So-net無料ブログ作成
検索選択

天竜浜名湖鉄道の旅 その4:浜松編 [趣味]

天竜浜名湖鉄道の旅を楽しんだあとは、
西鹿島駅から遠州鉄道へ乗り換えて新浜松駅方面へ向かいます。

hamamatsu401s_DSC05899.JPG

西鹿島駅を発車して30分ほどで遠州病院駅に到着、
ここから歩いて浜松城へ向かいます。

hamamatsu402s_DSC05902.JPG

10分ほど歩くと、浜松市役所があります。

hamamatsu403s_DSC05903.JPG

浜松市役所の裏側に浜松城公園があります。

hamamatsu404s_DSC05907.JPG

階段を登って天守門から浜松城本丸へ入ります。

hamamatsu405s_DSC05912.JPG

浜松城天守です。

hamamatsu406s_DSC05921.JPG

人も多いし、中は鉄筋コンクリート造りなので、
天守内部の見学はしませんでした。

暑いので、お城を眺めながら本丸で少し休憩です(汗)

hamamatsu407s_DSC05924.jpg

浜松城を歩いたあとは、
浜松城公園内の日本庭園を散歩します。

hamamatsu408s_DSC05931.JPG

石の橋や滝もあります。

hamamatsu409s_DSC05935.JPG

桜や紅葉の季節に来てみたいですね。

hamamatsu410s_DSC05941.JPG

若き日の家康公像です。

hamamatsu411s_DSC05943.JPG

浜松城公園での散歩のあとは、
再び遠州鉄道の遠州病院駅から新浜松駅へ向かいます。

hamamatsu412b_DSC05952.JPG

新浜松駅です。ここでは浜松名物の餃子が目的です!

hamamatsu413s_DSC05957.JPG

有名なお店「むつぎく」へ向かうと・・・大行列が!

hamamatsu414s_DSC05965.JPG

帰りまで、並んでる時間もないので諦めて、
JR浜松駅にある、こちらも有名なお店「石松」へ向かいます。

hamamatsu415s_DSC05969.JPG

お客さんは多かったですが、すぐに入店できて、
餃子と生ビールをいただきました!

hamamatsu416s_DSC01022.JPG

餃子10個を注文しましたが、
豚肉とキャベツたっぷりでもさっぱりで、
皮は焼き面はパリッパリ、反対側はもっちもちで、
10個では足りない感じで、美味しくいただきました(幸)

お土産などなど買い物して帰路になります。

hamamatsu417s_DSC05963.JPG

浜松駅18:11発車のJR東海道新幹線「ひかり476号」に乗車です。

hamamatsu418s_DSC05998.JPG

鉄分を補給した後はカルシウム補給!ってことで、
「うなぎぼーん」で呑み鉄です(笑)

hamamatsu419s_DSC01024.JPG

日本酒「出世大名 家康くん」(花の舞酒造)で乾杯です(酔)

hamamatsu420s_DSC01026.JPG

日本酒にある甘味や酸味のバランスがよくて、
すっきり呑めて、呑み鉄を楽しめました!

浜松市のゆるキャラ「家康くん」には逢えませんでしたが(笑)、
乗り鉄や散歩、名物の「うなぎ」「餃子」も食べることができて、
1日満足に楽しめました!

桜の時期、紅葉の時期など狙って、また行きたいです[わーい(嬉しい顔)]

SONY ミラーレス一眼 α77 II ボディ ILCA-77M2

SONY ミラーレス一眼 α77 II ボディ ILCA-77M2

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: Camera

SONY DT 18-135mm F3.5-5.6 SA※ソニーAマウント用レンズ SAL18135

SONY DT 18-135mm F3.5-5.6 SA※ソニーAマウント用レンズ SAL18135

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: 付属品


nice!(70)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

天竜浜名湖鉄道の旅 その3:乗り鉄編 [趣味]

天竜二俣駅での転車台・扇形車庫の見学のあと、
鳥羽山公園や二俣城址へも行ってみたかったですが、
天気が怪しくなってきたし、蒸し暑いので、
周辺の散歩はやめて、天竜二俣駅のホームへ向かいます。

hamamatsu301b_DSC05819.JPG

新所原駅行きの列車に乗車します。

hamamatsu302b_DSC05829.JPG

天竜二俣駅の隣の二俣本町駅を発車して暫くすると、
天竜浜名湖鉄道の見どころのひとつ、天竜川橋梁を走ります。

hamamatsu303s_DSC05865.JPG

天竜川の眺めもいいですが、

hamamatsu304s_DSC05868.JPG

天竜川橋梁のある風景もいいですね!

hamamatsu305s_DSC05845.JPG

気賀駅では姫様道中の看板があります。

hamamatsu306s_DSC01021.JPG

姫様道中も見てみたいですが、
天気が良ければ気賀関所も見てみたいです。

気賀駅を発車すると、浜名湖の風景が続きます。

hamamatsu307s_DSC01019.JPG

天竜二俣駅から70分ちょっとで新所原駅に到着。

hamamatsu308s_DSC05840.JPG

ここでの目的はお昼ごはんで、
駅構内にあるうなぎ屋さん「やまよし」です。

hamamatsu309s_DSC05841.JPG

駅構内の窓口で注文(前払い)すると、
駅の外へ出てから、横にある階段から店内へ入ります。

hamamatsu310s_DSC05842.JPG

店内は座敷(土足厳禁)になっていて10席ほどです。

うなぎ丼は「一切れ入り」「二切れ入り」「一本入り」
とあって、注文したのは一本入り(2,100円)です。

hamamatsu311s_DSC01014.JPG

特別に大きくはないですが、地元産のうなぎで、
中はふわっと、外はパリッと香ばしくて、
タレも濃すぎず、さっぱりとごはんに合って美味しかったです!


駅構内の窓口で注文して店内へ移動っていうのも、
なかなか珍しい体験でオススメです(笑)

再び天竜浜名湖鉄道に乗車して、
時間もあるので一旦、天竜二俣駅へ向かいます。

hamamatsu312s_DSC05852.JPG

天竜二俣駅では、またまた新所原駅行きの列車に乗車します。

hamamatsu313b_DSC05863.JPG

西鹿島駅で下車、ここで遠州鉄道へ乗り換えです。

hamamatsu314s_DSC05889.JPG

次の電車の時間まで、駅の周りを散歩します。

hamamatsu316b_DSC05887.jpg

時々、ぱらぱらと雨が降りましたが、
天竜浜名湖鉄道と浜名湖のうなぎを楽しんだあと、
浜松へ向かいます。・・・続く[わーい(嬉しい顔)]


nice!(70)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

天竜浜名湖鉄道の旅 その2:天竜二俣編 [趣味]

木造で再建されて楽しめた掛川城での散歩の次は、
天竜浜名湖鉄道の掛川駅へ向かいます。

hamamatsu201s_DSC05507.JPG

1日フリーきっぷ、これがあれば最強です!

hamamatsu202s_DSC00976.JPG

掛川駅9:54発車の列車に乗車して、
初めての天竜浜名湖鉄道の乗車になります!

hamamatsu203s_DSC05667.JPG

心地よいディーゼルエンジンの音を聴きながら、
天竜二俣駅10:39到着。

hamamatsu204s_DSC05676.JPG

途中では、原谷川鉄橋や遠江一宮駅舎などなど、
古い施設や駅舎を楽しめますが、
天竜二俣駅の古い駅舎やホームなども、
国の登録有形文化財となってます。

hamamatsu205s_DSC05701.JPG

駅のすぐ側の広場には、
古い車輌(キハ20形、ナハネ20形)が展示されてます。

hamamatsu206s_DSC05705.JPG

駅前の通りを渡ると機関車公園があって、
SL(蒸気機関車):C58が展示されてます。

hamamatsu207s_DSC05810.JPG

天竜二俣駅では「転車台・扇形車庫 見学記念硬券」(200円)
を購入して、10:50からの見学に参加します。
(掛川城での散歩を1時間ほどで切り上げた理由がこれです)

従業員専用の通路を渡ります。

hamamatsu208s_DSC05723.JPG

ガイドさんの説明を聞きながら車庫へ向かって歩いていると、
SL時代に使っていた給水塔が見えてきました。

hamamatsu209s_DSC05730.JPG

今は使用してないですが残しているそうです。

今も保存しながら使っている、
国の登録有形文化財の建屋を抜けていきます。

hamamatsu210s_DSC05787.JPG

途中に浴場があって、ついつい覗いてしまいましたが・・・
列車のヘッドマークが置いてあって、鉄道魂ですね?

hamamatsu211s_DSC05734.JPG

5分ほどで転車台に到着、
こちらも国の登録有形文化財になっていて、
今も現役で稼働してます。

hamamatsu212s_DSC05760.JPG

このときの見学のお客は13名ほどでしたが、
実際に車輌が移動してきて、転車台の実演があって、
素晴らしいサービス精神ですね!

hamamatsu213s_DSC05741.JPG

ここでガイドさんから説明が、
「今は両側に運転席があるので方向転換しなくていいですね」
はいそうですね(汗)、自虐ネタで笑いをとります(笑)

転車台の実演のあとは、扇形車庫の中へ入っていきます。

hamamatsu214s_DSC01006.JPG

扇形車庫のすぐ横には鉄道歴史館があります。

hamamatsu215s_DSC00985.JPG

入るとすぐに昔の事務所の様子が再現されてます。

hamamatsu216s_DSC00987.JPG

奥へ入ると、昔に使用されていた、
タブレットや腕木式信号機などが展示されてます。

hamamatsu217s_DSC00990.JPG

切符を切るはさみ(改札鋏)も、今ではレトロなんですね(汗)

hamamatsu218s_DSC01003.JPG

貴重な鉄道の資料を見学したあとは、
まだまだ現役の扇形車庫を見物します。
(こちらもまた国の登録有形文化財)

hamamatsu219b_DSC05751.JPG

今やレトロな車輌?のTH3000形が整備されてました。

hamamatsu220b_DSC05771.JPG

約35分ほどの見学でしたが、ガイドさんの話も笑いあり、
転車台の実演あり、扇形車庫を覗いて、車両基地内を歩いて、
料金200円で濃い内容を楽しめました!

このあとは再び天竜浜名湖鉄道に乗車します。・・・続く[わーい(嬉しい顔)]


nice!(67)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

天竜浜名湖鉄道の旅 その1:掛川編 [趣味]

旅の計画はなかなか難しいこの季節(梅雨)ですが、
7月16日(土)から3連休!ということで、
雨でも列車の乗車と屋内中心に変更できるように、
天竜浜名湖鉄道の旅に行きました。
https://www.tenhama.co.jp/

出発はJR小田原駅からになります。

hamamatsu101s_DSC05456.JPG

JR東海道本線で小田原駅に到着して、
駅のホームの階段を登ろうとすると・・・
IZU CRAILE(伊豆クレイル)仕様になってました。

hamamatsu102s_DSC05466.JPG

階段を上ると、IZU CRAILE出発式の準備が?
そういえば、この日(7月16日)から運転開始なんですね!

hamamatsu103s_DSC05467.JPG

IZU CRAILEは、JR小田原駅から伊豆急下田駅まで、
伊豆の魅力を楽しむリゾート列車で、乗車したいです!
(もちろん、8月に予約を連発してます)

と、思いながら、
小田原駅7:08発車のJR東海道新幹線「こだま631号」に乗換です。

hamamatsu104s_DSC05484.JPG

暑さに負けないように、ちょっと重めに、
「炙り金目鯛と小鯵押寿司」で呑み鉄です!

hamamatsu105s_DSC00955.JPG

「炙り金目鯛と小鯵押寿司」ですが、
脂がのって炙りが香ばしい金目鯛、さっぱりと小鯵、
美味しい組み合わせで満足しました(呑)

掛川駅8:11到着、木造の駅舎がいいですねぇ!

hamamatsu106s_DSC05653.JPG

少し晴れてきて暑くなってきましたが、掛川の街を歩きます。

hamamatsu107s_DSC05510.JPG

10分ちょっと歩くと、掛川城が見えてきました。

hamamatsu108s_DSC05515.JPG

四足門(よつあしもん)から入ります。

hamamatsu109b_DSC05528.JPG

天守閣への入場は9:00からで、30分以上時間があるので、
城内を散歩します。

hamamatsu110b_DSC05550.JPG

きれいに並び過ぎの石垣はちょっと残念ですが、
お城の感じがあっていいですね。

hamamatsu111s_DSC05564.JPG

重要文化財に指定されている、掛川城御殿です。

hamamatsu112s_DSC05574.JPG

この日は時間なかったですが、次回は見学したいです。

本丸には、花広場もあって休憩できます。

hamamatsu113s_DSC05580.JPG

9:00になったので入館券を買って、急な階段を登ります。

hamamatsu114s_DSC05636.JPG

天守閣に到着。見学します。

hamamatsu115s_DSC00972.JPG

天守閣は平成6年に木造で再建されているので、
昔ながらの雰囲気があります。

hamamatsu116s_DSC05609.JPG

急な階段も再現されていて、お城の雰囲気が楽しめます。

hamamatsu117s_DSC00966.JPG

天守最上階から掛川の街を眺めます。

hamamatsu118s_DSC05603.JPG

この高さと距離からJR東海道新幹線を見ると、
長い編成がよくわかります。

掛川城御殿を見下ろします。上から見ると結構広いです。

hamamatsu119s_DSC05600.JPG

太鼓櫓です。こちらも重要文化財に指定されてます。

hamamatsu120b_DSC05628.JPG

1時間ほどの掛川城の散歩でしたが、
木造での再建で、現存天守のような雰囲気で楽しめました!

天気は晴れてきて良かったですが、
暑くて汗だくになりながら掛川駅へ戻ります。・・・続く[ふらふら]


nice!(51)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2016年夏の旅、計画中 [趣味]

この週末こそは、地元神奈川県の箱根まで、
箱根登山鉄道の「あじさい電車」に乗車したかったですが、
土曜は雨、日曜は寝坊で行けませんでした・・・

寝坊でも、朝6:30ごろに起きてますが、
紫陽花の時期で、日曜の箱根では、
激混みが予想されるので断念しました(汗)

そんな週末にもめげず、
来週からの7月、8月の旅の予定の整理と、
指定席の予約を一気に済ませました。

7月~9月の時期は、街を歩き周るのは暑さで厳しいので、
列車に乗車して楽しむのを目的とします。

JR東日本「夏の増発列車のお知らせ」
https://www.jreast.co.jp/press/2016/20160514.pdf
で、まず乗車したい列車は現美新幹線です。

指定席とれたので楽しみです!

次に乗車したいのは、地元神奈川県から発着の、
IZU CRAILE(伊豆クレイル)ですが、
運転開始されたばかりで混んでいるので、
8月後半から狙っていきます。

改造された651系電車が楽しみですね!

2016natsu01_DSC01779.JPG

次は、臨時快速「あいづ」ですが、
一度も乗車したことがない583系電車で運転なので、
これは乗車したいので、えきねっと予約しました。

2016natsu02_DSC07202.JPG

そういえば、快速「あいづ」ですが、
485系電車での運転は6月18日がラストでしたので、
昨年2015年4月18日の乗車が最後になりました・・・
お疲れ様です。

2016natsu03_DSC05623.JPG

会津方面へ行くなら、
快速「SLばんえつ物語」も乗車したいですね。

2016natsu04_DSC00910.JPG

天気や暑さに関係なく、
ジャズの生演奏と、おいしいお酒、食べ物を楽しめる、
快速「越乃Shu*Kura」は、
今年も指定席(日本海側)とれたので楽しみです!

2016natsu05_DSC08443.JPG

9月は、宿泊で青森、岩手方面を計画してるので、
快速「SL銀河青函DC号」も面白そうです。

昨年2015年4月30日に乗車した、
JR釜石線の快速「SL銀河」も楽しかったので、
8月最後での快速「SL銀河」の乗車も考えてます。

2016natsu06_DSC05970.JPG

6月から、県内から出てないので、
来週からの旅(県外脱出)に備えて、
早朝も起きれるように体力温存して、
ストレス発散したいと思います[ふらふら]


nice!(65)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

旅気分でBlu-ray:北斗星、SL [趣味]

梅雨の時期は、旅の計画は難しいので、
事前に予約して切符は買わずに、
天気を見て近場へ行こうと思ってましたが、
先週末、今週末と雨や暑さで行けてません(汗)

とりあえず、7月後半からの予定を立てながら、
気分だけでも旅に行こうかな?と、
鉄道Blu-rayソフトを2本、買ってみました(笑)


1本目は、昨年(2015年)の今頃、
絶対に乗っておきたいと旅行会社へも予約して、
結局、仕事の都合で休めずに諦めた寝台特急「北斗星」
Blu-ray「ザ・メモリアル寝台特急北斗星①+②」です。

BD01_DSC00947.JPG

これは2巻のDVDをBlu-ray1巻にした映像ソフトです。

歴代の機関車の紹介や、車内の詳しい紹介から始まって、
上野駅から発車して車内放送を聞きながら車窓の眺めや、
停車駅での様子など、旅の気分が満載です!

BD02_DSC00948.JPG

牽引する機関車の付け替え風景や、
定期運行、臨時運行それぞれの走行の様子、
そしてラストランの様子を視ることができます(涙)

映像特典では、
急行「ニセコ」「狩勝」「大雪」「エルム」「まりも」
も収録されて、全体で約225分ほど見応えがあります!

1,800円と嬉しいですが、
ナレーションとBGMがオフにできないのは残念です。


2本目は、現在の日本で運行されているSL(蒸気機関車)の
Blu-ray「SLグラフィティ 今を駆ける日本の蒸気機関車」です。

BD03_DSC00949.JPG

SLが活躍している頃の古い動画のオープニングから、
「SLやまぐち号」(C57形1号機)のドキュメントになりますが、
新山口駅から津和野駅の往復での、
車内の様子や、車窓からの眺め、途中駅での様子があって、
旅の気分になります!

BD04_DSC00951.JPG

そのあとは、

JR九州「SL人吉」(8620形58654号機)
JR西日本「SL北びわこ号」(C56形160号機)
大井川鐵道(C56形44号機、C11形227号機、C11形190号機、C10形8号機)
秩父鉄道「パレオエクスプレス」(C58形363号機)

と続いて、梅小路蒸気機関車館の紹介があって、
京都鉄道博物館へ引き継がれる扇形車庫の説明があります。

京都鉄道博物館は、年末年始ぐらいを狙って行ってみたいです。

そして、

JR東日本「SLみなかみ」「SL鉄道文化むら号」(D51形498号機)
真岡鐵道(C11形325号機、C12形66号機)
JR東日本「SL只見線紅葉号」(真岡鐵道C11形325号機)
JR東日本「SLばんえつ物語」(C57形180号機)
JR東日本「SLあきた路号」(C61形20号機)
JR東日本「SL銀河」(C58形239号機)
JR北海道「SLニセコ号」(C11形207号機)
JR北海道「SLはこだてクリスマスファンタジー号」
    「SL冬の湿原号」(C11形171号機)

と紹介があります。

映像特典は、
「SLやまぐち号」C57・C56重連運転(2014年8月)
「SLばんえつ物語」C61牽引 (2014年5月)
とあって、全体で140分ほどで、
ナレーションとBGMをオフにできるのは嬉しいです。


やっぱり、実際に行って乗って旅を楽しみたいですが、
遠くてなかなか行けないところの列車や、
なかなか乗車できない列車は、
映像ソフトで楽しむのも一つの手段ですね[わーい(嬉しい顔)]



ザ・メモリアル寝台特急北斗星1+2(ブルーレイ) [Blu-ray]

ザ・メモリアル寝台特急北斗星1+2(ブルーレイ) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ピーエスジー
  • メディア: Blu-ray

SLグラフィティ 今を駆ける日本の蒸気機関車 【Blu-ray Disc】

SLグラフィティ 今を駆ける日本の蒸気機関車 【Blu-ray Disc】

  • 出版社/メーカー: ビコム株式会社
  • メディア: Blu-ray

SLグラフィティ 今を駆ける日本の蒸気機関車[DVD]

SLグラフィティ 今を駆ける日本の蒸気機関車[DVD]

  • 出版社/メーカー: ビコム株式会社
  • メディア: DVD

nice!(63)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行