみたい列車ですが、
人気で指定席がとれませんでした(汗)

しかし!夏が終わったためでしょうか?
10月29日(土)分の往復の指定席が空いていたので、
往復とも同じ席を指定して乗車しました!

craile101s_DSC01420.JPG

快速「伊豆クレイル」の各車両は、
1号車:2人用のカウンター席(海側)と向かい合わせ席(山側)、
2号車:バーカウンターとラウンジ(イベントスペース)、
3号車:グループ用のコンパートメント席(半個室)、
4号車:リクライニングシートの座席となってます。

1号車、3号車は「びゅう旅行商品」専用なので、
一般に座席の予約ができるのは、
4号車のグリーン席扱いの指定席になります。

JR東海道本線小田原駅を11:40発車ですが、
少し早めの10:00過ぎに、
小田原駅の2駅東京駅側の国府津駅で途中下車します。

craile102s_DSC07533.JPG

国府津駅は、JR御殿場線の駅でもあるので、
JR東海の列車も発着します。

craile103b_DSC07527.JPG

さて、国府津駅で途中下車した理由ですが・・・
10:40ごろ、回送の「伊豆クレイル」を待ってました。

craile104b_DSC07560.JPG

人気の列車なので、営業運転では人が多いと思って、
ここで撮影しておきました(汗)

craile105s_DSC07569.JPG

その後、小田原駅へ移動すると、
一旦、回送の「伊豆クレイル」が入線します。

craile106s_DSC07595.JPG

食事などの荷物を積んで、ホームを離れます。

「伊豆クレイル」仕様の階段を登ります。

craile107s_DSC07623.JPG

ホームの階段を登ったところには、
「伊豆クレイル」乗客専用の待合室があります。

craile108s_DSC07603.JPG

「伊豆クレイル」への力が入ってますね。

待合室の中には模型、小田原の名産品の展示や、
観光案内・パンフレットが置いてあります。

craile109s_DSC07618.JPG

craile110s_DSC07620.JPG

待合室へは「伊豆クレイル」の乗車券を提示して入りますが、
そのときに、オリジナルの団扇とクリアファイル、
観光案内、びゅう割引クーポンがもらえます。

craile111s_DSC01442.JPG

小田原駅には、
JR、小田急電鉄、箱根登山鉄道、伊豆箱根鉄道が乗り入れてるので、
少しホームで見物しながら散歩です。

craile112s_DSC07629.JPG

乗車時間が近づいてきたので、
ホームに綺麗に描かれた乗車口で列車を待ちます。

craile113s_DSC07626.JPG

乗車前から楽める「伊豆クレイル」ですが、
このあと、いよいよ乗車です!・・・続く[わーい(嬉しい顔)]


nice!(54)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 54

コメント 4

よいこ

伊豆クレイルのデザインは花が付いていて、すごく素敵ですね
こんなデザインは、はじめて見ました
by よいこ (2016-11-07 00:29) 

ライス

よいこ さん、
伊豆クレイルは、女性客向けに力を入れているようで、
女性グループの乗客も多かったです。
このあとの記事になりますが、内装やイベントも素敵ですよ!
by ライス (2016-11-07 21:45) 

ジジコッす

おお!
初代スーパーヒタチ!
by ジジコッす (2016-11-08 10:35) 

ライス

ジジコッす さん、
「スーパーひたち」といえばこの車両ですね!
引退しても、伊豆クレイルで活躍してます。
by ライス (2016-11-08 19:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0