So-net無料ブログ作成

JRiver Media Center リッピング機能も良かった! [パソコン]

ここ数年、PCへの音楽CDデータの保存は、
音質と他のPCの互換性も考えてWAV形式(非圧縮)と、
バックアップとしてWMAロスレスの2つを使ってたので、
Windows Media PlayerFoobar2000でリッピングしてました。

稀に、傷などで不良のCDで音の途切れがある程度でしたが、
先週、大好きなCDのデータに一部音の途切れがあるのを発見しました!

昨年末にリッピングし直してから、
最後まで聴いてなかったので気がつかなかったのですが、
そのCDには特に目立つ傷などないのに、
何度かリッピングし直しても、あまり改善されませんでした(涙)

※DVDドライブは、Pioneer DVR-S17J
 http://pioneer.jp/dvdrrw/dvr-s17j/index.html
 なので、ドライブの品質は決して悪くはないと思います。

リッピングソフトで有名?なExact Audio Copyの導入も考えましたが、
その前に納得いかないので、今年5月に導入した、
JRiver Media Center (JRMC)
http://www.jriver.com/
でリッピングを試してみたところ・・・
全く問題ありませんでした!

いろいろ英語のヘルプなどなど調べてみたところ、
JRMCのリッピングの設定が要のようです。

jrmc2.jpg

コピーモードが3つあるのですが、

jrmc3.jpg

・通常モード:最速で読み込む
  保護モードでなくても問題ないと思われる場合に使います。

・保護モード:複数の読み取りをして信頼性を高くする
  速度は半分ぐらい?遅くなりますが、
  破損したメディアやPCがビジーのときに使います。

・アナログモード:デジタルのリッピングができない場合に使う
  アナログで取り込むので等倍速になるようです。

とあり、標準で保護モードとなってました!

CDの状態によっては、
3.0倍速前後まで読み込み速度が落ちる部分もありましたが、
全体的には、我慢できないほどではありません。

しかし1枚だけ、
状態の悪い(不遇な)CDをリッピングしてみたところ、
0.6倍速まで読み込み速度が落ちて、
なかなか終わらないのでキャンセルしてしまいました(汗)

エンコーダの設定を見てみると、

jrmc4.jpg

標準でいろいろな形式にも対応してます!

jrmc5.jpg

そしてリッピングの画面ですが、
CDのデータベースも意外と充実してて、
CD情報の編集も便利です。

jrmc1.jpg

リッピング後も、
ファイルの分類や管理も便利です。

jrmc6.jpg

使い勝手や、今のところの信頼性を考えると、
今後は、JRMCでWAV形式のみで使うことにしました。

有料ソフトだけあって、便利に使えるのも当然ですが、
音質も充分お気に入りなので、
このソフトは価格なりの価値はあると思います[わーい(嬉しい顔)]

パイオニア RoHS対応S-ATA内蔵 DVDスーパーマルチドライブ ブラック DVR-S17J-BK

パイオニア RoHS対応S-ATA内蔵 DVDスーパーマルチドライブ ブラック DVR-S17J-BK

  • 出版社/メーカー: パイオニア
  • メディア: Personal Computers