So-net無料ブログ作成

会津花見の旅2017年 その1:日中線記念自転車歩行者道編 [旅・散歩]

今年の桜の花見は、2月の伊豆での河津桜以降、
地元神奈川県近辺では満開のタイミングが合わずに、
行けませんでした(悲)

仕事で休日出勤が多いために休日が少なくて、
少ない休日も雨の日ばかりだったのが原因ですが、
4月後半から落ち着いてきたので、ここ5年は恒例?の、
福島県会津若松方面へ花見に行きました。

出発は4月22日(土)、
東京駅6:40発車のJR東北新幹線「やまびこ203号」です。

aizu101s_DSC01193.JPG

この日は、福島県方面は桜満開の報道もあって、
車内は混んでいると思いましたが、意外に空いてました。

aizu102s_DSC01843.JPG

E5系が増えてきて、
コンセントがあって充電できるのが嬉しいですね。

この一週間後は青森方面へ花見の旅の予定なので、
先取りして「あわび五能線弁当」で呑み鉄です。

aizu103s_DSC01841.JPG

茶色ばかりで見た目は地味ですが、
あわび煮の歯応えもよく、あきたこまちの味付けご飯や、
しそ巻き大根、みず醤油漬け、椎茸味噌など、
和風の深い味わいが楽しめるお弁当です。

郡山駅8:20到着、
8:29発車のJR磐越西線の快速へ乗り換えます。

aizu104s_DSC01197.JPG

喜久田駅8:38発車するとすぐに、車窓から満開の桜が!
会津若松での桜の期待が高まります。

aizu105s_DSC01204.JPG

川桁(かわげた)駅付近では、目の前に磐梯山が見えます。

aizu106s_DSC01208.JPG

磐梯山の眺めが続くと、会津へ来たという感じがします。

aizu107s_DSC01225.JPG

会津若松駅9:40到着です。

aizu108s_DSC01255.JPG

会津若松駅では、
「喜多方さくらまつり号」が停車してましたが・・・

aizu109b_DSC01236.JPG

国鉄時代のこの車輛(キハ40形)にヘッドマークとなると・・・

aizu110s_DSC01263.JPG

この日は喜多方へ行く予定はありませんでしたが、
血が騒いで乗車してしまいました(笑)

aizu111s_DSC01264.JPG

会津若松駅9:53発車、会津の風景がいいですねぇ。

aizu112s_DSC01266.JPG

塩川駅付近では、満開の桜の風景です!

aizu113s_DSC01274.JPG

喜多方駅10:20到着、
ディーゼルエンジン音が心地よかったです。
(この車輛もまだまだ残っていて欲しいです)

aizu114s_DSC01276.JPG

喜多方駅から徒歩数分で、
「日中線記念自転車歩行者道」に到着します。

aizu115s_DSC01283.JPG

沢山の人でしたが、
しだれ桜の満開には少し早かったようです。

aizu116s_DSC01285.JPG

それでも充分楽しみながら散歩できました。

aizu117s_DSC01286.JPG

ちょうど、ソメイヨシノは満開でした!

aizu118s_DSC01310.JPG

もっと奥まで歩きたいところですが、
予定外の喜多方なのと、しだれ桜の満開には早かったので、
ここで喜多方の街へ向かいます。

aizu119s_DSC01320.JPG

しだれ桜の満開のときに、最後まで歩きたいですね!
・・・続く[わーい(嬉しい顔)]

nice!(75)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

京都・宇治日帰りの旅 その5:京都鉄道博物館後編 [旅・散歩]

京都鉄道博物館の本館2階にも、
沢山の展示物や体験コーナーがありましたが、
混んでいて見学するのに時間がかかってしまうので、
一旦外へ出て、本館に隣接するトワイライトプラザへ行きます。

トワイライトプラザでは、
寝台特急「トワイライトエクスプレス」などの車輛が展示されてます。

kyoto501s_DSC01147.JPG

「トワイライトエクスプレス」を牽引したEF81形電気機関車を、
近くで見て触れます。

「ブルートレイン」で活躍したEF65形電気機関車(1号機)
の展示もあって懐かしいです。

kyoto502s_DSC00946.JPG

「スイート」や「ロイヤル」の豪華な個室が特徴の
「トワイライトエクスプレス」スロネフ25形客車です。

kyoto503s_DSC00951.JPG

お金とチャンスがあったら乗車してみたかったですね(貧)

スシ24形客車(食堂車)では、豪華な室内も再現されてます。

kyoto504s_DSC00944.JPG

いつか食堂車で食事してみたいですね。

本館へ戻って、2階の連絡デッキから扇形車庫へ向かいます。

kyoto505s_DSC01039.JPG

旧梅小路蒸気機関車館の扇形車庫がそのまま保存されていて、
上から眺められるのが嬉しいです!

扇形車庫から外へ出されていた、
C62形(2号機)と1070形蒸気機関車です。

kyoto506b_DSC01071.JPG

C62形は、3両(1、2、26号機)もここに集まっているので、
点検・整備して本線での営業運転を期待したいです(望)

実際に動いている列車に乗車できる「SLスチーム号」は、
この日はC61形蒸気機関車でした。

kyoto507s_DSC01060.JPG

大盛況のため乗車できませんでした(汗)

扇形車庫のすぐ隣には、
B20形蒸気機関車オハフ50形客車が展示されてます。

kyoto508s_DSC01083.JPG

扇形車庫の向かって右側から見学していきます。

kyoto509s_DSC01086.JPG

C51形蒸気機関車から順に見ていくと、
8番目にバスが展示されてました(汗)

kyoto510s_DSC01096.JPG

面白い(貴重な)展示でしたが、
個人的には、この車庫は機関車が似合うと思います。

バスの隣のC62形(1号機)から、また順に見学していきます。

kyoto511s_DSC01097.JPG

扇形車庫の内部に入りますが、
旧梅小路蒸気機関車館のときのそのままに、
展示されていて安心しました。

kyoto512s_DSC01164.JPG

扇形車庫の向かって左側の奥の方には、
解体・整備しているSLがありました。

kyoto513s_DSC01102.JPG

こんな風景を見れるのも貴重です。

特徴的なスタイルの7100形「義経」号を最後に、
この日に扇形車庫で展示されていた17両の見学が終わります。
(保存されている蒸気機関車は全20両(動態保存は8両)です)

kyoto514s_DSC01108.JPG

次は、扇形車庫の隣に新設されたSL第2検修庫です。

kyoto515s_DSC01119.JPG

蒸気機関車の検修作業を上から見学できるのが貴重です。

16:00過ぎに、
この日最後の運行の「SLスチーム号」を見送ります。

kyoto516s_DSC01112.JPG

閉館時間が近くなって(開館時間:10:00~17:30)、
人が減ってきたのでもう一度、
プロムナードと本館内を見学します。

17:00頃、旧二条駅舎にあるミュージアムショップへ行くと、
大混雑で入場規制と大行列ができていたので、
お土産は諦めて退館することにしました(汗)

kyoto517s_DSC01166.JPG

雨と春休みで大混雑の京都鉄道博物館でしたが、
意外に沢山見学できたので楽しかったです。

また次回、ゆっくり行って、
見れなかったところや細かいところを見学したいです。

このあと京都駅へ戻って、
The CUBE近鉄名店街「みやこみち」でお土産を買って、
京都駅19:18発車のJR東海道新幹線「のぞみ50号」へ乗車して、
帰路になります。

kyoto518s_DSC01173.JPG

もちろん、呑み鉄になります(笑)

kyoto519s_DSC01819.JPG

二重箱になっている「丹波牛二段弁当」ですが、
やわらかい牛肉に甘い味付けも美味しくて、
だし巻きや季節野菜の炊合せなど、おかずの種類も多くて、
お酒のおつまみにも最適でした!

そして、
The CUBEにある酒屋さんのオススメで買ってみた日本酒、
玉乃光「こころの京(みやこ)」です。

kyoto520s_DSC01821.JPG

いい香りがしてさっぱり淡麗で、
やわらかい飲み口と旨味で美味しかったです。

京都産の高級酒米「祝」100%の純米大吟醸で、
また京都に行ったら呑みたいお酒です。
(実は、自宅にまだ2本あります)


今回の旅は、雨になって途中から予定を変更しましたが、
宇治と京都鉄道博物館へも行けて、充実しました!

京都は意外と早く行けて、
観光スポットや見どころも沢山あって、
行ってしまえばどうにかなるのがいいですね!

今回行けなかったところも含めて、
また計画をしたいと思います[わーい(嬉しい顔)]

nice!(81)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

京都・宇治日帰りの旅 その4:京都鉄道博物館前編 [旅・散歩]

京都の旅ですが、昼頃から雨になったので、
室内で過ごせる京都鉄道博物館へ行きました。
http://www.kyotorailwaymuseum.jp/

kyoto401s_DSC00917.JPG

入館してすぐのプロムナードですが、
春休みなので混雑してます(汗)

kyoto402s_DSC00920.JPG

実は、京都鉄道博物館へは混雑を避けて、
5月か6月あたりの平日に予定してました。
(また行こうかな・・・)

時間は前後しますが、
閉館間際に、人が少なくなった頃に撮影した、
クハ86形電車(1号車)です。

kyoto403s_DSC01161.JPG

「湘南電車」の始まりですね。

0系21形新幹線(1号車)です。新幹線といえば、この形ですよね!

kyoto404s_DSC01159.JPG

ここではお弁当を買って、
ナシ20形食堂車で食べることができるのですが、
人が多いためでしょうか、品切れでした(悲)

kyoto405s_DSC00926.JPG

食堂車の気分でお弁当食べたかったですね・・・

クハ103形電車(1号車)です。懐かしいです。

kyoto406s_DSC00927.JPG

車内の空き缶放置まで再現するのはどうかと思いますが(笑)

kyoto407s_DSC01153.JPG

プロムナードから本館へ移動してすぐに、
500系521形新幹線、クハネ581形電車、クハ489形電車
が並んでいて、絶景です!

kyoto408s_DSC01011.JPG

個人的には、先頭側面のJNRのマークが嬉しいです。

その隣には230形蒸気機関車です。
明治36年(1903年)製造なので貴重な存在です。

kyoto409s_DSC01004.JPG

EF52形電気機関車(1号機)です、
大きなデッキの旧型電気機関車のデザインは大好物です。

kyoto410s_DSC00995.JPG

本館の奥へ向かうと、
キハ81形ディーゼルカーが展示されてます。

kyoto411s_DSC00990.JPG

独特すぎるデザインの車輛で、
エンジン音を聴きながら、一度乗車してみたかったです。

EF66形電気機関車です。
下から見上げることができます。

kyoto412s_DSC00967.JPG

DD51形ディーゼル機関車を下から見上げたところですが、
ライトアップされていて、
不思議な感じの狭いトンネルを歩いている感じです。

kyoto413s_DSC00976.JPG

旧国鉄のボンネット型特急電車が好きな自分には、
勿体ないカットモデルがありました(悲)

kyoto414s_DSC00979.JPG

本館1階の一番奥には、展示引込線があって、
寝台特急「トワイライトエクスプレス」の専用客車、
オハ25形、カニ24形が展示されてます。

kyoto415s_DSC00959.JPG

カニ24形の重圧な天井も見学できます。

kyoto416s_DSC00963.JPG

パンタグラフや台車、信号機などなど、
鉄道に関係する展示も沢山あって、実際に動作もします。

kyoto417s_DSC00964.JPG

個人的には、本館2階の食堂車のメニューの展示が面白くて、
実際に食堂車で食べてみたかったですね。

kyoto418s_DSC01131.JPG

ここで15:00になりますが、お腹も空いて耐えられないので、
この時間なら空いてるだろうと思って、
2階のレストランへ向かいます。

時間も時間なので品切れが多かったですが、
その中から、京都鉄道博物館ならではのメニューを選んで、
「線路チーズのミートソース」をいただきます。

kyoto419s_DSC01020.JPG

お味の方は・・・
どこかで?どこでも?食べたことのある、
普通に美味しいミートソースです(汗)

本館3階のスカイテラスへ行くと、
京都の街を背景に、SL(蒸気機関車)の風景を楽しめます。

kyoto420s_DSC01028.JPG

南側は、JR東海道本線やJR山陰本線などなど、
いろんな電車を見下ろせて飽きません。

kyoto421s_DSC01037.JPG

このあとは本館から出て、トワイライトプラザへ向かいます。
続く・・・[わーい(嬉しい顔)]


nice!(80)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

京都・宇治日帰りの旅 その3:伏見桃山編 [旅・散歩]

雨が降り始めましたが、
京阪電車の宇治駅から京阪宇治線へ乗車して、
中書島駅へ移動します。

kyoto301s_DSC00818.JPG

中書島駅から京阪本線へ乗り換えます。

kyoto302s_DSC00817.JPG

伏見桃山駅まで行きたかったのですが・・・
人生初めての京阪電車への乗車なので、
伏見桃山駅の一つ先の駅、丹波橋駅まで、
3分間ですが特急に乗車します(笑)

kyoto303s_DSC00836.JPG

強くなってきた雨の中、20分ほど歩いて、
御香宮神社(ごこうのみやじんじゃ)に到着です。

kyoto304s_DSC00863.JPG

立派な表門は、
元和8年(1622年)に伏見城の大手門を移築したものだそうです。

真っ直ぐに続く参道を歩きます。

kyoto305s_DSC00841.JPG

途中に、学問の神、菅原道真公を祀っている、
桃山天満宮桃山天満宮があります。

kyoto306s_DSC00844.JPG

境内には伏見城跡残石があります。

kyoto307s_DSC00837.JPG

まわりの彫刻がきれいな拝殿です。

kyoto308s_DSC00845.JPG

雨がかなり強く降ってたので、
彫刻の写真はまた次回にしたいと思います。
(また行く目標ができました)

個人的には、こちらのお酒が気になりました(笑)

kyoto309s_DSC00851.JPG

桜はあともう少しでしたが、
きれいに咲いてたので、ちょっと花見です。

kyoto310s_DSC00858.JPG

本殿の裏側には、菊姫大明神や東照宮など、
沢山の神社があります。

kyoto311s_DSC00859.JPG

雨でなければ、もっとゆっくり見たかったですね。

伏見桃山城や古墳、伏見稲荷なども行きたかったですが、
強い雨のため断念します(悲)

予定を変更して、近鉄桃山御陵前駅へ向かいます。

kyoto312s_DSC00868.JPG

近鉄京都線の急行へ乗車して約8分、東寺駅で下車します。

kyoto313s_DSC00896.JPG

東寺駅から歩きますが、
東寺へは寄らずに目的地を目指します。

kyoto314s_DSC00897.JPG

京都駅近くのJRのガードをくぐります。

kyoto315s_DSC00901.JPG

梅小路公園に到着です。

kyoto316s_DSC00903.JPG

桜は見ごろだったので、花見をしながら散歩です。

kyoto317s_DSC00907.JPG

歩いていると、SL(蒸気機関車):C61が通過します。

kyoto318s_DSC00916.JPG

そうです、京都鉄道博物館が次の目的地です!
・・・続く[わーい(嬉しい顔)]


nice!(70)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

京都・宇治日帰りの旅 その2:宇治散歩編 [旅・散歩]

平等院での見学のあと、
すぐ近くの宇治川にある橘島へ橘橋を渡ります。

kyoto201s_DSC00724a.jpg

ここは桜の名所らしいですが、まだまだ早かったようです。

橘島から朝霞橋を渡ります。

kyoto202s_DSC00731a.jpg

朝霞橋を渡るとすぐに、宇治神社があります。

kyoto203s_DSC00739a.jpg

鳥居から階段を登ります。

kyoto204s_DSC00740a.jpg

階段を登ると、
鎌倉時代に建立されたという拝殿(桐原殿)があります。

kyoto205s_DSC00751a.jpg

その奥には、鎌倉時代初期に建立された、
国の重要文化財になっている本殿があります。

kyoto206s_DSC00747a.jpg

宇治神社から宇治川沿いの通りへ戻ります。

kyoto207s_DSC00753a.jpg

5分ほど歩くと、慶安元年(1648年)建立された、
興聖宝林禅寺(こうしょうほうりんぜんじ)の総門があります。

kyoto208s_DSC00756a.jpg

総門を入ると、坂道「琴坂」があります。

kyoto209s_DSC00757a.jpg

一直線に約200m登って、唐風龍宮造りの山門に到着します。

kyoto210s_DSC00759a.jpg

山門を入って右側には、
慶安4年(1651年)に建立された鐘楼 があります。

kyoto211s_DSC00761.JPG

山門の正面には、伏見挑山城の遺構を用いて、
慶安元年(1648年)建立された本堂があります。

kyoto212s_DSC00763.JPG

この日は人も少なくて、
静かな庭園を眺めながらゆっくり散歩しました。

kyoto213s_DSC00765.JPG

興聖宝林禅寺は広いお寺ではないですが、
歴史的なものを感じました。

再び、宇治神社へ戻って、その奥へ登ったところにある、
世界文化遺産の宇治上神社へ行きます。

kyoto214s_DSC00771.JPG

一見、小さな神社です。拝殿へ向かいます。

kyoto215s_DSC00773.JPG

拝殿の右側には、、
宇治の名水、桐原水(きろはらすい)の手水場があります。

kyoto216s_DSC00790.JPG

拝殿の奥には、康平3年(1060年)に建立された本殿があります。

kyoto217s_DSC00779.JPG

現存する最古の神社建築物らしいので、
独特の雰囲気があります。

ここで、雨が降り出したので移動しますが、
途中、きれいに咲いた桜がありました。

kyoto218s_DSC00794.JPG

京阪電車の宇治駅に到着します。

kyoto219s_DSC00796.JPG

人生初めての京阪電車へ乗車します。

kyoto220s_DSC00798.JPG

今回の目的の一つ、京阪電車で次の目的地へ移動します。
・・・続く[わーい(嬉しい顔)]


nice!(72)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

京都・宇治日帰りの旅 その1:平等院編 [旅・散歩]

3月はまともな休日は一日しかない状況でしたが、
3月30(木)、31日(金)と代休がとれることになったので、
4連休になりました!

しかし、二日前に決まっても、
計画する時間も少ないし、割安な旅も難しいし・・・
そこで、某旅行会社Jさんの日帰り商品を利用して、
京都へ行くことにしました。

この商品は、首都圏から名古屋、京都、大阪へ、
東海道新幹線「のぞみ」の指定席を利用するのですが、
新横浜駅-京都駅の往復では19,400円で、
これにはJRキヨスククーポン3,000円が含まれているので、
新幹線の料金は実質16,400円になります。

通常料金での往復では26,500円ですから、
約38%も割引になってお得なんですね!

また、JRキヨスククーポン3,000円分は、
お土産2~3品、お弁当とお酒になるので充分使えます。


ということで3月31日、
新横浜駅6:34発車の東海道新幹線「のぞみ3号」で出発です。

kyoto101s_DSC00620.JPG

この日の天気は曇のち雨で、
富士山も薄っすらとしか見えませんでした。

kyoto102s_DSC01805.JPG

それでも富士山を眺めながら呑み鉄です(笑)

kyoto103s_DSC01804.JPG

新横浜駅で売っていた「焼売炒飯弁当」ですが、
エビと豚肉の焼売が3個ずつ入っていて、
チャーハンはちょうどいい味付けと油もさっぱりで、
量も多くて満足しましたが、
横浜で有名な崎陽軒のお弁当ではないのは後で気がつきました(汗)

京都駅8:26到着です。

kyoto104s_DSC00630.JPG

ここでJR奈良線へ乗り換えます。

kyoto105s_DSC00633.JPG

列車の発車時間まで20分ほどあるので、
駅のホームでうろうろしていると、
特急「はるか」(281系電車)が到着、
この列車も乗車してみたいですね(汗)

kyoto106s_DSC00646.JPG

少しして、
JR奈良線の懐かしい車輛(103系電車)が到着しますが、
行きの予定では乗車しません。

kyoto107s_DSC00655.JPG

京都駅8:49発車の区間快速へ乗車して、
宇治駅9:07到着します。

kyoto108s_DSC00659.JPG

宇治駅から平等院へ、古い町並みを歩きます。

kyoto109s_DSC00673.JPG

12~13分歩くと、平等院へ到着します。

kyoto110s_DSC00678.JPG

表門を入ります。ここから雰囲気が違います。

kyoto111s_DSC00722.JPG

表門から数分歩くと、世界遺産、国宝に指定されている、
天喜元年(1053年)に建立された鳳凰堂があります。

kyoto112s_DSC00680.JPG

内部の見学は40分待ちでしたので、
先に寺院内を歩くことにしました。

鳳凰堂の正面へまわります。

kyoto113s_DSC00688.JPG

鳳凰堂の正面です。これが10円玉のデザインですね。

kyoto114s_DSC01806.JPG

復元された梵鐘ですが、日本三名鐘の一つだそうです。
(実物はミュージアム鳳翔館にあります)

kyoto115s_DSC00700.JPG

梵鐘の裏側にまわって、
ミュージアム鳳翔館へは地下から入ります。

kyoto116s_DSC00704.JPG

鳳翔館では、
仏像などの貴重な国宝物が公開されてますが、
撮影禁止なので画像はありません(汗)

鳳翔館を出ると浄土院があります。桜はまだ早いようです。

kyoto117s_DSC00705.JPG

羅漢堂です。ここは枝垂桜が見ごろでした!

kyoto118s_DSC00709.JPG

平等院には源頼政の墓地があります。

kyoto119s_DSC00714.JPG

最勝院です。歴史を感じますね。

kyoto120s_DSC00716.JPG

思ってたよりも鳳凰堂は大きくなかったですが、
歴史的な建物や雰囲気を楽しめました。

このあともう一度、鳳凰堂の内部の見学へ行きますが、
また40分待ちで、天気も気になるので、
次の目的地へ向かいます。・・・続く[わーい(嬉しい顔)]


nice!(76)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行