So-net無料ブログ作成

ついに到着!ノートPC:Pavilion dv6-6c00/CTプレミアムライン その1 [パソコン]

4月半ばに注文したノートPC、
HP Pavilion dv6-6c00/CTプレミアムライン
http://h50146.www5.hp.com/products/portables/personal/dv6_6c00/
は、好評のため4月下旬以降の納期ということで、
5月連休後かな?と思ってたら、約2週間ほどで先週届きました!

届いたときのダンボール箱はコンパクトです。

dv66c00pre1.jpg

本体ですが、
Webサイトや画像ではよくある黒っぽいデザインに見えますが、
実物は茶色に近く木を思わせる感じで、質感も高級感もあります!

dv66c00pre2.jpg

「hp」のマークも白く光ってカッコイイです!

キーボード部分もしっかり作られていて使いやすいです。

dv66c00pre3.jpg

実は、HPのノートPCは会社でも使っていて、
キーボードの使いやすさも購入のポイントとなりました。

ただ、
カーソルキーの上下キーが小さくて、
ゲームなどで酷使する場合には使い難いかも(汗)

タッチパッドは、周りが光ってカッコイイです!

dv66c00pre4.jpg

モニタや周辺部分のつくりもしっかりしていて、
モニタについては、
ノングレアのフルHDパネル(1,920x1,080)も迷いましたが、
15.6インチワイドでは表示が細かすぎると思って、
標準のグレアパネル(1,366x768)にしましたが、
可もなく不可もなく充分なものだと思います。

dv66c00pre5.jpg

電源やバッテリー、HDDの動作LEDが本体右横側にあって見難く感じますが、
眩しくなくていいと思います。

ACアダプターは、
12.1インチノートについてくる薄型+USB付を期待してたんですが、
やっぱり容量が違うのか?結構大きめで、ちょっとだけ残念でした(汗)

dv66c00pre6.jpg

最初にタスクマネージャーを起動してみると、
8スレッドあるのが気持ちいいです(笑)

taskmanager1.jpg
そして、まずやってみるのが、
Windowsエクスペリエンスインデックスです(笑)

experience1.jpg

まずまずといった感じですが、
グラフィックスがIntel HD Graphics 3000で認識されているようで、
グラフィックスのスコアが5.8と低めです(汗)

この機種のGPUは、
Intel HD Graphics 3000AMD Radeon HD 7690M XT
「Switchable Graphics」で用途に応じて切り替えるのですが、
Windowsエクスペリエンスインデックスは、
アプリーケーションの関連付けができなかったので、、
HD Graphics 3000で測定さてたんだと思われます(汗)

なので、BIOSの設定から変更して、
GPUをRadeon HD 7690M XT固定して測定しました。

experience2.jpg

グラフィックスのスコアは、5.8→6.9
ゲーム用グラフィックスのスコアは、6.6→6.9
と上がりました!
これぐらいの性能なら、ほとんど困ることはなさそうですね♪

「Switchable Graphics」
アプリーケーションとGPUの関連付けをしても、
HD Graphics 3000しか作動しないこともあるので、
ゲームソフトのようにGPUパワーがどうしても欲しいときは、
BIOSの設定からGPU固定することも必要かと思います(鬼)

monitor1.jpg

GPU固定方法について次回記事にしようと思います[わーい(嬉しい顔)]


※その他ベンチマークやアプリの検証はその後で!