So-net無料ブログ作成

内蔵SSD:SANDISK UltraII 正月買い [パソコン]

今年の家電量販店の初売りは、
外付ポータブルHDD:TOSHIBA CANVIO SLIM HD-SB10TS
http://www.canvio.jp/product/2013/slim/index_j.htm
を衝動買いしてしまいましたが、やっぱりその翌日に、
本来欲しかった内蔵SSDを購入してしまいました(汗)

購入したのは、
SANDISK UltraII SDSSDHII-480G-J25(480GB)
http://www.sandisk.co.jp/products/ssd/sandisk-ultra2-ssd/
で、性能もそこそこ良くて、低価格なので大容量が狙えて、
コストパフォーマンスが良いのがポイントです。

SDSSDHII1_DSC01281.jpg

本体はプラスチックの筐体で、高級感はありません。

SDSSDHII2_DSC01284.jpg

3.5インチベイのスペーサーやネジは同梱されてないので、
PCケースによっては注意が必要です。


既にCドライブ、Dドライブとパーティション分けしていた、
内蔵SSD:CFD CSSD-S6T256NHG5Q(256GB)は、
http://archive.cfd.co.jp/ssd/s6tnhg5q.html
256GB全てをOS、システムアプリ用としてCドライブに、
今回購入したSANDISK UltraIIは、
480GB全てをアプリ、データ用としてDドライブに、
それぞれ割り当てて使うことにしました。

この時点でのメインPCのスペックです。
 OS: Windows 7 Home Premium(64bit)
 CPU: AMD FX-8300(8-core 3.30GHz,TB 4.20GHz TDP95W)
 メモリ: DDR3-1600 4GB×4枚
 M/B: GIGABYTE GA-990FXA-UD5 REV3
 SSD: CFD CSSD-S6T256NHG5Q(256GB)×1台
      SANDISK SDSSDHII-480G-J25(480GB)×1台
 HDD: TOSHIBA DT01ACA200 2TB(7200rpm)×1台
 ビデオカード: RADEON HD6870 1GB
 サウンドカード: ASUS Xonar Phoebus

ベンチマークソフト:CrystalDiskMark 3.0.3
で性能測定してみました。

まず、CFD S6T256NHG5Qの性能測定結果です。

SDSSDHII3_CFD.jpg

SANDISK UltraIIの性能測定結果です。

SDSSDHII14_sandisk.jpg

SANDISK UltraIIは書き込み性能が優れているようです。

体感性能としては、
どちらもSSDだけあって快適に使えてますので、
性能の違いは気になりません。

480GBのSSDでかなり余裕があるので、
しばらくは容量を気にせず快適に使えるのが一番嬉しいです!

そして・・・まだ正月買いが続きます[ふらふら]

SanDisk SSD UltraII 240GB 2.5インチ [国内正規品]メーカー3年保証付 SDSSDHII-240G-J25

SanDisk SSD UltraII 240GB 2.5インチ [国内正規品]メーカー3年保証付 SDSSDHII-240G-J25

  • 出版社/メーカー: サンディスク
  • メディア: Personal Computers

SanDisk SSD UltraII 480GB 2.5インチ [国内正規品]メーカー3年保証付 SDSSDHII-480G-J25

SanDisk SSD UltraII 480GB 2.5インチ [国内正規品]メーカー3年保証付 SDSSDHII-480G-J25

  • 出版社/メーカー: サンディスク
  • メディア: Personal Computers

nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 15

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0