So-net無料ブログ作成
検索選択

JRiver Media Center リッピング機能も良かった! [パソコン]

ここ数年、PCへの音楽CDデータの保存は、
音質と他のPCの互換性も考えてWAV形式(非圧縮)と、
バックアップとしてWMAロスレスの2つを使ってたので、
Windows Media PlayerFoobar2000でリッピングしてました。

稀に、傷などで不良のCDで音の途切れがある程度でしたが、
先週、大好きなCDのデータに一部音の途切れがあるのを発見しました!

昨年末にリッピングし直してから、
最後まで聴いてなかったので気がつかなかったのですが、
そのCDには特に目立つ傷などないのに、
何度かリッピングし直しても、あまり改善されませんでした(涙)

※DVDドライブは、Pioneer DVR-S17J
 http://pioneer.jp/dvdrrw/dvr-s17j/index.html
 なので、ドライブの品質は決して悪くはないと思います。

リッピングソフトで有名?なExact Audio Copyの導入も考えましたが、
その前に納得いかないので、今年5月に導入した、
JRiver Media Center (JRMC)
http://www.jriver.com/
でリッピングを試してみたところ・・・
全く問題ありませんでした!

いろいろ英語のヘルプなどなど調べてみたところ、
JRMCのリッピングの設定が要のようです。

jrmc2.jpg

コピーモードが3つあるのですが、

jrmc3.jpg

・通常モード:最速で読み込む
  保護モードでなくても問題ないと思われる場合に使います。

・保護モード:複数の読み取りをして信頼性を高くする
  速度は半分ぐらい?遅くなりますが、
  破損したメディアやPCがビジーのときに使います。

・アナログモード:デジタルのリッピングができない場合に使う
  アナログで取り込むので等倍速になるようです。

とあり、標準で保護モードとなってました!

CDの状態によっては、
3.0倍速前後まで読み込み速度が落ちる部分もありましたが、
全体的には、我慢できないほどではありません。

しかし1枚だけ、
状態の悪い(不遇な)CDをリッピングしてみたところ、
0.6倍速まで読み込み速度が落ちて、
なかなか終わらないのでキャンセルしてしまいました(汗)

エンコーダの設定を見てみると、

jrmc4.jpg

標準でいろいろな形式にも対応してます!

jrmc5.jpg

そしてリッピングの画面ですが、
CDのデータベースも意外と充実してて、
CD情報の編集も便利です。

jrmc1.jpg

リッピング後も、
ファイルの分類や管理も便利です。

jrmc6.jpg

使い勝手や、今のところの信頼性を考えると、
今後は、JRMCでWAV形式のみで使うことにしました。

有料ソフトだけあって、便利に使えるのも当然ですが、
音質も充分お気に入りなので、
このソフトは価格なりの価値はあると思います[わーい(嬉しい顔)]

パイオニア RoHS対応S-ATA内蔵 DVDスーパーマルチドライブ ブラック DVR-S17J-BK

パイオニア RoHS対応S-ATA内蔵 DVDスーパーマルチドライブ ブラック DVR-S17J-BK

  • 出版社/メーカー: パイオニア
  • メディア: Personal Computers



【サミタ】モンスターハウスなのでイベント頑張ってみた! [ゲーム]

今やサミタのイベントは基本的にスルーなのですが、
一時期お世話になった竹屋のパチンコ機種:CRモンスターハウス
がイベント対象なので、久々に全力で挑んでみました!

全力といっても、
今の時期は気温が高いので、
昼間の出勤中の放置プレイはできないので、
平日は夜から朝までの勝負に限定になりました(苦)


早速その結果ですが、
CRモンスターハウスは、短時間で5万発到達することもある、
爆裂パターンを3度引けたこともあって、

monster3.JPG

なんとか最低ラインの250ポイントをクリアできました(喜)

event1.JPG

ゾンビ手リーチも9回あって、
対象機種で勲章獲得でもらえるモンスター袋の文字アイテムも揃いました!

event2.JPG

当初は、
珍しく買ったイベント袋を間違えてスロイベント袋にしてしまい、
撃沈しかかりましたが、
なんと!「ヴァニラ・H&ウギウギ」アバターも出て、
珍しく、というか、数年ぶりかな?
お金を使った割には満足したような気がします(汗)

event3.JPG

ただ、元CRモンスターハウス打ちとして、
ツルツルアクション→リーチ→大当り
のパターンで確変にならないことがあったのが残念すぎです(糞)

単発のツルツルアクションであっても、
大当りになると確変
だったはずなのに、
盛り上がるところをつぶしてくれて、
相変わらずユーザを楽しませるところに欠けてる運営さんですね[もうやだ~(悲しい顔)]


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

ROTEL RDD-06レビューしてみた [オーディオ]

2週間ほど前に購入したDAC:ROTEL RDD-06
http://www.porcaro-line.co.jp/rotel.htm
ですが、
ローテルというメーカーは日本ではあまり耳にしませんが、
1961年7月に創立した日本企業で、
オーディオブランドとしては、海外での知名度・評価はいいようです。
http://www.rotel.co.jp/index.html

このRDD-06は、日本ではあまり情報がないので、
海外サイト(英語)を検索すると、評価はいいようで、
Wolfson WM8471 24-bit DAC chipが使われていると情報もあって、
保障も気になるので、しばらく不具合もないようなら、
本体を開けてみて確認してみようかと思います(汗)

まずは、こんな箱です。
(蓋は磁石でとめるようになってます)

rdd0601.jpg

箱を開けるドキドキがたまりません(笑)

rdd0602.jpg

セット内容です。

rdd0604.jpg

この他にUSBケーブルとRCAケーブル、USBドライバCDがあります。
小さいリモコンとBluetooth USBアダプターが特徴的ですが、
本体もしっかりしたつくりです。

rdd0605.jpg

本体背面です。入力は充分です。

rdd0606.jpg

本体底面です。

rdd0607.jpg

ゴム足は・・・インシュレーター入れたほうがいいかな?(汗)

USBドライバのインストール画面です。

rdd06driver1.jpg

そして、うちで比較した構成は次の通りです。

①CDプレーヤの環境
 SACDプレーヤ:marantz SA8004
 http://www.marantz.jp/jp/Products/Pages/ProductDetails.aspx?CatId=HiFi&SubCatId=SACDCDPlayer&ProductId=SA8004
 ↓
 ヘッドホンアンプ:東京サウンド ValveX/SE
 http://tokyosound.co.jp/sound/products/valvex/index.html


②RDD-06の環境
 デジタル出力(SACDプレーヤ):SA8004
 ↓
 RDD-06(同軸)
 ↓
 ヘッドホンアンプ:ValveX/SE


※大音量でスピーカー鳴らせない環境なのでヘッドホンです(汗)

ソースはロック/メタル系がメインになりますが、
(骨太ではないが)しっかりした骨格で力強くメリハリがあって、
音場的に広くはないですが、奥行きがあって深い鳴りって感じです。

エレキギター・ベースの音の厚みが増えて、
実際にプレイしたり、楽器屋で弾いたりするとわかると思いますが、
ギターアンプの電気感というか、ドライブ感があって、
「ギターアンプ」って存在が見えてきて感動しました(凄)

ドラムやシンバルの打楽器の切れがよく質感もあって、
埋もれないでくっきりと聴こえるのも魅力です♪

最初聴いたときは、小じんまりとした感じもしましたが、
音が合わさってつぶれたりしないで、
1つ1つの楽器や音がよく聴こえたからだと思います。

RDD-06のがっちりした骨格 + ValveX/SEの肉厚 + RS1iの元気良さ
って感じでしょうか、かなり相性がよく、
ロック/メタル系やライヴ系ソースのリアルさはたまりません!

ただ、力強い傾向の音なので、トレードオフなのでしょうか?
ギターやボーカルの甲高い音など、きつくなる場合もあります。

ヘッドホンだと、
GRADO RS1iでは踏ん張りますが、
audio-technica ATH-A900はガンガン刺さってきます(笑)

で、決してSA8004の性能が悪いというのではなく、
RDD-06とは傾向が違って、
繊細ですっきりクリアな高音域が魅力なので、
ソースや気分によって切り分けて楽しめるのもいいところです♪

発熱については、
室温27℃ぐらいの部屋で3時間使用しても、
本体、ACアダプターどちらもちょっと温もりがある程度です。

ACアダプタの参考です。

rdd0609.jpg


実は、フロントのUSB端子ですが、
SA8004でもUSBメモリを挿して便利に使えたので、
購入するポイントでしたが、
USBメモリに記録されてる順番(ファイル名順?)に再生され、
操作はリモコンでしかできないの不便かも?(汗)

総合すると全然いい買い物だったです♪

また時間のあるときをみて、
USB(PC接続、USBメモリ、Bluetooth)の比較もしてみたいです[わーい(嬉しい顔)]

ROTEL(ローテル) 24bit/192kHz対応USB/DAコンバーター RDD-06

ROTEL(ローテル) 24bit/192kHz対応USB/DAコンバーター RDD-06

  • 出版社/メーカー: ROTEL(ローテル)
  • メディア: エレクトロニクス

マランツ CD/スーパーオーディオCDプレーヤーmarantz SA8004 SA8004

マランツ CD/スーパーオーディオCDプレーヤーmarantz SA8004 SA8004

  • 出版社/メーカー: marantz マランツ
  • メディア: エレクトロニクス


東京サウンド 真空管ヘッドホンアンプ VALVE-X-SE

東京サウンド 真空管ヘッドホンアンプ VALVE-X-SE

  • 出版社/メーカー: 東京サウンド
  • メディア: エレクトロニクス

GRADO リファレンス・ヘッドフォン RS1

GRADO リファレンス・ヘッドフォン RS1

  • 出版社/メーカー: GRADO
  • メディア: エレクトロニクス

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ストレス発散でDAC購入:ROTEL RDD-06 [オーディオ]

ここ1年半ほどでしょうか、仕事のストレスも溜まってきて、
この3連休で旅行でも行って発散しようと思ってたんですが、
状況的に半年以上は今のストレスは続きそうだし、
継続して発散できるものがいいかな?と、
音楽鑑賞でDAC(D/Aコンバーター)を購入することにしました。

予算的に10万円以下で検討したところ、
最後まで残ったのは次の機種です。

①FOSTEX  HP-A8
 http://www.fostex.jp/hifi/products/HP-A8

 かなり気合入ってつくり込んだヘッドホンアンプ機能付きで、
 ヘッドホンアンプももう1台欲しかったので注目してました!

 環境にもよりますが視聴した感想は、
 クリアで綺麗な高音域で、くっきり見通しのいい音という感じで、
 現在メインで使っている、
 DAC機能付きのSACDプレーヤ:marantz SA8004
 http://www.marantz.jp/jp/Products/Pages/ProductDetails.aspx?CatId=HiFi&SubCatId=SACDCDPlayer&ProductId=SA8004
 と音質的に同じ傾向?で、
 元気でノリが気持ちいい傾向を探してたので惜しいです(汗)
 
②ONKYO DAC-1000
 http://www.jp.onkyo.com/audiovisual/purecomponents/accessories/dac1000/

 入出力も沢山あって、価格的にも魅力でしたが、
 この機種も音質的にSA8004と同じ傾向で、
 さらにキラキラしすぎというかキツイ高音域というか、
 サブPCで使ってるサウンドカード:ONKYO SE-200PCI LTD
 http://www.jp.onkyo.com/pcaudio/pcidigitalaudioboard/se200pciltd/index.htm
 でも感じた、いわゆるONKYOサウンドでしょうか?残念です(厳)

③LUXMAN DA-100
 http://www.luxman.co.jp/product/aa_da100.html
 

 濃いというか深いというか、元気のある傾向の音で、
 そこそこのヘッドホンアンプも付いて、
 かなりコストパフォーマンスが良いのですが、
 DACとして使うにはデジタル入力が少ないのと、
 アナログ入力がないので他の機器からヘッドホンアンプとして使えず、
 悩んだ挙句、残念ながら断念しました・・・

④Cambridge Audio DacMagic Plus
 http://naspecaudio.com/cambridge-audio/dacmagic-plus/

 この機種もクリアな高音域重視?的な音でしたが、
 音場も広く感じられて、キツさとかなく聴きやすく
 アナログ入力がなくヘッドホンアンプとしては使い勝手良くないですが、
 DACとしてのデジタル入力も充分で、最後まで心が傾いてました(惜)

⑤ROTEL RDD-06
 http://www.porcaro-line.co.jp/rotel.htm

 この機種は情報が少ない割にはいいレビューがあって気になって、
 海外のレビュー(英語サイト)を探したら結構良くて、
 ROTELは海外では評価されている日本メーカーというのもあって、
 候補となりました!

 力強い音で、奥行きがあって深い感じで、 
 その分、高音域はちょっとキツイ感じもあるものの、
 シンバルとかリアルに深い鳴りがして気持ちよかったです♪


視聴環境の違いはありますが、
こうして、自分の求める元気でノリがいい音に近い、
RDD-06が有力候補になりました!

そして、最終の視聴で行ったお店でうちと同じ環境に近い、
CDプレーヤー:marantz SA8004
ヘッドホン:GRADO RS1i
を用意してもらって聴き比べました。
(アンプ、スピーカーは古いものを使ってるのでお任せ)

まずはSA8004の音を確認してからRDD-06に切替えると、
曲(ロック)の始まりのギターソロは、
ちょっと濃くてキツい音かな?って感じだったんですが、
ドラムとベースが鳴ると、ニヤニヤしちゃいました(笑)

メリハリがあって奥行きのあるドラム、
ちょっとキツいながらも深い鳴りのシンバル、
はっきり見通しのいいベース、

もうそれだけで充分!購入しました(笑)

rdd0608.jpg

使用してから10日間、音楽が楽しくて毎日聴いてます♪

もう少し詳しいレポートはまた次回にします[わーい(嬉しい顔)]

ROTEL(ローテル) 24bit/192kHz対応USB/DAコンバーター RDD-06

ROTEL(ローテル) 24bit/192kHz対応USB/DAコンバーター RDD-06

  • 出版社/メーカー: ROTEL(ローテル)
  • メディア: エレクトロニクス


マランツ CD/スーパーオーディオCDプレーヤーmarantz SA8004 SA8004

マランツ CD/スーパーオーディオCDプレーヤーmarantz SA8004 SA8004

  • 出版社/メーカー: marantz マランツ
  • メディア: エレクトロニクス


GRADO リファレンス・ヘッドフォン RS1

GRADO リファレンス・ヘッドフォン RS1

  • 出版社/メーカー: GRADO
  • メディア: エレクトロニクス

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

【サミタ】やっときた!モンスター・ハウス [ゲーム]

昨日7/13(金)から、ひと昔前に一世を風靡した、
竹屋のパチンコ機種:CRモンスターハウステスト版が登場しました!

monsterhouse1.JPG

※画像はちょっと古いPCゲームソフトです
(感じはサミタの元になった気もしますが)

実はこの機種は当時大好きで、
毎週水曜、金曜には会社帰りに履歴をチェックしに行って、
土曜、日曜で稼がせてもらいました(銭)

で、テスト版でその出来を確かめてみました!

まず、CRモンスターハウスで有名なのは、
リーチのときの大当り判別法ですね!

これは、
左目→右目と止まってリーチになったとき

その瞬間の中出目の+2個の目で必ず止まる
というもので、
例えば、左が「7」→右が「7」で止まった瞬間、
中出目が「5」だったら大当たり確定となります。

テスト版はクリアしてました!
これが再現されてないと、
かなり実機打ち込んだ自分的には、気分的にかなり違います(汗)

そして、リーチや再抽選の動作ですが、
大当り9回分だけですが、
手リーチ(いきなり地面から手が出て当り)
ノーマルリーチの当りは確認できませんでしたが、
充分再現されていて、
再抽選のドキドキ感もたまりません♪

再抽選といえば、確か+2~7コマで停止するので、
8で再抽選だと、ドラキュラ、オオカミ男、魔女、フランケン、ミイラ男、1と
確変図柄が5つあってアツかったり、
2で再抽選だと、4、5、6、7、8、9
で、確変図柄が「7」が1つしかなくて・・・
とか、楽しめました(懐)

そして、これ実際に使った攻略法ですが、
確変時の電チューの開く約3秒のうち、
開いた後0.5秒と、閉じる前0.5秒の間に入った玉で当ると確変確定
というものです。

打ち出すタイミングをうまく調整すれば、
それなりに確変継続率はいいかな?って感じですが、
どのタイミングかはここでは言いません(汗)
(ググれば出てきますよ!)

これも試してみたんですが、
この方法で保留となった当りは9回中2回で、
確変にはなりましたが、偶然の範囲ですね(笑)

意外と再現性はいいと思うし、思い入れのある機種なので、
CRモンスターハウス導入イベントには、
久々に全力でいきますよ[わーい(嬉しい顔)]


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

レコード針交換とメンテ用品:Technics SL-QL1 [オーディオ]

アナログレコードプレーヤ:Technics SL-QL1
http://audio-heritage.jp/TECHNICS/player/sl-ql1.html
が復活して3週間ほど経って、
トラブルもなく一時的に動いてるだけじゃないみたいなので、
アナログレコードとCDを聴き比べをしていたところ、

・アナログレコードは音量が出てない?
(アンプのボリュームをかなり多めにしないとCDと音量が合わない)
・音の広がりはあるが、何か壁に反響してる感じがある?

と、違和感を感じて、
もう15年近く経つかな?レコード針に疑問をもって、
交換することにしました。

いろいろ探したところ、今やTechnics純正の針は凄く高価なので、
A`pis(アーピス)の互換針に交換しました。

sl-ql1m2.jpg

純正針:EPS-202ED当時の定価¥10,000に対して¥4,500
http://www.apis-jp.com/needle/technics/EPS-202ED.html
意外に安く済みました(驚)

sl-ql1m3.jpg

そして、レコード針を交換した結果、
音量も大きくなって、
アンプのボリュームを上げる量も3割近く少なくなり、
音の広がりも自然になりました♪


sl-ql1m4.jpg

古いレコード針は、
ちょっと触れただけで、ぽろっと折れてしまいました・・・
10年以上、劣化してたんでしょうねぇ、
再生中に折れたりして、
アナログレコード盤を痛めるようなことがなくてよかったです(危)

レコード針の寿命は1000時間とかだったと思いますが、
全然使ってなくても、3年ぐらい?とか、
早めに交換したほうがいいかもしれません。

針先はダイヤモンドなので経年劣化はほぼないですが、
それを支えている金属とかは真っ黒になってましたから(汗)

ついでに、レコードお手入れ3点セット(¥2,800)
・JICO製レコードクリーナー:JR-100
・JICO製レコードスプレー:JR-120
・EXCEL SOUND製スタイラスクリーナー:ES-150
も購入しましたが良好です♪

sl-ql1m1.jpg

アナログレコード盤の手入れについては、
また別の機会に書き込みたいですが、
今所持しているアナログレコード盤は、
パーマクリーンで洗浄した後、
パーモスタットというコーティング剤?で処理
してたので、
放置してから10年以上、カビとかの被害はありませんでした!
http://www.tosy-corp.com/brand/milty/seiden.html

ってことで、アナログレコードとCDの聴き比べは、
また少しづつやり直してます[ちっ(怒った顔)]


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽