So-net無料ブログ作成
検索選択

銚子電鉄で一日散歩 その4:仲ノ町編 [趣味]

犬吠埼での散歩から、
ヨーロッパ風の駅舎が特徴的な犬吠駅へ戻ります。

choshi401s_DSC00008.JPG

犬吠駅内の売店でお土産を買物します。

銚子電鉄といえば「ぬれ煎餅」が名物ですが、
「ぬれ最中」も一緒に買いました。

choshi402s_DSC01709.JPG

「ぬれ最中」は、
電車の形の皮と、餡が別々になっているので、
自分の手で完成させるのも面白いですが、
パリパリの皮と、醤油味の餡が美味しいです。
(前回行ったときも買いました)

choshi403s_DSC01710.JPG

他に、ドライピーナッツも美味しいですね。

買物のあと、時間もあるので一旦、
外川駅行きの電車に乗車します。

choshi404s_DSC00044.JPG

終着駅の外川駅では、そのまま乗車して折り返します。

choshi405s_DSC00053.JPG

終着駅の銚子駅の1つ手前の仲ノ町駅で降ります。

choshi406s_DSC00096.JPG

仲ノ町駅では、150円の入場券(硬券)を購入して、
銚子電鉄の車庫を見学できます。

choshi407s_DSC00162.JPG

整備工場です。

choshi408s_DSC00062.JPG

澪つくしカラーの3000形電車です。
(元伊予鉄道700系)

choshi409s_DSC00069.JPG

大正12年(1923年)、ドイツのアルゲマイネ社製の、
全長4.4mの小さい機関車:デキ3形です。

choshi410b_DSC00079.JPG

間近で触れるのが嬉しいですね。

2015年1月10日で引退したデハ1002形電車です。
元の東京メトロ丸ノ内線カラーになってます。

choshi411s_DSC00078.JPG

構内では、塗り直しの踏切もあって、
現場の臨場感?があります。

choshi412s_DSC00083.JPG

仲ノ町駅では15分ほど見学して、銚子駅へ向かいます。

choshi413s_DSC00111.JPG

線路沿いの道を歩くと、
仲ノ町駅は醤油工場に囲まれているのがわかります。

choshi414b_DSC00118.JPG

レンガの醤油工場沿いを歩います。

choshi415s_DSC00135.JPG

徒歩10ほどで銚子駅に到着、
16:38発車のJR総武本線特急「しおさい12号」へ乗車します。

choshi416s_DSC00138.JPG

夕陽と風力発電の風車を眺めながら帰路になります。

choshi417s_DSC00151.JPG

もちろん!呑み鉄はあります(笑)

choshi418s_DSC00147.JPG

お昼ごはんをいただいた銚子プラザホテル「廣半」さんの
「銚子の鯖ずし・焼鯖ずし」ですが、
お店で食べたのと同じ肉厚で生感覚の鯖が絶品の鯖ずしです!

そして先日、
えきねっとのキャンペーンでいただいたサバカレーを食べましたが、
スパイスのきいた辛めのどろっとしたカレーに、
鯖の塊がごろっと4つ入っていて、食べ応えがありました。

choshi419s_DSC01711.JPG

今回は、前回銚子へ行ったときの歯痛もなくて体調万全で、
美味しい鯖、気持ちいい海岸沿いの散歩、
銚子電鉄のローカル電車を楽しめました。

また次回は、違うお店、違うところを散歩したいです[わーい(嬉しい顔)]


nice!(71)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 71

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。