So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の5件 | -

今年も遅過ぎた夏休みで四国の旅 その3:「四国まんなか千年ものがたり」前編 [旅・散歩]

今回の四国の旅では、人気の観光列車、
特急「四国まんなか千年ものがたり」を狙ってましたが、
1ヶ月前の指定席券発売では満席で買えませんでした。

無理を覚悟で、キャンセル待ちしようと、
旅行会社Jさんにお願いしていたところ、
キャンセル待ち期限の日に電話があって、
期待しないで出たら、奇跡的に指定席券がとれました!
(旅行会社Jさんに感謝です)

JR予讃線、土讃線の多度津駅で下車して、
一旦、改札から外へ出ます。

shikoku301_DSC03370.JPG

陸橋を渡って「四国まんなか千年ものがたり」を眺めます。

shikoku302_DSC03376.JPG

手前から、
1号車は緑色のデザインの「春萌(はるあかり)の章」、
2号車は白色のデザインの「冬清(ふゆすがし)の章」、
反対側は青色デザインの「夏清(なつすがし)の章」、
3号車は赤色のデザインの「秋彩(あきみのり)の章」で、
四季をイメージしたデザインの3両編成となってます。

入線まで時間があるので、
多度津駅の車両基地を見物します。

shikoku303_DSC03398.JPG

9:58頃、「四国まんなか千年ものがたり」が動き出します。

shikoku304_DSC03407.JPG

進行方向を変えて、10:10頃、音楽を鳴らしながら、
「四国まんなか千年ものがたり」が入線します。

shikoku305_DSC03422.JPG

アテンダントさんがカーペットを敷いて、
1号車「春萌(はるあかり)の章」へ、いよいよ乗車です!

shikoku306_DSC03424.JPG

乗車すると、客室への入り口は、
木をイメージした扉で、高級感があります。

shikoku307_DSC03425.JPG

客室に入ると、
木を基調とした落ち着いた車内で、
ゆったりとしたテーブル座席が、
走る高級レストランという感じです。

shikoku308_DSC03430.JPG

車内には棚や、座席の下にボックスもあって、
荷物を置くスペースが確保されてます。

「四国まんなか千年ものがたり」には、
一人用の座席もありますが、
自分の座席は4人テーブルの窓側です。

shikoku309_DSC03431.JPG

3名様の中に一人お邪魔してちょっと気まずいですが、
次はいつ乗車できるかわからない超人気の列車ですから、
うまく、仲良く、切り抜けるしかありません(笑)

座席に座ると、テーブルには食事の準備がしてあって、
旅の気分を盛り上げてくれます。

shikoku310_DSC03436.JPG

香川県でとれる庵治石から作られた箸・スプーン置きなど、
地元に因んだ演出もあって豪華ですね。

shikoku311_DSC03224.JPG

これからの旅にわくわくしていると、
多度津駅10:18発車します。

多度津駅から大歩危(おおぼけ)駅まで、
特急「四国まんなか千年ものがたり(そらの郷紀行)」
として運行します。

発車するとすぐに、アテンダントさんの説明があって、
天井のデザインもいい雰囲気です。

shikoku312_DSC03438.JPG

駅員さんや運転手さんたちが見送ってくれます。

shikoku313_DSC03444.JPG

アテンダントさんの説明が終わると、
食事予約券の回収と、メニューが配られます。

shikoku314_DSC03451.JPG

食事の料金は5,500円、庶民には高価なので、
最初はカウンターのメニューで済まそうと思ってましたが、
なかなか乗車できない列車だし、贅沢しようと思いきって、
乗車の4日前にみどりの窓口へ予約しに行きました(貧)

ドリンクやおつまみ、軽食、オリジナルグッズなどなど、
食事以外のメニューも充実していて、
アテンダントさんが注文をとりに来てくれますので、
豪華な座席に座ったまま、ゆっくりとできます。

shikoku315_DSC03222.JPG

琴平駅10:34到着、ここで14分の停車時間があるので、
駅のホームへ降ります。

shikoku316_DSC03463.JPG

琴平駅のホームには、
「四国まんなか千年ものがたり」専用の待合室があります。

shikoku317_DSC03468.JPG

待合室では、食事を予約するとウェルカムサービスがあって、
メニューの最初にある、季節野菜のスープがいただけます。

shikoku318_DSC03452.JPG

この日はカボチャのスープでしたが、
混み合っていたのでスープの写真はありません(汗)

金の畳や、地域の情報展示もあって、
少しの間ですが、楽しめます。

shikoku319_DSC03454.JPG

10:43頃、特急「南風8号」が到着します。

shikoku320_DSC03481.JPG

琴平駅では、特急「南風8号」と行き違いになって、
「四国まんなか千年ものがたり(そらの郷紀行)」は、
10:48発車します。

shikoku321_DSC03482.JPG

琴平駅を発車すると、いよいよ旅のメインとなりますが、
またまた嬉しい奇跡があります。・・・続く[わーい(嬉しい顔)]

nice!(67)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

今年も遅過ぎた夏休みで四国の旅 その2:丸亀城編 [旅・散歩]

寝台特急「サンライズ瀬戸」へ乗車して、
11月29日(木)の朝、JR予讃線の坂出駅で下車したあとは、
駅の窓口で「バースデイきっぷ」の特急券を手配してから、
朝うどんを食べに行きます。

shikoku201s_DSC03219.JPG

香川県といえば、やっぱり讃岐うどんを食べたいですが、
朝7時すぎで、駅の近くのお店はで営業してないので、
坂出駅から歩いて10分ほどのところにある、
「いきいきうどん 坂出店」へ向かいます。

shikoku202s_DSC03212.JPG

「九条ネギうどん肉入り」と「とり天」を注文します。

shikoku203s_DSC03215.JPG

「九条ネギうどん肉入り」は、九条ネギと肉がたっぷり入って、
うどんのやさしい出汁と、甘辛の肉が絡んで美味しいです!

讃岐うどんに満足したあと、

坂出駅7:37発車の特急「しまんと3号」へ乗車して、
丸亀駅7:57到着、ここで下車して丸亀城へ向かいます。

shikoku204s_DSC03234.JPG

丸亀の商店街を歩きますが、まだ8時になったばかりなので、
お店は営業してません。

shikoku205s_DSC03241.JPG

丸亀駅から10分ちょっと歩くと、丸亀城が見えてきます。

shikoku206s_DSC03247.JPG

徒歩15分ほどで大手門に到着、
高い石垣を眺めながら大手二の門を入ります。

shikoku207s_DSC03251.JPG

大手二の門の奥にある大手一の門を入ります。

shikoku208s_DSC03261.JPG

この先の、急な傾斜の見返り坂を登ります(汗)

shikoku209s_DSC03269.JPG

見返り坂を登りながら、
日本一の高さの石垣を眺めます。

shikoku210s_DSC03336.JPG

更に見返り坂を登っていくと、見事な紅葉です!

shikoku211s_DSC03277.JPG

三の丸に到着、見ごろの紅葉を見物します。

shikoku212s_DSC03310.JPG

二の丸へ行くと、葉が散った木々の中に何かあります?

shikoku213s_DSC03312.JPG

なんと、桜が咲いてました!

shikoku214s_DSC03317.JPG

十月桜(じゅうがつざくら)という秋に咲く桜だそうです。

二の丸から讃岐富士(飯野山)を眺めます。

shikoku215s_DSC03297.JPG

瀬戸大橋側の眺めもいいですね。

shikoku216s_DSC03303.JPG

本丸へ行くと、天守は修復工事中でした。

shikoku217s_DSC03320.JPG

天守内部の見物もしたかったですが、
次の予定もあるので、紅葉を眺めながら丸亀駅へ戻ります。

shikoku218s_DSC03334.JPG

丸亀城の立派な石垣を見ることもできてよかったですが、
ちょうど紅葉が見ごろで楽しめました!

石垣の修復工事で立入禁止の場所もありましたが、
春の桜の時期も訪れてみたいですね。

丸亀駅からは再びJR予讃線へ乗車します。

shikoku219s_DSC03239.JPG

丸亀駅9:36発車の特急「南風3号」へ乗車して、
多度津駅9:41到着すると、あの観光列車が並んでます。

shikoku220_DSC03368.JPG

そうです!ここで下車して、
特急「四国まんなか千年ものがたり」を見物・・・
じゃなくて、
奇跡的に指定席券がとれたので、乗車するんです!

当初は「サンライズ瀬戸」の終着駅の高松駅から、
栗林公園へ行って紅葉を見物する予定でしたが、
「四国まんなか千年ものがたり」へ乗車するために、
坂出駅で下車して、丸亀城での散歩へ変更したのでした。
・・・続く[わーい(嬉しい顔)]

nice!(82)  コメント(6) 
共通テーマ:旅行

今年も遅過ぎた夏休みで四国の旅 その1:寝台特急編 [旅・散歩]

昨年に続いて、
今年も8月、9月に夏休み(連休)が取れなかったので、
今年もJR四国の「バースデイきっぷ」を使おうと思って、
11月29日~12月3日まで連休にしてしまいました(笑)

出発は11月28日(水)、東京駅22:00発車の、
寝台特急「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」になります。

当日の昼間は仕事してから、21:10頃に東京駅へ到着、
改札内にあるGRANSTA(グランスタ)で買物をしてから、
21:35頃に駅のホームへ行くと、
すぐに「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」が入線します。

shikoku101s_DSC03022.JPG

今回は入線写真を撮りたくて、
今までの経験では21:40頃の入線時間だったので、
その5分前にホームへ行ったのですが残念です(汗)

21:45頃になると乗車できます。

shikoku102s_DSC03034.JPG

「サンライズ瀬戸」へ乗車して、指定の個室へ向かいます。

shikoku103s_DSC03217.JPG

この狭い通路がドキドキしますね(笑)

乗車するのは、2号車の2階のB寝台個室シングルです。

shikoku104s_DSC03052.JPG

個室に入って、テーブルがある扉側です。

shikoku105s_DSC03079a.jpg

コンセントがあるので、
さっそくスマホとカメラのバッテリーを充電します(笑)

shikoku106s_DSC03086.JPG

扉から入って奥側です。

shikoku107s_DSC03061.JPG

照明スイッチやアラーム、NHK-FM放送などの操作パネルと、
通路側の壁にハンガーがあります。

今年も「サンライズ瀬戸」へ乗車できてよかった!
と思いながら、GRANSTAで買った「やわらかヒレカツ弁当」
で呑み鉄開始です(酔)

shikoku108s_DSC03200.JPG

仕事から帰宅してから東京駅へ行って、
「サンライズ瀬戸」への乗車なので、
夕食をとる余裕がなくて、ここでガッツリいただきます(満)

まい泉さんのとんかつは、
安心して食べられる柔らかさと美味しさですね。

夜景と呑み鉄を楽しみながら、
熱海駅23:21到着、ここで乗務員の交代で2分ほど停車します。

shikoku109s_DSC03105.JPG

熱海駅23:23発車、
歯磨きついでに、車内を見物します。

shikoku110s_DSC03108.JPG

乗車してるのと同じ、2号車のB寝台個室シングルの1階です。

shikoku111s_DSC03205.JPG

窓が曲がり込んでる2階よりも、1階の方が解放感はあるので、
身体が大きい方は、こちらの方がいいかもしれません。

B寝台個室シングルの車両(1、2、6、7、8、9、13、14号車)
には、B寝台個室シングルツインがあります。

shikoku112s_DSC03047.JPG

上の段ベッドは補助的な感じなので、
料金があまり差がないサンライズツインがとれればいいですが、
サンライズツインはいつも空きがないですね(汗)

B寝台個室ソロの3号車へ移ります。

shikoku113s_DSC03113.JPG

上段の個室です。出入りの階段がちょっと大変そうです。

shikoku114s_DSC03213.JPG

下段の個室です。荷物置き場がありません。

shikoku115s_DSC03208.JPG

ソロシングルより1,000円ほど安いですが、
快適さはシングルの方がいいかな(汗)

B寝台個室ソロの車両(3、10号車)には、
ミニラウンジがありますが、
カップルが盛り上がってましたので通過します(汗)

楽しいかもしれませんが、
深夜なので大きな声での会話はやめましょう(倫)

A寝台個室シングルデラックスB寝台個室サンライズツイン
4号車へ移ります。

shikoku116s_DSC03123.JPG

こちらは、いつも満室ですが、
いつかシングルデラックス(4、11号車)へ乗車したいです。

ノビノビ座席の5号車へ移ります。

shikoku117s_DSC03126.JPG

ノビノビ座席(5、12号車)は特急料金+指定席券520円で、
お安く乗車できるフラットなスペースですが、
個人的には、静かに、プライバシーも気にせず、
個室で寝台特急の旅を楽しみたいです。

このあと、自分の個室へ戻ってから、
雨が降り出したのもあって、0:30頃には眠ってしまって、
翌日6:00過ぎに目が覚めて、すぐに岡山駅6:27到着、
「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」の切り離しを見物します。

shikoku118s_DSC03128.JPG

11月下旬は、この時間はまだ暗いです。

岡山駅6:31発車、25分ぐらいすると瀬戸大橋を渡って、
瀬戸内海の風景を眺めます。

shikoku119s_DSC03153.JPG

今回は高松駅方面へ向かって右側の個室で、
日の出が見れないので、ちょっと空き部屋から、
日の出を見物します(汗)

shikoku120s_DSC03160.JPG

瀬戸大橋を渡ってから、
讃岐富士(飯野山)が見えてくると、いよいよ四国です!

shikoku121s_DSC03173.JPG

坂出駅7:09到着、ここで下車します。

shikoku122s_DSC03181.JPG

当初は高松駅まで行く予定(切符も高松駅まで)でしたが、
とある理由があって、坂出駅で下車することにしました。
(理由は次の記事で)

「サンライズ瀬戸」を見送ります。

shikoku123s_DSC03189.JPG

寝台特急は、新幹線や日中の列車にはない体験ができて、
何度乗車しても、新しい発見や、違った過ごし方ができて、
旅を盛り上げてくれるので、楽しいですね!

来年も長期休暇はどうなるかわからなくて、
もしカレンダー通りの連休になると、
サンライズの個室は競争率も高くなるし、
「サンライズ瀬戸」への乗車や、
「バースデイきっぷ」の利用も、
来年以降は難しくなるかもしれないので、
今回も2泊+サンライズ1泊で四国へ行けてよかったです!
・・・続く[わーい(嬉しい顔)]

nice!(87)  コメント(10) 
共通テーマ:旅行

水上紅葉散歩 その2:SL乗車編 [旅・散歩]

水上・諏訪峡の散歩からJR水上駅へ戻って、
駅のすぐ隣にあるSL転車台広場へ向かいます。

minakami201s_DSC02764.JPG

寝坊で3時間遅れでの出発から、
ここでオンスケになりました(汗)

山の紅葉を背景に、静態保存のSL:D51 745号機です。

minakami202s_DSC02767.JPG

高崎駅から水上駅まで乗車するはずだった、
快速「SLぐんまみなかみ」を牽引してきた、
動態保存のSL:D51 498号機です。

minakami203s_DSC02782.JPG

このD51 498号機は、1988年の復活から30周年なので、
テンダーは記念のデザインとなってます。

minakami204s_DSC02786.JPG

昭和15年(1940年)から78年、大きなトラブルもなく、
まだまだ現役で走っていて欲しいですね。

minakami205s_DSC02796.JPG

14:45頃、D51は引込線へ戻ります。

minakami206s_DSC02793.JPG

D51が引込線へ戻ったら、水上駅へ向かいます。

minakami207s_DSC02895.JPG

途中、転車台がありますが、予定通りなら、
転車台で回転するD51を見れたんですよね(汗)

minakami208s_DSC02893.JPG

水上駅のホームに到着、3時間遅れの出発から、
ここでやっとオンスケになります(汗)

minakami209s_DSC02956.JPG

14:52頃、D51が駅を通過します。

minakami210s_DSC02905.JPG

駅を通過したD51は、バックして駅へ戻ってきます。

minakami211s_DSC02926.JPG

そして、客車と連結します。

minakami212s_DSC02939.JPG

今年(2018年)11月に、
「SLみなかみ」から「SLぐんまみなかみ」へ、
列車名が変わりましたが、
それから初めての乗車は、復活30周年仕様です。

minakami213s_DSC02952.JPG

レトロ客車へ乗り込みます。

minakami214s_DSC02910.JPG

昔ながらのボックスシートへ座ります。

minakami215s_DSC02912.JPG

快速「SLぐんまみなかみ」は水上駅15:20発車、
「みなかみ仕込 干し豚」で呑み鉄開始です(酔)

minakami216s_DSC02958.JPG

「みなかみ仕込 干し豚」はポークジャーキーですが、
あまり硬くなくて食べやすくて、
チャーシューに近い味が特徴です。

水上の地酒「誉国光(ほまれこっこう)」ですが、
やや甘口ですが、すっきりと飲みやすくて、
塩味の「みなかみ仕込 干し豚」に合って、
美味しくいただけました。

minakami217s_DSC02960.JPG

紅葉の利根川上流の景色を眺めながら、
呑み鉄が続きます。

minakami218s_DSC02721.JPG

沼田駅15:47到着、5分の停車時間があるので、
駅のホームへ降りてみます。

minakami219s_DSC02965.JPG

意外と見物客が少ないので、
沼田駅は記念撮影チャンスですよ。

沼田駅15:52発車すると、車内販売が来たので、
定番のスジャータ・バニラアイスをいただきます(笑)

minakami220s_DSC02969.JPG

スジャータ・バニラアイスは濃くてやや甘すぎるのですが、
旅で疲れたカラダにはたまりません(笑)

渋川駅16:21到着、ここでは14分ほど停車します。

minakami221s_DSC02975.JPG

少し撮影してから、渋川駅16:26発車の、
特急「草津4号」へ乗り換えて、帰路になります。

minakami222s_DSC02980.JPG

3時間寝坊から始まった、今回の旅は、
高崎駅から水上駅へは、SL列車では約2時間の移動時間で、
高崎駅での入線や、水上駅での転車台ショーなどの、
見物時間も含めて3時間を予定してましたが、
JR上越線の普通列車では、約1時間で移動できるので、
この2時間回復できたのは大きいです。

行きの「SLぐんまみなかみ」へは乗車できなかったですが、
帰りの「SLぐんまみなかみ」でまったりSL列車を楽しめて、
水上・諏訪峡の紅葉も見物できて良かったです!


さて、今週後半は昨年に続いて遅すぎる夏休みになって、
四国方面への旅を予定してますので、
いただきましたコメントへの返信やブログ記事の投稿など、
少し期間が空いてしまうかもしれませんが、
引き続きよろしくお願い致します[わーい(嬉しい顔)]


nice!(88)  コメント(6) 
共通テーマ:旅行

水上紅葉散歩 その1:諏訪峡編 [旅・散歩]

今年も紅葉・黄葉の季節になりました。

まずは、まったりとSL(蒸気機関車)列車に乗車して、
水上で紅葉散歩の計画でしたが・・・寝坊しました(涙)

出発は11月10日(土)朝4:00起きで出発予定なのに、
目が覚めたのは7:00過ぎでした(汗)

絶望的な3時間の寝坊ですが、
気を取り直して時刻表をチェックして、まだ行けるぞ!
ってことで、JR上野東京ラインへ乗車、高崎駅11:41到着です。

minakami101s_DSC02718.JPG

JR上野東京ラインのグリーン車へ乗車して、
「神奈川牛肉弁当」で朝ごはん+呑み鉄です(酔)

minakami102s_DSC02707.JPG

朝から「神奈川牛肉弁当」はちょっとヘビーですが、
寝坊して遅れた分、お腹も空いてるし、歩く気満々なので、
栄養補給で買ってみましたが、
神奈川のブランド牛「やまゆり牛」の柔らかさと、
オイスターソースのしぐれ煮の旨味はたまりません!

高崎駅からは、
JR上越線の12:02発車の水上駅行きの列車へ乗り換えて、
約1時間、水上駅近くの風景は、結構な紅葉してます!

minakami103s_DSC02735.JPG

水上駅13:07到着、駅のホームには乗車するはずだった、
快速「SLぐんまみなかみ」の客車が停車してます(痛)

minakami104s_DSC02754.JPG

水上駅の改札を出ると、山がカラフルで絶景です!

minakami105s_DSC02890.JPG

JR上越線の線路沿いに歩いて、水上の温泉街へ向かいます。

minakami106s_DSC02811.JPG

途中から、利根川沿いの遊歩道へ降りてみます。

minakami107s_DSC02816.JPG

前回来たときにも朽ちていて通行禁止だった吊り橋は、
そのまま放置な感じです(汗)

minakami108s_DSC02814.JPG

紅葉の利根川上流の眺めがいいですね。

minakami109s_DSC02824.JPG

利根川沿いの遊歩道から、温泉街へ入ります。

minakami110s_DSC02827.JPG

カラフルで綺麗な山の景色を横目に歩きます。

minakami111s_DSC02833.JPG

水上駅から12~13分ほど歩くと、
日帰り温泉の「ふれあい交流館」があります。

minakami112s_DSC02837.JPG

寝坊してなかったら、ここで休憩の予定でしたが(痛)

「ふれあい交流館」から5分ほどで、
「諏訪峡遊歩道」に入ります。

minakami113s_DSC02842.JPG

紅葉の山の風景を眺めながら、利根川上流沿いに歩きます。

minakami114s_DSC02856.JPG

水上駅から徒歩22~23分で諏訪峡にある、
清流公園に到着します。

minakami115s_DSC02880.JPG

(寝坊しないで)もう少し時間があったら、
奥に見える笹笛橋まで行きたかったです(汗)

minakami116s_DSC02855.JPG

清流公園に隣接する、道の駅「水紀行館」には、
所々に見ごろの紅葉がありました。

minakami117s_DSC02870.JPG

minakami118s_DSC02874.JPG

紅葉と利根川を眺めながら入れる、無料の足湯もあります。

minakami119s_DSC02875.JPG

そして、駐車場の片隅には、
錆も多く、プレートが外れていたり(盗難?)しますが、
かつて国鉄上越線で活躍したEL(電気機関車):EF16
が静態保存されてます。

minakami120s_DSC02864.JPG

お土産やお酒など買い物をして、水上駅へ戻ります。

minakami121s_DSC02877.JPG

次回は、もっと時間に余裕を持って、
諏訪峡へまた行きたいですね(汗)

寝坊には気を付けましょう[ふらふら]

nice!(86)  コメント(10) 
共通テーマ:旅行
前の5件 | -