So-net無料ブログ作成

アナログレコード盤をPCへ録音してみた [オーディオ]

気に入ってるアナログレコード盤のうち、
CD版がなかなか手に入らないものがあり、
ずっとPCで録音して保存しておこうと思っていて、
なかなか手を着けられないでいました(怠)

そんな中、
アナログレコードからCD作成できないか相談もあって、
今週、挑戦してみました!

まず、次の環境で試してみました。

レコードプレーヤ:Technics SL-QL1
http://audio-heritage.jp/TECHNICS/player/sl-ql1.html

アンプ/フォノイコライザー(MM):Technics SU-V90D
http://audio-heritage.jp/TECHNICS/amp/su-v90d.html

サウンドカード:Sound Blaster X-Fi Titanium HD
http://jp.creative.com/products/product.asp?category=1&subcategory=875&product=19749

※PCスペック
 OS: Windows 7 Professional(64bit) 
 CPU: AMD Phenom II X4 965 BE(3.4GHz TDP125W)
 メモリ: 8GB(2GB×4枚)
 M/B: GIGABYTE GA-890GPA-UD3H(Rev2)
 SSD: 120GB(INTEL 510)×2台
 HDD: 1TB(7200rpm)×1台
 ビデオカード: Radeon HD 6870 1GB


最初は、
プリメインアンプ:SU-V90Dのライン出力から、
X-Fi Titanium HDのライン入力につないで、
X-Fi Titanium HDの添付ソフト:Creative WaveStudio 7
で録音してみました。

pcrec1.jpg

曲ごとにタイミングをみて録音・編集するのは面倒なので、
A面、B面単位で録音してから、
録音データ(WAV形式)を編集(切離し)する方法としました。

アナログレコードを再生してから、
WaveStudio 7の録音ボタンを押してスタートして、
アナログレコードの再生が終わるまでそのままですが、
録音している間はPCから聴けないので、
プリメインアンプ:SU-V90Dからヘッドホンで聴きました。

思ったより録音は簡単にできましたが、
録音レベル(音量)を小さめにしても、
ところどころ音が歪むというか汚くなる現象があって、
鑑賞には耐えられない状況でした(涙)

次に、
ASIOドライバを試してみようと、
X-Fi Titanium HDの添付ソフト:Creativeコンソールランチャ
で録音してみました。

pcrec2.jpg

これで改善はされましたが、
まだ鑑賞には耐えられない状況でした(鬼)

原因・対策を調べてもみつからないので、
サウンドカード:ONKYO SE-200PCI LTD
http://www.jp.onkyo.com/pcaudio/pcidigitalaudioboard/se200pciltd/index.htm
で試してみようと思って、
ライン接続をサブPCに変更しました。

※PCスペック
 OS: Windows XP Home(32bit) 
 CPU: AMD Athlon64X2 5400+(2.8GHz TDP65W)
 メモリ: 1GB×2枚
 M/B: ASUS M3A
 HDD: 500GB(7200rpm)×2台
 ビデオカード: RADEON HD4850 1GB


SE-200PCI LTDのライン入力は、
SE-200PCI LTDの添付ソフト:Audio Deckで設定してから、
サウンドレコーダー(アクセサリにあります)など
録音できるソフトを使います。

pcrec3.jpg

そして!綺麗に録音できました!

原因は、
X-Fi Titanium HDの録音性能なのか?PC環境なのか?
わかりませんが、とりあえず良かったです(喜)

やや奥行きがなくなった音質にも感じましたが、
再生環境の違いもあるので、自分的には充分です♪

※PCはDAC:ROTEL RDD-06
 http://www.porcaro-line.co.jp/rotel.htm
 を経由して再生してます。

最後に、
WaveStudio 7を使って録音データ(WAV形式)を切離して、
JRiver Media Centerに登録して完了♪
http://www.jriver.com/

pcrec4.jpg

録音時間、作業時間はかかりましたが感動しました!

(悪い意味ではなく)音質の違いはありますが、
がっつり聴くときはアナログレコード、
BGMとして聴くときはデジタルデータ
など使い分けもできて、
レコード盤や針の劣化も軽減できて、
アナログ時代の保存もできて良かったです[わーい(嬉しい顔)]

ONKYO WAVIO PCIデジタルオーディオボード SE-200PCI LTD

ONKYO WAVIO PCIデジタルオーディオボード SE-200PCI LTD

  • 出版社/メーカー: オンキヨー
  • メディア: Personal Computers

Creative PCI Express Sound Blaster X-Fi Titanium HD SB-XFT-HD

Creative PCI Express Sound Blaster X-Fi Titanium HD SB-XFT-HD

  • 出版社/メーカー: クリエイティブ・メディア
  • メディア: Personal Computers

ROTEL(ローテル) 24bit/192kHz対応USB/DAコンバーター RDD-06

ROTEL(ローテル) 24bit/192kHz対応USB/DAコンバーター RDD-06

  • 出版社/メーカー: ROTEL(ローテル)
  • メディア: エレクトロニクス

初のブルーレイ導入!BDドライブ:BDR-S07J [パソコン]

最近はブルーレイでのソフト発売も増えてきたので、
そろそろブルーレイ再生できる環境も準備したいのと、
PCデータの保管もDVD-R(4.7GB)では不便になってきたので、
先週、初めてのブルーレイ環境として、
PC内蔵のBDドライブ:Pioneer BDR-S07J
http://pioneer.jp/bdd/products/bdr_s07j/
を購入しました!

BDRS07J1.jpg

Pioneerの国産ドライブは高価なので、ずっと迷ってたんですが、
仕事のストレスのあまり衝動的に購入しました(笑)

ポイントは、
動作音が静か、リード/ライトの高信頼性がありますが、
CDオーディオの再生時の精度向上機能「PureRead 3+」
に最大の興味がありました(汗)

BDRS07J2.jpg

PCケース:ANTEC SONATA III
http://www.links.co.jp/items/antec-case/antec-sonata-iii.html
と同じピアノブラックにしましたが、埃は目立ちます(汗)
(上段:Pioneer DVR-S17J、下段:BDR-S07J

BDRS07J3.jpg

ソフトは、CyberLink Media Suite(ソフト集)が付属してます。

ここに含まれるソフトで、個人的に使うのは、
PowrDVD 10(再生)とPower2Go(BDXL対応ライティング)
ぐらいかな(汗)

BDRS07J4.jpg

ブルーレイのソフトは所持してないので、
画質・再生性能については何とも言えませんが、
サンプルの動画はJRiver Media Center (JRMC)
http://www.jriver.com/
で綺麗に再生できたので、うちではJRMCが主流になると思います。

BDRS07J5.jpg

そして、
パイオニアBDドライブユーティリティですが、
ドライブのモードや動作設定、情報表示ができます。

BDRS07J6.jpg

購入のポイントとなった「PureRead 3+」もここで設定します。

「PureRead 3+」のモードは、

【標準モード】
 CD固有のエラー訂正システム(CIRC)でも補正しきれないエラーは、
 再読み取りせず、エラーが発生したデータを補間して再生を続ける。

【マスターモード】
 CD固有のエラー訂正システム(CIRC)でも補正しきれないエラーは、
 ディスク状況を自動判断、読み取り方法を調整して再読み取りを行う。
 これにより、エラーデータの補間の発生を低減。
 読み取りが難しいと判断した場合は、エラーデータの補間を行う。

【パーフェクトモード】
 マスターモードと同じ読み取り方法だが、
 読み取り不可と判断した場合、エラーデータの補間はせずエラーで終了。

と3つあり、
CDのリッピングをするときはマスターモードに変更して使ってます。

尚、付属ディスクからインストールはできませんが、
付属ディスクの「¥Bin¥SEION」ディレクトリを内蔵HDDなどにコピーして、
PioneerBDDriveUtility.exeを起動すると、
付属ディスクをセットしなくても使えます


データBDとしての性能ですが、
約18GBのデータをBD-REDL(50GB書換え型)2倍速でライトしましたが、
約90分(ベリファイすると+30分)で現実的ではありません(涙)

データ用として使うなら、
BD-R(25GB)6倍速が100円以下になってきたので現実的ですね!

BD-REDL(50GB書換え型)2倍速を5枚(4,500円ぐらい)、
BD-RE(25GB書換え型)2倍速を20枚(2,000円ぐらい)、
初めてのブルーレイってことで奮発して購入してしまったので、
使いどころを考えないと・・・[ふらふら]

パイオニア BDXL対応 SATA内蔵BD/DVD/CDライター ピアノブラック(つやあり) BDR-S07J-BK

パイオニア BDXL対応 SATA内蔵BD/DVD/CDライター ピアノブラック(つやあり) BDR-S07J-BK

  • 出版社/メーカー: パイオニア
  • メディア: Personal Computers

パイオニア BDXL対応 SATA内蔵BD/DVD/CDライター ラバーブラック(つや消し) BDR-S07J-KR

パイオニア BDXL対応 SATA内蔵BD/DVD/CDライター ラバーブラック(つや消し) BDR-S07J-KR

  • 出版社/メーカー: パイオニア
  • メディア: Personal Computers

パイオニア BD/DVD/CDライターBDXL対応 クリアホワイト/つや有 BDR-S07J-W

パイオニア BD/DVD/CDライターBDXL対応 クリアホワイト/つや有 BDR-S07J-W

  • 出版社/メーカー: パイオニア
  • メディア: エレクトロニクス

パイオニア RoHS対応S-ATA内蔵 DVDスーパーマルチドライブ ブラック DVR-S17J-BK

パイオニア RoHS対応S-ATA内蔵 DVDスーパーマルチドライブ ブラック DVR-S17J-BK

  • 出版社/メーカー: パイオニア
  • メディア: Personal Computers

maxell データ用 BD-RE 25GB 2倍速対応 プリンタブル ホワイト 20枚入 BE25PPLWPA.20S

maxell データ用 BD-RE 25GB 2倍速対応 プリンタブル ホワイト 20枚入 BE25PPLWPA.20S

  • 出版社/メーカー: 日立マクセル
  • メディア: Personal Computers


ラインセレクターで快適に音楽鑑賞:ORB LS-R0 [オーディオ]

6月に復活したレコードプレーヤ:Technics SL-QL1
http://audio-heritage.jp/TECHNICS/player/sl-ql1.html
7月に購入したDAC:ROTEL RDD-06
http://www.porcaro-line.co.jp/rotel.htm
で、音楽の再生・出力機器が増えましたが、
いちいち繋ぎ替えるのも面倒で、
ケーブルや端子が痛む原因にもなる
ので、
聴き比べとか気軽にできませんでした(汗)

プリメインアンプ:Technics SU-V90D
http://audio-heritage.jp/TECHNICS/amp/su-v90d.html
に一旦入力して切り替えるのもいいんですが、
住宅事情と生活パターンの都合で、
ヘッドホンアンプで聴くことが殆どなので、

・毎回消費電力220Wのプリメインアンプは使いたくない
・古いプリメインアンプでまだ壊したくない
・夏場の発熱も抑えたい

という理由から、
ラインセレクター(ライン入出力の切替機)を検討しました!

ラインセレクターというと、
ノイズや音質が劣化するイメージがあるので抵抗がありましたが、
気軽に快適に音楽を楽しみたいので、
なるべくいい製品を探すことにしました。

※音楽を楽しむのが目的、オーディオ機器はその手段ですから

そして購入したのが、ORB LS-R0
http://www.orb.co.jp/audio/lsr0.html
です!

LSR01.jpg

ポイントは、
ネットなどのレビューの評価も良くて、
価格も高価過ぎないところです。

ライン入出力は、
入力3→出力1 または 入力1→出力3
と接続ができます。

LSR02.jpg

うちでは、

入力1:RDD-06(DAC)
入力2:SA8004(SACDプレーヤ)
入力3:SU-V90D(プリメインアンプの出力)

出力1:ValveX/SE(ヘッドホンアンプ)

と接続して、

SACDプレーヤ:SA8004
http://www.marantz.jp/jp/Products/Pages/ProductDetails.aspx?CatId=HiFi&SubCatId=SACDCDPlayer&ProductId=SA8004
のデジタル出力はRDD-06(同軸)、SU-V90D(光)に接続したので、
ソースによって切り替えたり、
聴き比べが簡単にできるようになりました(楽)

LSR04.jpg

ヘッドホンアンプ:ValveX/SE
http://tokyosound.co.jp/sound/products/valvex/index.html
からはスルー出力ができるので、
スピーカーから聴きたいときはSU-V90Dに接続してます♪

音質(品質)の方は、宣伝文句の、
「高品位パーツを随所に採用したハイエンドオーディオ用で、
低価格ながら音質にこだわった音質劣化を全く感じさせない」
というように?
ノイズが乗ったり、音が変わるような感じはないです(嬉)

これで、アナログレコードとの聴き比べなどなど、
ほんとに快適になりました[わーい(嬉しい顔)]


ORB オーブ 高音質RCAラインセレクター LS-R0

ORB オーブ 高音質RCAラインセレクター LS-R0

  • 出版社/メーカー: ORB
  • メディア:

ROTEL(ローテル) 24bit/192kHz対応USB/DAコンバーター RDD-06

ROTEL(ローテル) 24bit/192kHz対応USB/DAコンバーター RDD-06

  • 出版社/メーカー: ROTEL(ローテル)
  • メディア: エレクトロニクス

マランツ CD/スーパーオーディオCDプレーヤーmarantz SA8004 SA8004

マランツ CD/スーパーオーディオCDプレーヤーmarantz SA8004 SA8004

  • 出版社/メーカー: marantz マランツ
  • メディア: エレクトロニクス

東京サウンド 真空管ヘッドホンアンプ VALVE-X-SE

東京サウンド 真空管ヘッドホンアンプ VALVE-X-SE

  • 出版社/メーカー: 東京サウンド
  • メディア: エレクトロニクス

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

6年ぶりのコンパクトデジカメ買い替え:Sony DSC-HX30V [パソコン]

約1ヶ月半前に、
コンパクトデジカメ:Sony Cyber-shot DSC-HX30V
http://www.sony.jp/cyber-shot/products/DSC-HX30V/
(1820万画素、光学20倍ズーム)
を購入しました。

今話題のDSC-RX100
http://www.sony.jp/cyber-shot/products/DSC-RX100/
(2020万画素、3.6倍ズーム、大型イメージセンサーで高画質)
の値落ち待ちがいいのかもしれませんが、
今まで使ってたコンデジは、RICOH Caplio R5
http://www.ricoh.co.jp/dc/caplio/r5/
でして、

・2006年から使っていてもう古い
・光学7.1倍ズームだったので10倍ズーム以上は欲しい
・画素数724万画素だったので携帯にも劣る

ということで、早めに買い替えたいと思ってたら、
丁度、Yカメラさんでタイムサービスに遭遇して、
25,000円ほどだったので、ほぼ衝動的に購入しました(汗)

HX30V1.jpg

ポイントとしては、

・バッテリーフル充電からの撮影可能枚数が320枚
 →デジ一眼カメラのサブカメラとして使いたいので、
  予備バッテリーは購入したくないです。

・フルハイビジョン動画(1920×1080)の撮影性能がいい
 →デジ一眼で静止画撮影+動画撮影ができるので。

・電子水準器搭載
 →水平がわかるので便利です。

HX30V2.jpg

使ってみた感想ですが、

大きさ:幅106.6mm×高さ61.9mm×奥行き34.6mm(最薄部27.4mm)
重さ:約221g(本体のみ)
で、今のコンデジとしてはちょっと大きめですが、
持ちやすさも質感もあり、使いやすいです。

HX30V3.jpg

3インチの液晶(約92.1万ドット)はきれいで視易いです。

HX30V4.jpg

露出補正、ホワイトバランスなどの操作も、
自分的には、一般的なコンデジにしてはいい方だと思います。

実際に撮影してみて、
暗いところでの画質がよく、オートだけでも充分撮影できるので、
ブログ用の撮影など活躍してます。

オートフォーカスは高速で、困ることはありません。

手ブレ補正は優秀で、
月を最大望遠できれいに撮影できます!
(サイズの都合で月の部分だけカットしてます)

HX30V5.jpg

欠点としては、これは有名ですが、
等倍表示では塗り絵的な画像になるのが致命的にも感じますが、
静止画記録サイズは4,896×3,672ピクセルなので、
通常の鑑賞には問題ありません。

総合すると、いい買い物をしたと思います(満)

次は、デジ一眼の入門として購入したα33
http://www.sony.jp/ichigan/products/SLT-A33/
の買い替えかな?(笑)

まだ暫くは飽きないと思うので、じっくり検討します[わーい(嬉しい顔)]

Cyber-shot HX30V (1820万/光学x20) ブラック

Cyber-shot HX30V (1820万/光学x20) ブラック

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: エレクトロニクス

Cyber-shot RX100 2020万/光学x3.6/ブラック

Cyber-shot RX100 2020万/光学x3.6/ブラック

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: エレクトロニクス

撥水・高防汚プロガード SH PRO GUARD SH HD Professional for SONY Cyber-shot DSC-HX30V / HX9V / DCDPF-PGSCSHX-A

撥水・高防汚プロガード SH PRO GUARD SH HD Professional for SONY Cyber-shot DSC-HX30V / HX9V / DCDPF-PGSCSHX-A

  • 出版社/メーカー: マイクロソリューション Micro Solution Inc.
  • メディア: Camera