So-net無料ブログ作成

アナログレコード・CD聴き比べ ハードロック/ヘビメタ編 [オーディオ]

前回に続いて、
アナログレコードとCDの聴き比べです。

環境は前回と同じく、次の通りです。

①アナログ

 アナログレコードプレーヤ:Technics SL-QL1
 http://audio-heritage.jp/TECHNICS/player/sl-ql1.html
 ↓
 アンプ(フォノイコライザーMM):Technics SU-V90D
 http://audio-heritage.jp/TECHNICS/amp/su-v90d.html

②デジタル

 SACDプレーヤ:marantz SA8004
 http://www.marantz.jp/jp/Products/Pages/ProductDetails.aspx?Catid=HiFi&SubCatId=SACDCDPlayer&ProductId=SA8004

③共通

 ヘッドホンアンプ:Sound ValveX/SE
 http://tokyosound.co.jp/sound/products/valvex/index.html
 ↓
 ヘッドホン:GRADO RS1i
 http://www.h-navi.net/rs1i.php


ソース(アルバム)は、
MotorheadNo Remorse で、
アナログレコードは1984年当時(と思われる)、
CDは2001年のリマスターです。

sl-ql1l2.jpg

Overkill
 ハイスピードで暴れるドラムが特徴のこの曲は、
 アナログレコードでは、
 バスドラムの響きがやや狭い部屋の感じで、
 目の前で叩いてるように聴こえます。

 高音域が弱いように感じますが、
 シンバルの鳴りは変わらないです。

 ただ、盛り上がり(音量ピーク時)には、
 ドラム系の音は、聴こえ難くなる感じは強く、
 ギターの甲高い音はちょっときついかな(汗)

Please Don't Touch
 Girlschoolとの共演で、
 残っているアナログレコードで唯一女性ボーカルのある曲です。

 ボーカルはあまり変わらずですが、
 アナログレコードはよりライブ感はあります。

Stone Dead Forever
 Motorheadにしては大人しい目のこの曲だと、
 ベースの強いディストーションがやや暴れる感じで、
 ドラムの存在がやや薄く聴こえます。

Like a Nightmare
 ベースもギターも重いこの曲だと、
 アナログレコードではライブ感が強く、
 ギターソロのディストーションがきつく感じます(痛)


という感じで、個人の好みや環境もありますが、
ハードロック/ヘビメタ系はややきつく聴こえるので、
ソースや気分によって選ぶという感じしょうか。

聴こえ方はどうであれ、
アナログだからって音質が悪いということはなくて、
選択肢も増えて、音楽の楽しみ方も増えました[わーい(嬉しい顔)]

No Remorse

No Remorse

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Sanctuary Records
  • 発売日: 2001/08/21
  • メディア: CD

マランツ CD/スーパーオーディオCDプレーヤーmarantz SA8004 SA8004

マランツ CD/スーパーオーディオCDプレーヤーmarantz SA8004 SA8004

  • 出版社/メーカー: marantz マランツ
  • メディア: エレクトロニクス

東京サウンド 真空管ヘッドホンアンプ VALVE-X-SE

東京サウンド 真空管ヘッドホンアンプ VALVE-X-SE

  • 出版社/メーカー: 東京サウンド
  • メディア: エレクトロニクス


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽