So-net無料ブログ作成
検索選択

計画的な衝動買い?Windows RTタブレット:ASUS TF600T [パソコン]

うちで使っていたタブレット:REGZA Tablet AT300
http://dynabook.com/pc/catalog/regza_t/110420at300/
は、機能的には悪くはないといったところでしたが、
重量765gで重く、厚さも15.8mmと場所をとって、
徒歩や電車などで持ち歩くには不便なので、
あまり使わなくなって手放してしまいました・・・

次は使い勝手を考えて、
7型モニタのタブレット:REGZA Tablet AT570
http://dynabook.com/pc/catalog/regza_t/120514at570/
あたりを狙ってたんですが、
お店でいろいろいじってみたところ、
Windows RT タブレット:ASUS TF600T
http://shop.asus.co.jp/item/ASUS%20VivoTab%20RT%20TF600T/
を購入してしまいました(汗)

TF600T1.jpg

ポイントは次の通りです。

・大きさ:170.9(幅)×262.5(奥行)×8.33(高さ)mm
 REGZA AT300よりもやや小さくてかなり薄いので、
 持ち歩くのには便利です。

・重量:525g
 かなり軽くて、片手ではちょっと辛いですが、
 7型モニタのタブレットでも、
 両手で持っての操作になりますから気になりません。

・動作が軽快

・操作がWindowsと同様の操作でも使える


まず、同梱されているものです。

TF600T2.jpg

ACアダプタが小さいので持ち歩きに便利です。

モニタは1,366×768ドットできれいで、
Windowsの操作をするなら10型液晶が欲しいですね(汗)

TF600T3.jpg

ボディは金属でしっかりしてます。

TF600T4.jpg

本体左側には、
microHDMI出力とmicroSDメモリーカードの端子があります。

TF600T5.jpg

本体左側には、
マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャックがあります。

TF600T6.jpg

充電用の端子のところに、
USB変換アダプタを付けてUSB機器を接続できます。

TF600T8.jpg

USBメモリや外付HDD、デジカメなど、
Windowsで認識されて、
エクスプローラーで操作できます!

キーボードやマウスなど、
Windows標準?の機器もUSBで接続して使えるので、
キーボード入力が目的なら、
オプションのモバイルキーボードドックよりも、
無線キーボードやマウスを使うほうが安くていいかも?


起動までの時間ですが、
初期画面(ログイン画面)までは約35秒で、
まぁ悪くはないです。

CPUは、NVIDIA Tegra 3(クアッドコア)で、
メモリは2GB実装してます。

WinRT07.jpg

バッテリー駆動時間は約9時間の仕様ですが、
Webやら動画やらいろいろ操作を続けていたところ、
2時間ほどで28%減ったので7時間ぐらいは使えそうです。

また、Windows起動のみでスリープ状態で、
約12時間放置したところ5%減りました。


充電については、USBから試したところ、
モバイルバッテリ:eneloop KBC-L54D
http://products.jp.sanyo.com/products/kbc/KBC-L54D/index.html
http://ctlg.panasonic.jp/product/info.do?pg=04&hb=QE-QL201
充電できました!

但し、充電時間は2倍かかる感じで、
操作しながらだとバッテリは減ることもあります。


Windows RTについては、
Windows Storeのアプリしか使えないのが微妙ですが、
タブレットとしての自分の使い方的には、
Androidより全然使いやすいと思います。

もう少し使ってみてから、また記事にしようと思います[わーい(嬉しい顔)]

ASUS VivoTab RT TF600 グレー Windows RT NVIDIA Tegra 3 TF600-GY32

ASUS VivoTab RT TF600 グレー Windows RT NVIDIA Tegra 3 TF600-GY32

  • 出版社/メーカー: Asustek
  • メディア: Personal Computers

東芝 タブレットパソコン REGZA Tablet AT570/36F 型番:PA57036FNAS

東芝 タブレットパソコン REGZA Tablet AT570/36F 型番:PA57036FNAS

  • 出版社/メーカー: 東芝
  • メディア: Personal Computers



Panasonic USBモバイル電源パック リチウムイオン 5,400mAh 白 QE-QL201-W

Panasonic USBモバイル電源パック リチウムイオン 5,400mAh 白 QE-QL201-W

  • 出版社/メーカー: パナソニック
  • メディア: Personal Computers

鎌倉プチお散歩の旅 [趣味]

今日は仕事は代休にして、
デジタル一眼カメラ:SONY α65
http://www.sony.jp/ichigan/products/SLT-A65VY/
ズームレンズ:DT 18-135mm F3.5-5.6 SAM
http://www.sony.jp/ichigan/products/SAL18135/
の試運転を兼ねて、ストレス発散で、
鎌倉・江ノ島へぶらり旅することにしました。

SAL18135_6.jpg

実は、同じ神奈川県内でありながら、
もう10年以上は行ってないかな?
という思いもありました(汗)

出発はゆっくり10時過ぎで、
まずは藤沢駅に向かいました。

行きの小田急江ノ島線は、偶然にドラえもん号でした。

kamakura01.jpg

藤沢駅で、江ノ電(江ノ島電鉄)に乗り換えです。

kamakura02.jpg

江ノ電全線が1日限り乗り降り自由の、
「1日乗車券のりおりくん」580円を買いました。
http://www.enoden.co.jp/toku_ticket/noriori.html

江ノ電は、
住宅や建造物を擦れ擦れでくねくね曲がって走るので、
先頭車両に乗って前を見てると面白いし、
路面ステージも楽しいです(趣)


とりあえず藤沢駅から鎌倉駅まで全線乗ってみて、
途中にいいところがあったら、
戻るときに寄ってみようと思ってたんですが、
紅葉はまだかな?って感じだったので、
長谷駅で下車して、まずは海へ!

kamakura03.jpg

その後山方面へ移動して、
定番の鎌倉の大仏様へ(懐)

kamakura04.jpg

修学旅行の中学生?も多くて、
参拝券買うときに、
カメラマンと間違えられる事故が発生しました(汗)

大仏様のところは、
場所によっては微妙に紅葉という感じでした。

kamakura05.jpg

来週末ぐらいには、これぐらいのが多くなるかな?

kamakura06.jpg

もちろん、長谷寺も寄りました(定)

kamakura07.jpg

裏山に登ると、街を一望できます!

kamakura08.jpg

紅葉はまだ色付き始め?という感じでした。

kamakura09.jpg

お寺を観ながらベンチで一休み、
温かい饅頭とお団子を食べました。

kamakura10.jpg

そして、
鎌倉駅まで街をぶらぶら歩いて、
江ノ電に乗車、鎌倉高校前駅まで移動しました。

kamakura11.jpg

海沿いをちょっと散歩してから、
江ノ島駅へ移動して、
江ノ電路面ステージを撮影しました(鉄)

kamakura12.jpg

海岸まで歩いて、
江ノ島も紅葉はまだのようなので、
小田急片瀬江ノ島駅から帰宅することにしました。

kamakura13.jpg

久々の鎌倉で江ノ電、徒歩などなど、
充実して楽しかったです!

近い故に、なかなか行かなかったですが、
紅葉見ごろになったら、また行ってみたいです[わーい(嬉しい顔)]

SONY デジタル一眼カメラ α65 ズームレンズキット SLT-A65VK

SONY デジタル一眼カメラ α65 ズームレンズキット SLT-A65VK

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: エレクトロニクス

ソニー DT 18-135mm F3.5-5.6 SA※ソニーAマウント用レンズ SAL18135

ソニー DT 18-135mm F3.5-5.6 SA※ソニーAマウント用レンズ SAL18135

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: エレクトロニクス

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

アナログレコード・CD聴き比べ ハードロック/ヘビメタ編 [オーディオ]

前回に続いて、
アナログレコードとCDの聴き比べです。

環境は前回と同じく、次の通りです。

①アナログ

 アナログレコードプレーヤ:Technics SL-QL1
 http://audio-heritage.jp/TECHNICS/player/sl-ql1.html
 ↓
 アンプ(フォノイコライザーMM):Technics SU-V90D
 http://audio-heritage.jp/TECHNICS/amp/su-v90d.html

②デジタル

 SACDプレーヤ:marantz SA8004
 http://www.marantz.jp/jp/Products/Pages/ProductDetails.aspx?Catid=HiFi&SubCatId=SACDCDPlayer&ProductId=SA8004

③共通

 ヘッドホンアンプ:Sound ValveX/SE
 http://tokyosound.co.jp/sound/products/valvex/index.html
 ↓
 ヘッドホン:GRADO RS1i
 http://www.h-navi.net/rs1i.php


ソース(アルバム)は、
MotorheadNo Remorse で、
アナログレコードは1984年当時(と思われる)、
CDは2001年のリマスターです。

sl-ql1l2.jpg

Overkill
 ハイスピードで暴れるドラムが特徴のこの曲は、
 アナログレコードでは、
 バスドラムの響きがやや狭い部屋の感じで、
 目の前で叩いてるように聴こえます。

 高音域が弱いように感じますが、
 シンバルの鳴りは変わらないです。

 ただ、盛り上がり(音量ピーク時)には、
 ドラム系の音は、聴こえ難くなる感じは強く、
 ギターの甲高い音はちょっときついかな(汗)

Please Don't Touch
 Girlschoolとの共演で、
 残っているアナログレコードで唯一女性ボーカルのある曲です。

 ボーカルはあまり変わらずですが、
 アナログレコードはよりライブ感はあります。

Stone Dead Forever
 Motorheadにしては大人しい目のこの曲だと、
 ベースの強いディストーションがやや暴れる感じで、
 ドラムの存在がやや薄く聴こえます。

Like a Nightmare
 ベースもギターも重いこの曲だと、
 アナログレコードではライブ感が強く、
 ギターソロのディストーションがきつく感じます(痛)


という感じで、個人の好みや環境もありますが、
ハードロック/ヘビメタ系はややきつく聴こえるので、
ソースや気分によって選ぶという感じしょうか。

聴こえ方はどうであれ、
アナログだからって音質が悪いということはなくて、
選択肢も増えて、音楽の楽しみ方も増えました[わーい(嬉しい顔)]

No Remorse

No Remorse

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Sanctuary Records
  • 発売日: 2001/08/21
  • メディア: CD

マランツ CD/スーパーオーディオCDプレーヤーmarantz SA8004 SA8004

マランツ CD/スーパーオーディオCDプレーヤーmarantz SA8004 SA8004

  • 出版社/メーカー: marantz マランツ
  • メディア: エレクトロニクス

東京サウンド 真空管ヘッドホンアンプ VALVE-X-SE

東京サウンド 真空管ヘッドホンアンプ VALVE-X-SE

  • 出版社/メーカー: 東京サウンド
  • メディア: エレクトロニクス


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

アナログレコード・CD聴き比べ [オーディオ]

6月に復活したレコードプレーヤ:Technics SL-QL1
http://audio-heritage.jp/TECHNICS/player/sl-ql1.html
ですが、
レコード針交換などなどメンテもして聴いてみると、
アナログレコード盤も悪くはないね!
ってことで、
アナログレコードとCDと、
同じアルバムを所持しているものを、
少しずつですが聴き比べてみました。

アンプのフォノイコライザーなどなど、
ハード面の違いも音質に影響すると思いますが、
環境は次の通りです。

①アナログ

 プレーヤ:Technics SL-QL1
 ↓
 アンプ(フォノイコライザーMM):Technics SU-V90D
 http://audio-heritage.jp/TECHNICS/amp/su-v90d.html

②デジタル

 プレーヤ:marantz SA8004
 http://www.marantz.jp/jp/Products/Pages/ProductDetails.aspx?Catid=HiFi&SubCatId=SACDCDPlayer&ProductId=SA8004

③共通

 ヘッドホンアンプ:Sound ValveX/SE
 http://tokyosound.co.jp/sound/products/valvex/index.html
 ↓
 ヘッドホン:GRADO RS1i
 http://www.h-navi.net/rs1i.php


ソース(アルバム)は、
Electric Light OrchestraDiscovery で、
アナログレコードは1979年当時(と思われる)、
CDは2001年のリマスターです。

ELO1.jpg

いくつかの曲を聴き比べた感想ですが、

Shine a Little Love
 サタデー・ナイト・フィーバー的(笑)なノリの曲、
 ELOでは大好きな曲です。

 曲の頭部分の高音域はCDに負けてないように聴こえます。
 ドラムの質感はやや曖昧な気もしますが、
 ライブ感(狭い空間で目の前で歌ってる感じ)があって、
 ノリではCDより上と感じます。

 音の広がりはCDよりは狭いですが、
 ストリングス(バイオリン、チェロ)は、
 やや力強さや奥行きを感じます。

Confusion
 クールな聞きやすい曲で、
 ギターのシャキシャキ感はやや少ないですが、
 CDよりも自然な広がりで、つくられた感が少ないです。

Need Her Love
 美しいバラードの曲。
 CDよりやや狭い空間のためか?力強さがあって、
 違った気持ちよさがあります。
 CDでは綺麗過ぎる感じもします。

Last Train to London
 低音が特徴のノリがいい曲。
 やっぱり、ノリはアナログのほうがいい気がします(汗)


時々、CDなどのレビューとかで、
「アナログのように音が悪い」的な表現がありますが、
全くそんなことはありません!

聴くソース、気分によっては、
アナログも充分な音質・個性を持っていて楽しめます♪

アナログレコードでは、

・いちいち手入れして埃取りをする
・プチプチとノイズが乗る
・レコード盤・針などの寿命を気にする

というデメリットもありますが、
なぜか、あまり気にならないというか、
ドキドキ感みたいな楽しさがあります(趣)

CDだと、CDをセットするのも面倒に感じるし、
ノイズとかあると気分よくありませんが、
不思議ですよね(汗)

やっぱり、
手間をかけるアナログの方が
音楽を大切に聴くという感じがしますね[わーい(嬉しい顔)]

Discovery

Discovery

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Sony
  • 発売日: 2008/03/25
  • メディア: CD

マランツ CD/スーパーオーディオCDプレーヤーmarantz SA8004 SA8004

マランツ CD/スーパーオーディオCDプレーヤーmarantz SA8004 SA8004

  • 出版社/メーカー: marantz マランツ
  • メディア: エレクトロニクス

東京サウンド 真空管ヘッドホンアンプ VALVE-X-SE

東京サウンド 真空管ヘッドホンアンプ VALVE-X-SE

  • 出版社/メーカー: 東京サウンド
  • メディア: エレクトロニクス

RS1i

RS1i

  • 出版社/メーカー: GRADO
  • メディア: エレクトロニクス

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

計画的に衝動買い?デジタル一眼:SONY α65 [パソコン]

デジタル一眼カメラは、SONY α33
http://www.sony.jp/ichigan/products/SLT-A33L/
を昨年1月に購入しましたが、
使っているうちに、

・露出やホワイトバランスなど細かい設定が欲しい
・もっと高画素・高画質に興味あり
・電子ビューファインダーの性能がイマイチ

と欲が出てきて、
上位クラスへの買換えを検討してました(汗)

候補としては、
Nikon D5100、D7000、CANON EOS 60Dなどなどで、
お店でいじってみた結果、性能と価格を考えて、
SONY α65となりました!
http://www.sony.jp/ichigan/products/SLT-A65VY/

ポイントとしてはいろいろあって、

①高速オートフォーカス
②バリアングル液晶でとてもきれい
③シャッターボタンを押してからのレスポンスの良さ
④解像度:2430万画素(有効画素)
⑤動画がきれい
⑥音声記録用のステレオマイク内蔵
⑦改善された電子ビューファインダーは可

ですが、①②③は特に気持ちよかったので、
気がついたらα65を買ってました(笑)

alfa651.jpg

⑦の電子ビューファインダーについては賛否両論あって、
実際に実像と比べてやや違和感はありますが、
自分的には液晶を見ながらの撮影が多いので、
α65の改善された電子ビューファインダーなら充分!
と、お店で実際にいじってみて判断しました(鬼)

電子ビューファインダーのいいところは、
設定などの情報も映されて、
覗きながら設定をいじれるのが便利です!
(水準器の表示などなど助かります)

alfa652.jpg

光学ファインダーでじっくり撮影するのも楽しみですが、
それはもっと上位クラス、高級レンズで楽しみたいので、
将来の楽しみにしておきます(憧)

操作性ですが、α33で慣れているので問題ありません。

α33よりも大きいですが、特に重い感じはなくて、
ホールド感がいいです!

左がα65、右がα33です。

alfa65_331.jpg

よくレビューとかで暗いところに弱いとありますが、
薄暗い部屋で黒いモノをストロボなしで、
シャッターもシュッっと素早く、
まともに撮影できました(驚)

alfa653sample.jpg

連写については10枚/秒ですが、
そんなの滅多に使いませんので・・・

バッテリーについては、
部屋の中でほとんどフラッシュありで90枚程撮影してから、
液晶モニタで確認しながら半分ほど削除、
という感じで19%減ったので、
普通に使えば500枚以上は余裕で撮影できそうです。

α65はいろいろと厳しい評価がありますが、
ミラーがどうとか、ファインダーがどうとかより、
デジタル性能としてはコストパフォーマンスもよく、
充分に楽しめるデジタル一眼だと思います[わーい(嬉しい顔)]


SONY デジタル一眼カメラ α65 ボディ SLT-A65V

SONY デジタル一眼カメラ α65 ボディ SLT-A65V

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: エレクトロニクス

SONY デジタル一眼カメラ α65 ズームレンズキット SLT-A65VK

SONY デジタル一眼カメラ α65 ズームレンズキット SLT-A65VK

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: エレクトロニクス

SONY デジタル一眼カメラ α65 ダブルズームレンズキット SLT-A65VY

SONY デジタル一眼カメラ α65 ダブルズームレンズキット SLT-A65VY

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: エレクトロニクス