So-net無料ブログ作成

ポータブル・プレイヤー:iriver AK70 [オーディオ]

旅や出張などの長時間の移動で音楽を聴くときの
ポータブル・オーディオ・プレーヤーは、
FiiO X3 2nd generation を愛用してます。
http://www.oyaide.com/fiio/x3_ii.html

キラキラ過ぎない高音域と、絞まった低音域で、
聴きやすくて音質的には不満はないのですが、
気になるプレーヤー:iriver AK70
http://www.iriver.jp/products/product_136.php
が発売されて、ついつい購入してしまいました(汗)

AK701_DSC01264.JPG

AK70(左)とX3 2nd generation(右)を並べてみると、
AK70は僅かに大きく見えます。

AK702_DSC01278.JPG

厚さは、AK70が3mmほど薄くて、
胸ポケットなどに入れて使いやすいです。

AK703_DSC01279.JPG

AK70のサイズは、
W:60.3 × H:96.8 × D:13mm
X3 2nd generationは、
W:57 × H:96.7 × D:16.1mm

AK70の重さは132g
X3 2nd generation135g
と、ほぼ同じで持ち歩きやすいです。

TFT-LCD(480×800ドット)の3.3型液晶画面は、
きれいで見やすくて、
タッチパネルなので操作もわかり易いです。

AK704_DSC01313.JPG

上側には電源ボタンと、
3.5mmイヤホン端子、2.5mmバランス出力端子があります。

AK705_DSC01272.JPG

下側にはMicro-USBポートがあって、
充電やパソコン接続、USB-Audio出力などに使います。

AK706_DSC01269.JPG

左側にはmicroSDカードスロットと、
曲のスキップ、巻戻し、早送り、一時停止などのボタンがあります。

AK707_DSC01275.JPG

右側にはボリュームつまみがあって、
151段階の細かい音量調節ができます。

AK708_DSC01277.JPG

外出のときに使うイヤホン:RHA T20
http://www.rha-audio.com/jp/headphones/t20.html
で、AK70X3 2nd generationを聴き比べてみました。
(30時間以上使用後の感想です)

AK709_DSC01285.JPG

DAC(D/Aコンバーター)は、
シーラスロジック:CS4398で共通ですが、
AK70X3 2nd generationより繊細な音で、
高音域から低音域までキレが良く、
強すぎず刺さらない高音域で更に聴きやすいです。
(約2倍の価格差なのもあります)

外出で聴くには充分過ぎる音質ですが、
キレがいい音ということで、
ヘッドホン:GRADO RS1i
http://www.h-navi.net/rs1i.php
ヘッドホン:GRADO SR325is
http://www.h-navi.net/sr325is.php
で聴いてみたところ、
ヌケのいいGRADOサウンドと良く合って、
ノリノリで楽しめます!

AK710_DSC01304.JPG

内蔵メモリ:64GBも嬉しいですが、
X3 2nd generationで使っていたmicroSDカード(128GB)を
差し替えてそのまま認識して使えて、
手間がかからなくて嬉しいです!

「AK Connect」という機能では、Wi-Fi接続をして、
同じネットワーク内のパソコンなどに格納されている音楽データを、
ストリーミング再生やダウンロードできるのも大きなポイントです!


まだ旅デビューしてませんが、
旅の新しい武器のAK70、これからの旅が楽しみです[わーい(嬉しい顔)]




nice!(63)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 63

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0