So-net無料ブログ作成

再び福島県会津への日帰り一人旅 その1 [旅・散歩]

サーバの管理や運用という仕事柄、
ゴールデン・ウィークは出勤でまともに休めませんでしたが、
今年は珍しくフルに10連休となりました!

久々にまともに休めるGWってことで、
何をしようか?考えたところ、
2011年7月に日帰りで旅した、
福島県会津へ再び旅することにしました。

今回の目的は次の通りです。

①喜多方の日中線記念自転車歩行者道しだれ桜
②前回は暑くて疲れて行けなかった酒蔵訪問
③前回は急な雨で断念した会津若松うまいもの巡り

そして4月29日、3:30起きで自宅を出発して、
東京駅6:40発の東北新幹線「やまびこ203号」に乗車、
4月30日は平日だし、連休でも半端なので結構空いてました。

aizu101B.jpg

前回より1時間ほど早いので、
腹ごしらえに、ついつい手が出てしまうカツサンドです(笑)

aizu102.jpg

郡山駅8:18到着、8:32発のJR磐越西線快速に乗り換えです。
表示は喜多方行きですが会津若松行きです(汗)

aizu103B.jpg

なんと!電車は「はるか」仕様でした。

aizu104B.jpg

乗客も少なかったので、先頭の座席に座りました。

aizu105.jpg

暫くすると、磐梯山がどーんときました!

aizu106.jpg

会津若松駅9:43着、また着ましたよ!

aizu107.jpg

会津若松駅9:52発のディーゼルカーに乗り換えです。

aizu108B.jpg

喜多方駅10:19到着、駅のホームのこの風景が印象的です。

aizu109B.jpg

喜多方に来たかった(おやじギャグ)

aizu110B.jpg

喜多方の街並みです。

aizu111B.jpg

第1目的の日中線記念自転車歩行者道しだれ桜へ歩くと、
しだれ桜の咲き乱れです(幻)

aizu112B.jpg

ゆっくりと眺めながら15分ほどすると、
出店があって、沢山の人が集まってました。

aizu113B.jpg

しだれ桜ショットです。

aizu114B.jpg

aizu115B.jpg

更に進むと、何やら黒い物体が!

aizu116B.jpg

SL(蒸気機関車)C11が展示してあります。

aizu117B.jpg

ここ日中線記念自転車歩行者道は、
廃線になった日中線(喜多方駅-熱塩駅)の線路跡で、
約3kmのしだれ桜の桜並木となってます。

ここで11:00、第1目的は終了です。

次は喜多方の街へ・・・続く[わーい(嬉しい顔)]

SONY デジタル一眼カメラ α65 ボディ SLT-A65V

SONY デジタル一眼カメラ α65 ボディ SLT-A65V

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: エレクトロニクス

ソニー DT 18-135mm F3.5-5.6 SA※ソニーAマウント用レンズ SAL18135

ソニー DT 18-135mm F3.5-5.6 SA※ソニーAマウント用レンズ SAL18135

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: エレクトロニクス

SONY Cyber-shot HX30V (1820万/光学x20) ブラック

SONY Cyber-shot HX30V (1820万/光学x20) ブラック

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: エレクトロニクス

厚木基地「日米親善春祭り」その3(Navy編) [旅・散歩]

米海軍厚木航空施設(通称:厚木基地)で、
4月27日に開催された「日米親善春祭り2013」での、
米海軍(U.S. Navy)の航空機地上展示です。

海上自衛隊の展示会場の奥に行くと、
いよいよ米海軍の展示会場で、
とても人が多かったです(汗)

まずは、ヘリコプターMH-60R?です。

atsugiN01B_HH-60R.jpg

米海軍だと、ペインティングが面白いですね!

atsugiN02B_MH-60R.jpg

隣は、救難ヘリコプターHH-60Hで、
中に入れましたが、子供は操縦席にも乗れました!

atsugiN03B_HH-60H.jpg

そして!戦闘機F/A-18系が並びますが、
人気で人が多すぎで、
前から機体全体を撮影するのは難しい状況でした(混)

atsugiN04_FA-18.jpg

なので、飛行場の風景です(汗)

atsugiN05B_FA-18.jpg

展示されているものは部分的な画像になります。

EA-18Gグラウラー(Growler)のペイントです。

atsugiN06B_EA-18G.jpg

F/A-18Eです。

atsugiN07B_FA-18E.jpg

次のF/A-18Eのペイントは、メタルですね!

atsugiN08B_FA-18E.jpg

操縦席です。

atsugiN09B_FA-18E.jpg

F/A-18Fです。
この角度からだと人の多さがわかります(笑)

atsugiN10B_FA-18F.jpg

F/A-18Fのペイントです。
NAVYとヘビですね(汗)

atsugiN11B_FA-18F.jpg

早期警戒機E-2Cの後部です。

atsugiN12B_E-2C.jpg

大きな丸いレーダーが特徴です。

atsugiN13B_E-2C.jpg

米兵さんのサービスショットです。
あちこちでパフォーマンスしてたので、
それも楽しみのひとつですね(笑)

atsugiN14B_E-2C.jpg

輸送機C-2は、中に入ることが出来ました。

atsugiN15_C-2.jpg

飛行場で見かけたおまけ画像です。

atsugiN16B.jpg

atsugiN17B.jpg

基地ですから、こんなもの(タンク)も置いてあります。

atsugiN18B.jpg

飛行場の風景です。

atsugiN19B.jpg

GW(ゴールデン・ウィーク)だけに、
空母GW(ジョージ・ワシントン:George Washington)
の艦載機ですね(汗)

ここで午後4時半頃で、展示は終了となりましたが、
もう少し時間が欲しかったですねぇ(悔)

でも、とても楽しかったです!
また来年も、うまく時間を調整して行きたいですね[わーい(嬉しい顔)]


厚木基地「日米親善春祭り」その2(海自編) [旅・散歩]

米海軍厚木航空施設(通称:厚木基地)で、
4月27日に開催された「日米親善春祭り2013」での、
海上自衛隊の航空機地上展示です。

基地の正門から、まともに歩くと10分ほどでしょうか、
展示会場の入口のすぐ右手前で、
海自の制服を着て撮影(子供用もあり)や
Tシャツや帽子などの販売をしてました。

展示会場のある飛行場に入ると、
右側に哨戒機P-Xが目を引きました。

atsugij01B_P-X.jpg

後ろから。

atsugij02B_P-X.jpg

飛行機は興味があるという程度ですので、
詳しい解説はできませんが・・・

その後方に救難飛行艇US-2です。
飛行艇独特の大きな胴体が印象的ですね!

atsugij03B_US-2.jpg

奥には哨戒機P-3Cがずらりと並んで圧巻でした!
これもサービスですかね?

atsugij04B_P-3C.jpg

P-3Cのアップです。

atsugij05B_P-3C.jpg

展示してあるP-3Cを下から覗き込んだところです。
ここからソノブイという潜水艦の探知機を
投下するんですね!

atsugij06B_P-3C.jpg

展示機は近くで触ったり、乗れる場合もあって、
子供は、操縦席に乗せてくれるところもありました。

順に左側に進むと、
LC-90キングエア(King Air)です。

atsugij07B_LC-90.jpg

YS-11Mです。

atsugij08B_YS-11M.jpg

哨戒ヘリコプターSH-60Jです。
近くで視ると大きくてゴツイですね!

atsugij09B_SH-60J.jpg

そして、海自側の飛行場の様子です。
基地ですから独特の雰囲気があります。

atsugij10B.jpg

atsugij11B.jpg

そして、更に奥に進むと、
米海軍(U.S. Navy)の展示機になりますが、
海自よりも圧倒的に人が多いです(汗)

atsugij12.jpg

やはり戦闘機的なジェット機の方が、
デザインやペイント的に人気なんでしょうねぇ。

Navy編へ続く・・・[わーい(嬉しい顔)]


厚木基地「日米親善春祭り」その1(入場編) [旅・散歩]

米海軍厚木航空施設(通称:厚木基地)で、
飛行機の展示や、音楽イベント、出店などなど開放している、
「日米親善春祭り」が毎年あります。

比較的近いし、散歩がてらたまには遊びに行ってみるか?
ってことで、4月27日行ってきました!

行き方は、
相模鉄道線相模大塚駅からバスもありますが、
相模鉄道線さがみ野駅から徒歩20分ほどなので、
バスの待ち時間もあり、確実に歩くことにしました。

厚木基地の正門に着いたのは、
午前11時ちょっと過ぎでしたが、入門待ちの列が長く、
500メートルぐらい先に行っても最後尾が見えない状況で、
進み方から1時間半以上は待ちそうだし、暑いし・・・
ってことで、出直すことにしました(汗)

atsugiB00.jpg

出直して、
午後3時半頃に正門に到着すると、すぐに入れました!

身分証と荷物チェックがあるので、
なるべく余計な荷物は持っていかないのと、
本籍のわかる身分証
・ICチップ付運転免許証+記載印字票(または住民票)
・有効期限内のパスポート
・写真付住基ネットカード
など、注意してください。

正門を入ると、過去に活躍した飛行機の展示があります。

F-4ファントム(Phantom)

atsugiB01_F-4Phantom.jpg

EA-6プラウラー(Prowler)

atsugiB02_EA-6Prowler.jpg

F-14トムキャット(Tomcat)

atsugiB03_F-14Tomcat.jpg

などなど見ながら進むと、
自衛隊も共存しているので、鳥居があります。

atsugiB05.jpg

ここを左に行くと、
音楽イベントや出店がある会場です。

atsugiB06.jpg

ステージです!音楽イベント聴きたかった(悔)

atsugiB07.jpg

そのまま通路(道路)を進むと、
ヘリコプターの展示があって、乗って撮影もできました。
ペイントにも興味があります。

atsugiB08.jpg

米軍仕様のクルマも・・・相模ナンバーですが(汗)

atsugiB09.jpg

さらに進むと、消防隊の展示がありました。

atsugiB10.jpg

タイミングよく、模擬訓練をやってました!

atsugiB11.jpg

そして、正門から500メートル以上は歩いたでしょうか?
管制塔が見えてきて、いよいよ滑走路です!

atsugiB12.jpg

飛行機の展示会場に入ると、
最初に目に入るのは自衛隊機の展示でした。

atsugiB13.jpg

途中、歩いてて気がついたのですが、
トイレの列が目立ってたのと、
座るところ、日陰が少ないので、
事前に対策しておいた方がいいと思います。

ここから、実機の展示ですが、
長くなるのでまた次の記事にします[わーい(嬉しい顔)]


住基カードの発行方法について【覚書】 [紹介]

住民基本台帳カード(住基カード)を発行してもらいに、
今週、市役所に行きました。
http://juki-card.com/index.html

住基カードをつくった理由としては次の通りです。

・自動交付機が利用できる(住民票、印鑑登録証明書)
→役所や出張所のサービス時間外でも発行できる

・国や都道府県への申請時に住民票の写しが不要
→パスポートなどの申請で住民票の写しがいらない。

・公的な身分証明書(写真付の場合)
→パスポートに次ぐぐらいの強力な身分証明書となります。

・昨年7月9日から転出後も継続して利用可能になった
→それまでは発行した市区町村から転出すると無効でした。

きっかけとなったのは、4月27日(土)に開催される、
米海軍厚木航空施設「日米親善春祭り2013」です(汗)

数年前までは自動車運転免許証で入場できたのですが、
IC付の運転免許証になってから本籍の記載がなく、
国籍が確認できないのでNG
となりました(改悪)

IC付運転免許証と記載印字票(3ヶ月以内に発行)
でもいいのですが、いちいち警察署なんか行きたくないし、
パスポートも有効期限切れてるのでお金がかかるので、
住基カード(写真付)をつくることにしました(決)


住基カードの発行方法(順序)は次の通りです。

①事前に用意するもの
 ・本人確認できるもの(複数の準備を推奨します)
  パスポートなどの官公署が発行した顔写真付の身分証明書、
  運転免許証、健康保険証、年金手帳などなど
  (自分の場合は、運転免許証、健康保険証を用意しました)

 ・手数料500円

 ・写真:縦4.5cm×横3.5cm(写真付のカードの場合)

 ・印鑑登録証(自動交付機で印鑑登録証明書の交付を希望の場合)

②市区町村の役所で手続きをする
 窓口で発行申請書類に必要事項を記入します。
 (自分の地元ではICカードセンターという窓口がありました)
 特に難しい記入項目はありませんが、
 4桁×2つのパスワードを考えておくといいと思います。

③発行申請書類の記入内容確認
 記入した内容について確認の質問があって、
 問題がなければ、①の事前に用意したものを提出します。

④住基カードの受取
 ③の手続き完了後、住基カードが発行されます。
 (自分の地元では30分程待ちました。郵送でもOKです)
 受取のときに簡単な説明があって、説明書をもらいます。

以上、手続きは簡単でした!

500円で有効期限10年なので、
コストパフォーマンスのいい身分証明書だと思います[わーい(嬉しい顔)]


SAXON、2009年リマスターCD(ハードロック/ヘビメタ) [音楽]

SAXON(サクソン)は、1979年にアルバムデビューした、
イギリスのヘヴィメタルバンドです。

1970年代後半のイギリスでのHR/HMから、
NWOBHM(New Wave Of British Heavy Metal)
という、ヘヴィメタル(heavy metal)の源流的な流れがあり、
IRON MAIDEN(アイアン・メイデン)や
DEF LEPPARD(デフ・レパード)などなどと並んで、
その代表的なバンドがSAXONです。

その昔、自分がHR/HMを聴き始める、
きっかけとなったバンドの1つでもあって、
埃を舞い上げて走るような疾走感が気持ちいいです!
(初めて知ったときは既に全盛期を過ぎてたのが残念です)

そして、ずっと気になっていた、
2009年リマスター盤のCDを購入しました(汗)

saxon2.jpg

ちゃんと集めれば、CD背面で画が完成するのですが、
アメリカを意識し始めた1980年代半ばのアルバムは、
無理にリマスター盤も集めるほど好きではないので・・・

ということで、好きなアルバムは全盛期の、

1980年 Wheels Of Steel
1980年 Strong Arm Of The Law
1981年 Denim And Leather

で、アナログ盤も持っていたりします(汗)

saxon1.jpg

この2009年リマスター盤ですが、
ボーナストラックとして、
デモやセッション、ライヴ、12インチシングルなど、
レアな音源が多数収録されてるのが魅力です♪


音の方は、
古いCDではややぼんやりした感じのベースやドラムが、
締まってリアル感がありますが、
その分、全体の音が軽くなった感じがします。

自分的には悪くはないと思いますが、
リマスター商法は、
原曲のバランスが崩れてしまったり、
音が変わらないとか、音が悪くなったとか、
マイナス面もあるので情報収集が大切ですね!

先日、新アルバムもリリースして、
まだまだ元気で活動してるSAXON、頑張って欲しいです[わーい(嬉しい顔)]



自分的にはここからがスタート!
Wheels of Steel
http://www.youtube.com/watch?v=37NMA8UMN2Y&feature=related

この曲には魅了されました
Dallas 1 pm
http://www.youtube.com/watch?v=NRTWWWi3rYU&list=AL94UKMTqg-9Bu62IkwNGV3D5ZQgvIkdyx&index=4&feature=plcp

ノリノリの代表曲です
Princess of the Night
http://www.youtube.com/watch?v=Xm4_GRqSav4&feature=relmfu

重さがたまりません!
The Eagle Has Landed
http://www.youtube.com/watch?v=hU6j31nrLMs&feature=related

Wheels of Steel

Wheels of Steel

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMI France
  • 発売日: 2009/01/21
  • メディア: CD

Strong Arm of the Law (2009)

Strong Arm of the Law (2009)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMI France
  • 発売日: 2009/01/21
  • メディア: CD

Denim & Leather

Denim & Leather

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMI Import
  • 発売日: 2009/04/06
  • メディア: CD

Innocence Is No Excuse

Innocence Is No Excuse

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMI Europe Generic
  • 発売日: 2010/02/01
  • メディア: CD

Sacrifice

Sacrifice

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Udr
  • 発売日: 2013/03/26
  • メディア: CD

TRIUMPH最新ライヴDVD!(ハードロック/ヘビメタ) [音楽]

TRIUMPH(トライアンフ)は、
1975年結成の、カナダの3人編成のハードロックバンドで、
以前にも記事にしてますが、
自分がハードロックやギターに興味を持つきっかけとなった
大好きなバンドの1つです。

1993年以来、スタジオアルバムはありませんが、
昨年、ライヴ盤:Live at Sweden Rock Festival
が発売されたので、条件反射で購入しました(笑)

内容は、
1988年に脱退したギタリスト/ヴォーカルの
Rik Emmett(リック・エメット)が復帰した、
2008年のSweden Rock Festivalでのライヴで、
自分が購入したのは、CD+DVDの2枚組です♪

Live at Sweden Rock Festival

Live at Sweden Rock Festival

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Frontiers Records
  • 発売日: 2012/08/27
  • メディア: CD


メンバーはだいぶお歳なので、
Rik Emmett、Gil Moore(ギル・ムーア)のヴォーカルは、
全盛期のパワー感は落ちますが、
ハードさもメロディもしっかりした演奏力は素晴らしくて、
Rik Emmettの楽しそうに演奏するギター少年的なところも、
視ていて楽しいです(懐)

3人なのに分厚い音、凄いパフォーマンスが印象的でしたが、
ギターが1人増えて4人編成になっているのが、
昔からのファンにとっては、ちょっと微妙
でした(汗)

それにしても、美しいメロディとノリで、
これぞハードロック!
全盛期なら、
2003年のLive at the Us Festival(1983年Us Festivalのライヴ)

Live at the Us Festival (Bonus Dvd)

Live at the Us Festival (Bonus Dvd)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Tml Entertainment
  • 発売日: 2003/09/23
  • メディア: CD







    安定の熟練なら、
    このSweden Rock Festival
    と、どちらもロック好きなら楽しめます♪

いつまでも、頑張って欲しいですね[わーい(嬉しい顔)]



Sweden Rock Festivalのオフィシャル動画です
http://www.youtube.com/watch?v=-ClpEXUUvJY

Live at the Us Festivalから大好きな曲の
Fight the Good Fight
https://www.youtube.com/watch?v=Xevc7-7Tk-Q

Rik Emmett在籍の最後のスタジオアルバムから好きな曲です
Never Say Never
http://www.youtube.com/watch?v=gLxEF5CMDSg

プログレ風で、これもいい曲です!
Never Surrender
http://www.youtube.com/watch?v=BArHKQmu9lI

全盛期から
Follow Your Heart
http://www.youtube.com/watch?v=n2xnGvAlkvE

Surveillance

Surveillance

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Tml Entertainment
  • 発売日: 2005/06/07
  • メディア: CD

Triumph: Greatest Hits Remixed

Triumph: Greatest Hits Remixed

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Tml Entertainment
  • 発売日: 2010/05/18
  • メディア: CD

Thunder Seven

Thunder Seven

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Tml Entertainment
  • 発売日: 2004/11/09
  • メディア: CD

Never Surrender

Never Surrender

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Tml Entertainment
  • 発売日: 2004/11/09
  • メディア: CD

Allied Forces

Allied Forces

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Tml Entertainment
  • 発売日: 2004/11/09
  • メディア: CD