So-net無料ブログ作成

高音質プレーヤーソフト:JRiver Media Center [パソコン]

ヘッドホン:GRADO RS1i
http://www.h-navi.net/rs1i.php
を購入してから実は・・・
foobar2000(v1.1.10)の音が硬く、(特に低音域が)薄く感じてきて、
やや不満を感じてました(汗)
(ASIOで聴いてますがWASAPIでも試しました)

そこで、プレーヤーソフトを探したところ、
JRiver Media Center
http://www.jriver.com/
というソフトに出逢いました。

JRiver Media Center有料ソフトですが、
DVDやBDも再生できる多機能プレーヤーで、
かなり音質はいいとのことで、
早速、試用版(30日間フリー)を使用してみたところ・・・
いきなりニヤっとして有料登録しました(笑)

バージョンはJRiver Media Center 17(Ver. 17.0.147)で、
正式版として購入すると$49.98
自分が購入したときは日本円で約4,200円でした。

支払いはクレジットカード、PayPal
https://www.paypal.com/jp/cgi-bin/webscr?cmd=_home&locale.x=ja_JP
ですが、海外サイトでは不安なのでPayPalを利用しました(汗)


まず設定ですが、わかりやすい画面です。

JRiver1701.jpg

ASIOやWASAPI排他モードなどなど、
標準で対応してるのは嬉しいです!

JRiver1702.jpg

CPUの負荷を軽減、CPU負荷からの影響を最小限にするため、
サウンドカード:Sound Blaster X-Fi Titanium HD
http://jp.creative.com/products/product.asp?category=1&subcategory=875&product=19749&listby=usage
ASIO+光デジタル出力で使用してます。

JRiver1703.jpg

ライブラリの取込・作成もわかりやすいです。

JRiver1704.jpg

取り込まれると、自動的にアルバム、アーティストなど分類されて、
移動などの操作も簡単です。

JRiver1705s.jpg

スキンや画面配置など変更できますが、
自分が設定した画面での音楽ファイルの再生はこんな感じです。

JRiver1706s.jpg


さて、音質の方ですが、
foobar2000(v1.1.10)+ASIOと比較すると、
JRiver Media Centerの方が、
低音域の深さというか、重圧さがあって、
全体的に奥行きや空間を感じます♪

(低音域が強調されているという意味ではありません)

このせいか?高音域はややまろやかに感じますが、
繊細さはしっかりしてて、曖昧な音ではありません。

JRiver Media Centerは、
大型スピーカーで聴いているときに近い感覚があり、
よりオーディオに近い音だと思います(驚)

個人的なポイントとしては、
アコースティックギターやピアノなどの厚み・深みがあるのと、
小さな音量のリズムギター・リフや、
音量が盛り上がるところでドラムなど、
聴こえにくいところが聴き取りやすくなり、
演奏の全体が見渡せる感じが好きです♪

ただ、
ボーカルやギターソロが前面に出るソースについては、
バックの演奏と比べてやや目立たなくなることも
あり、
ソースの特徴がやや失われることがあります(汗)

あと、CPUの負荷ではなく、動きがちょっと重い感じですが、
ファイルをメモリに読み込んで再生、
サンプリングレートの変更、
イコライザーなどなど、
機能も多彩なので、価格的にも損はないと思います(鬼)

JRiver1707.jpg

DVDやBDもですが、
もう少しいろいろな機能を使い込んで、
またレポートしたいと思います[わーい(嬉しい顔)]

GRADO リファレンス・ヘッドフォン RS1

GRADO リファレンス・ヘッドフォン RS1

  • 出版社/メーカー: GRADO
  • メディア: エレクトロニクス

Creative PCI Express Sound Blaster X-Fi Titanium HD SB-XFT-HD

Creative PCI Express Sound Blaster X-Fi Titanium HD SB-XFT-HD

  • 出版社/メーカー: クリエイティブ・メディア
  • メディア: Personal Computers