So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

寒川花見散歩(鎌倉花見散歩の続き) [旅・散歩-関東(神奈川)]

一旦、鎌倉での花見散歩は終わりにして、
江ノ電(江ノ島電鉄)に乗車して藤沢駅に到着します。

samukawa101s_DSC00380.JPG

まだ時間も早い(10:45頃)ので、
この日(3月30日)の桜開花情報を検索していたところ、
寒川神社が満開とあったので、JR東海道本線へ乗車して、
茅ヶ崎駅でJR相模線へ乗り換えます。

samukawa102s_DSC05520.JPG

JR相模線205系電車4両編成で運行されてますが
前面デザインに特徴がある、
相模線専用の205系500番台電車です。

茅ヶ崎駅11:09発車の電車へ乗車して、
宮山駅11:20到着、ここで下車します。

samukawa103s_DSC05534.JPG

7~8分ほど歩いて、満開の桜が見えてきたら、
寒川神社に到着です。

samukawa104s_DSC05537.JPG

神池橋を渡って、参道を歩きます。

samukawa105s_DSC05561.JPG

参道を歩いていくと、立派な神門があります。

samukawa106s_DSC05541.JPG

神門を入ると、大きな御社殿があって、
約1,600年の歴史を感じます。

samukawa107s_DSC05542.JPG

寒川神社は、
全方向からの厄災を取り除く八方除の守護神で、
今年の初詣に行く予定でしたが、
天気や仕事の都合で行きそびれていて、
やっと行くことができました(汗)

神馬舎の前には、見ごろには少し早い桜があります。

samukawa108s_DSC05554.JPG

境内の外側を歩くと、見ごろの桜があって、
花見をしながら散歩します。

samukawa109s_DSC05558.JPG

寒川神社での散歩のあと、表参道を歩いて、
JR相模線の寒川駅方面へ向かいます。

samukawa110s_DSC05565.JPG

表参道を10分ほど歩いて、JR相模線の踏切を渡ります。

samukawa111s_DSC05568.JPG

この踏切を渡るとすぐにある、一之宮緑道を歩きます。

samukawa112s_DSC05575.JPG

5分ほど歩くと、鉄道車両の車輪と線路がありますが、
この一之宮緑道は、1984年に廃止された、
旧国鉄相模線の支線(寒川駅-西寒川駅)の跡地で、
この廃線跡を歩くのも、今回の目的です。

samukawa113s_DSC05578.JPG

歩いている途中、一之宮公園がありますが、
公園の周りには沢山の桜があって、
満開になったときに見てみたいですね。

samukawa114s_DSC05589.JPG

ここで少し、花見です。

samukawa115s_DSC05587.JPG

一之宮公園の先には、再び鉄道車両の車輪があります。

samukawa116s_DSC05592.JPG

一之宮緑道を歩いていくと、
旧国鉄相模線の西寒川駅があった跡地の、
八角公園があります。

samukawa117s_DSC05593.JPG

旧国鉄西寒川駅、相模海軍工廠跡の記念碑が、
一之宮緑道(旧国鉄相模線支線)の終着地点になります。

samukawa118s_DSC05598.JPG

旧国鉄相模線の支線跡地を利用した、
約900mの一之宮緑道ですが、
歩けて良かったし、また桜が満開の時期に行きたいですね。

八角公園から歩いて25分ほどの寒川駅から、
JR相模線へ乗車します。

samukawa119s_DSC05609.JPG

茅ヶ崎駅からJR東海道本線で、小田原駅まで行って、
小田原城の桜でも見物しようと思いましたが、
この日歩いたのは、鎌倉と寒川で約23km、約2万9千歩、
疲れと、まだ5分咲きの情報だったので、
小田急ロマンスカーで帰宅することにしました(汗)

samukawa120s_DSC05620.JPG

小田原駅13:52発車の特急「はこね18号」
ロマンスカーEXEα(30000形)に乗車して、
遅めのお昼でかなりの空腹なので、
量が多めの「箱根大名弁当」で呑み鉄です(酔)

samukawa121s_DSC03578.JPG

「箱根大名弁当」は二段になっていて、
鶏竜田揚げ、煮物、そぼろ煮、鮭塩焼、エビフライ、焼売、
ホタテ煮付け、伊達巻、蒲鉾、わさび煮 などなど、
地元小田原の名産物もあって、
このおかずの種類と量で1,100円で、コスパが高いです!
(女性やお子様連れでシェアしても充分な量です)

おかずはそれぞれ美味しいのですが、
大きな鶏竜田揚げは、表面はカリカリ、鶏肉はしっとりして、
今まで食べた駅弁のおかずの中でも、絶品でした(旨)

そして、なぜか売っていた徳島県の地酒の
鳴門鯛「生貯蔵酒 吟醸生」ですが、おちょこ付きで、
口あたりはまろやか、すっきりした甘辛といった感じでしょうか、
お弁当と一緒にオススメのお酒です。

samukawa122s_DSC03581.JPG

今回は鎌倉・寒川の花見散歩でしたが、
曇の天気と、桜の満開には早かったのは、
ちょっと残念でしたが、沢山歩いて、
それなりに見ごろの桜も見れて、
美味しいものも食べれて満足です。

また来年、桜満開の時期を狙ってみます[わーい(嬉しい顔)]


nice!(81)  コメント(6) 
共通テーマ:旅行

鎌倉花見散歩2019年 その3:長谷寺編 [旅・散歩-関東(神奈川)]

鎌倉の大仏様(鎌倉大仏殿高徳院)での花見のあとは、
徒歩7~8分のところにある、長谷寺へ向かいました。

kamakura301s_DSC05435.JPG

外から見ると、桜は見ごろまではまだまだな感じですが、
拝観します。

kamakura302s_DSC05437.JPG

山門を入ると、庭園が綺麗です。

kamakura303s_DSC05440.JPG

庭園の先には、弁天窟があります。

kamakura304s_DSC05443.JPG

中へ入ると、
窟内壁面に弁財天十六童子が彫られてます。

kamakura305s_DSC05448.JPG

奥へ進むと、天井が低くなって姿勢を低くして歩くので、
混み合っているときは、なかなか進まなくて辛いです(汗)

kamakura306s_DSC05451.JPG

弁天窟を出ると、近くには大黒堂があります。

kamakura307s_DSC05488.JPG

ここには「さわり大黒天」があって、
さわるとご利益があるそうです。

kamakura308s_DSC05487.JPG

庭園を渡って、階段を登ります。

kamakura309s_DSC05442.JPG

階段を登る途中に、地蔵堂があります。

kamakura310s_DSC05455.JPG

階段を登りきると、観音堂に到着します。

kamakura311s_DSC05457.JPG

5分咲きぐらいでしょうか、
桜を眺めながら散歩します。

kamakura312s_DSC05462.JPG

奥へ進むと、経蔵があります。

kamakura313s_DSC05472.JPG

経蔵の中を覗いてみると「輪蔵(りんぞう)」があって、
腕木を押して一回転させると、
一切経をすべて読んだのと同じ功徳が得られるそうです。

kamakura314s_DSC05468.JPG

輪蔵」を回せるのは、毎月18日などに限定されてます。

更に奥へ進むと、眺望散策路があります。

kamakura315s_DSC05474.JPG

階段を登っていきます。

kamakura316s_DSC05477.JPG

眺望散策路から由比ガ浜周辺を見下ろします。

kamakura317s_DSC05479.JPG

いい景色を楽しみながら散歩できます。

長谷寺での散歩のあとは、歩いて5分ほどの、
江ノ電(江ノ島電鉄)長谷駅へ向かいます。

kamakura318s_DSC05492.JPG

10:20頃ですが、もうかなり電車は混雑してますので、
乗車してからは写真はありません(汗)

kamakura319s_DSC05502.JPG

歩き疲れたし、混雑を避けたいので、
鎌倉での花見はこれで切り上げて、
藤沢駅へ向かいます(逃)

この日(3月30日)は、天気は曇りで、
桜の満開にはまだ早かったですが、
ハイキングコースや源氏山大仏様長谷寺と、
充実した花見散歩を楽しめました。

来年は、うまく時期を合わせて、
桜満開の鎌倉を歩きたいです[わーい(嬉しい顔)]


nice!(79)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

鎌倉花見散歩2019年 その2:大仏編 [旅・散歩-関東(神奈川)]

源氏山公園で花見をしたあとは、少し山を下って、
銭洗弁財天宇賀福神社に寄ります。

kamakura201s_DSC05367.JPG

入口は岩肌のトンネルになってます。

kamakura202s_DSC05371.JPG

トンネルを抜けると・・・
桜はまだまだ咲き始めの感じでした。
(この日は3月30日)

kamakura203s_DSC05384.JPG

見ごろの桜もあったので、境内を少し歩きます。

kamakura204s_DSC05376.JPG

本宮の隣の岩山に、洞窟があります。

kamakura205s_DSC05381.JPG

洞窟の中にある奥宮には、
お金を洗うと開運するという
「銭洗水(ぜにあらいみず)」が湧いてます。

kamakura206s_DSC05378.JPG

再び急な坂道を登って、鎌倉の大仏様へ向かって、
ハイキングコースを歩きます。

kamakura207s_DSC05394.JPG

こちらのコースでは、
鎌倉の街と海を眺めることができます。

kamakura208s_DSC05387.JPG

見ごろの桜もあって、花見をしながら歩きます。

kamakura209s_DSC05385.JPG

源氏山公園から20分ほど歩いて、
整備された下り階段が続いてくると、
ハイキングコースの終点(始点)が間近です。

kamakura210s_DSC05395.JPG

階段を下りて、一般道へ出ます。

kamakura211s_DSC05397.JPG

ハイキングコースはここで終わって、
歩き疲れましたが、人も少なくて、花見もできて、
楽しい散歩でした。

一般道へ出てから、
歩いて12~13分(源氏山公園から45分ぐらい)で、
鎌倉の大仏様がある、鎌倉大仏殿高徳院に到着です。

kamakura212s_DSC05433.JPG

仁王門を入って、境内を拝観します。

桜はまだ3~5分咲きほどでしょうか。

kamakura213s_DSC05403.JPG

境内を進んで、大仏様に到着します。

kamakura214s_DSC05407.JPG

いつも混んでますね。日本人は少ないですが(汗)

大仏様の奥へ進みます。

kamakura215s_DSC05427.JPG

大仏様の背中側にある観月堂付近では、
見ごろの桜がありました!

kamakura216s_DSC05421.JPG

花見をしながら境内を散歩します。

kamakura217s_DSC05425.JPG

鎌倉の大仏様に到着したときには、
桜の見ごろにはまだまだだと思いましたが、
見ごろの桜もあって良かったです。

kamakura218s_DSC05430.JPG

人が多いので、早めに次の目的地へ移動します。
・・・続く[わーい(嬉しい顔)]


nice!(91)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

鎌倉花見散歩2019年 その1:源氏山公園編 [旅・散歩-関東(神奈川)]

今年も桜(ソメイヨシノ)が咲き始める時期になって、
3週続けての週末、花見の旅を計画しました。

最初の計画は3月30日(土)で、
静岡県の伊豆方面へ行く予定で、
快速「伊豆クレイル」グリーン指定席券がとれてました。

天気予報では雨が降りそうでも決行するつもりでしたが、
前日までの情報を見ても、予定の行先では3分咲き以下で、
肝心の目的が・・・ということで、
前日に切符をキャンセルして計画を変更ました。
(これができるのが、えきねっとは便利ですね!)

3月30日(土)、
行先を神奈川県の鎌倉方面へ変更して、
JR横須賀線の北鎌倉駅で下車します。

kamakura101s_DSC05306.JPG

北鎌倉駅すぐ近くの円覚寺(えんがくじ)の前を通ります。

kamakura102s_DSC05309.JPG

5分咲きぐらいでしょうか、桜がありますね!

北鎌倉駅から歩いて7~8分ほど、
源氏山公園へのハイキングコースへ入ってすぐにある、
浄智寺(じょうちじ)に到着します。

kamakura103s_DSC05316.JPG

惣門 (高麗門)を入って参道を登って行くと、
鎌倉では珍しい中国式の鐘楼門があります。

kamakura104s_DSC05320.JPG

まだ朝の7:00過ぎ、拝観(9:00から)には早すぎるので、
外から桜を眺めます。

源氏山公園へのハイキングコースへ戻ると、
早咲きの桜が散り始めてます。

kamakura105s_DSC05323.JPG

浄智寺から5分ほど歩くと、
舗装されてなくて、木の根が這っている山道へ入ります。

kamakura106s_DSC05326.JPG

浄智寺から10分ほど(北鎌倉駅から20分ほど)歩くと、
浄智寺の住職も勤めていた、元(中国)の僧の
竺仙梵僊(じくせんぼんせん 1292-1348年)
が名付けたと言われている、
天柱峰(てんちゅうほう 標高97m)に到着します。

kamakura107s_DSC05329.JPG

道の脇にある小高い岩の上にある感じなので、
先を急いで足元に注意してると見逃すかも?です。

この先は岩を越えたり、更に歩き難くなります(汗)

kamakura108s_DSC05330.JPG

整備されている階段が見えてくると、
もうすぐ源氏山公園です。

kamakura109s_DSC05331.JPG

浄智寺から20分ほど(北鎌倉駅から30分ほど)歩くと、
葛原岡(くずはらおか)神社に到着します。

kamakura110s_DSC05338.JPG

ほぼ満開の桜を見物して、旅の無事に感謝します。

kamakura111s_DSC05334.JPG

ここからは、鎌倉の山々の眺めもいいですね。

kamakura112s_DSC05342.JPG

葛原岡神社から5分ほど歩くと源氏山公園に到着します。

kamakura113s_DSC05345.JPG

散ってきている早咲きの桜と、
まだ満開には早い桜ばかりですが、
所々に見ごろの桜もありました。

kamakura114s_DSC05347.JPG

源氏山公園の奥へ行く途中に、
鎌倉七切通しのひとつの化粧坂(けわいざか)があります。

kamakura115s_DSC05348.JPG

まだ7:45ぐらいで人も居ないので、少し下りてみましたが、
下から見上げると、急な岩ばかりで険しさがわかります(汗)

kamakura116s_DSC05365.JPG

数分歩くと源頼朝像の広場へ到着しますが、
見ごろの桜は少ないです。

kamakura117s_DSC05349.JPG

1965年、源頼朝が鎌倉入りをしてから800年の記念につくられた、
源頼朝像です。

kamakura118s_DSC05351.JPG

少ない見ごろの桜ですが、
ほぼ人が居ないので、ゆっくりと静かに楽しめます。

kamakura119s_DSC05354.JPG

更に奥へ進むと、
見ごろの桜も多くなってきました!

kamakura120s_DSC05355.JPG

ここで、北鎌倉駅までの途中の大船駅で買った、
大船軒の「伝承 鯵の押寿し」と、
自宅から持参した大七「生もと梅酒スパークリング」
で乾杯です(酔)

kamakura121s_DSC05364.JPG

「伝承 鯵の押寿し」は、
まろやかで柔らかい鯵の旨みがお酒と合って、
生臭さもなく、鯵のトロ的な美味しさです。

「生もと梅酒スパークリング」は、
さっぱりとした梅の甘さと酸味がちょうどよくて、
爽やかな呑み心地です。

なぜ梅酒かというと・・・
2月、3月は梅の花でも花見する予定でしたが、
仕事や天気の事情で行けなかったので、
梅酒で桜を楽しもうと思って持参しました(汗)

kamakura122s_DSC05358.JPG

しばらく花見を楽しんでから、更に歩きます。・・・続く[わーい(嬉しい顔)]


nice!(85)  コメント(8) 
共通テーマ:旅行

鉄道模型(Nゲージ):ターンテーブル [趣味]

今年のGW(ゴールデンウィーク)の計画ですが、
やっと時間をつくって考えることができましたが、
既に遅くて宿もいっぱいで、
僅かに空室があっても料金はかなり割高なので、
先日、旅行会社のJさんで相談してみました。
(ビジネスホテル系で普通に1泊15,000円以上とか・・・)

その結果、今年の青森での花見は諦めましたが、
1泊で2回に分けて、通常価格で宿がとれたので、
3月30日から3連週の花見の旅も含めて、
5回の旅を全力で前調査・計画中です(汗)

そんな状況で引き籠ってますので、
前回に続いて、鉄道模型(Nゲージ)の記事になります(笑)


NゲージSL(蒸気機関車)の精巧なつくりに加えて、
前回の記事のサウンドボックスを導入することで、
音も楽しむことができました。

(写真はKATO製 C57 1次形
turntable01_DSC05258.JPG

turntable02_DSC05259.JPG

運転台も表現されているので、
運転士の人形を乗せても楽しめます。

turntable03_DSC05268.JPG

SLといえば、転車台が特徴のひとつですが、
気になって、気になって・・・
KATO製の電動ターンテーブルを購入してしまいました(貧)

turntable04_DSC03434.JPG

箱を開けると、コントローラや説明書などが、
きれいに整列されて入ってます。

turntable05_DSC03437.JPG

内容は、
ターンテーブル本体と付属パーツ、専用の線路、
コントローラ、ACアダプタ、ケーブル類などです。

turntable06_DSC03438.JPG

組み立ててみると、
ターンテーブル本体の薄さがわかります。

turntable07_DSC03442.JPG

C57 1次形を乗せて回してみます。

turntable08_DSC03447.JPG

リアルな回転速度と、停止直前に減速するところが、
カッコイイです。

これだけでは寂しいので、
拡張線路セットをつなげてみます。

turntable09_DSC03454.JPG

こんな感じに、転車台の風景に近づきました。

turntable10_DSC03456.JPG

そしてもうひとつ、扇形機関庫を追加してみます。

turntable11_DSC03457.JPG

転車台の風景らしくなりました!

turntable12_DSC03458.JPG

SLを並べてみると、ニヤニヤとしてしまいますね(笑)

turntable13_DSC03472.JPG

写真の上側から、
C57 1次形、C56 小海線、C59 戦後形 呉線、
D51 498、C12、C62 山陽形(呉線) です。

機関車の入れ替えだけしても、楽しく遊べます。

turntable14_DSC03475.JPG

SLに必要な給炭・給水施設や、構内施設など、
設置してもリアルに楽しめそうですが、
ターンテーブルセットを組み立てるだけでも
結構な時間がかかるので、
モジュールレイアウト(ジオラマ)として、
造り込んでおくことも考え中です(汗)

好きな車両、思い入れのある列車を集めて、
雨の日でも旅気分で走らせて楽しめたらと、
復活したNゲージ趣味ですが、
進化も素晴らしく、ハマっていきますね[ふらふら]






nice!(95)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の5件 | -