So-net無料ブログ作成

PowerDVD 13 Ultra 購入 [パソコン]

今まで、Blu-rayの再生環境はPCのみで、
PC内蔵のBDドライブ:Pioneer BDR-S07J
http://pioneer.jp/bdd/products/bdr_s07j/
に付属のPowerDVD 10 で再生してました。

しかし、PowerDVD 10 の仕様が古いため、

・いちいちWindowsの画面モードが変更される
・メディアをドライブに挿入してから再生まで時間が長い
・DVD再生時の画質が良くない
・Blu-rayメディアの再生が安定しない

などなど不満があって、
年末年始セールで安かったのもあって、
PowerDVD 13 Ultra アップグレード版を購入しました。
http://jp.cyberlink.com/products/powerdvd-ultra/features_ja_JP.html

PowerDVD131.jpg

実際に使ってみて、自分なりの嬉しい点は次の通りです。

①再生までの時間が短縮
 Blu-rayなどのメディアをドライブに挿入してから
 数秒ほどで再生が開始されるので、
 待ち時間でイライラしません。

②音声出力の切り替えが簡単
 サラウンドや様々な形式の再生・出力機能もありますが、
 スピーカーからデジタル出力への切り替えが簡単で、
 不安定になったり、落ちたりすることもなく、
 サウンドカード:ASUS Xonar Phoebus http://www.asus.com/jp/Sound_Cards_and_DigitaltoAnalog_Converters/ROG_Xonar_Phoebus
 よりデジタル出力できるので高音質で楽しめます。

 外部接続のDAC:ROTEL RDD-06
 http://www.rotel.co.jp/item_list1.html
 を経由して高音質で再生できるのがいいですね!

PowerDVD132.jpg

③映像補正機能
 Blu-rayの映像がきれいなのはもちろんですが、
 DVDを全画面表示(1920×1080)にしたときに、
 くっきり見やすく補正する機能があって、
 コア全体で15%前後程度のCPU負荷できれいに視れます。

 ※PC性能にもよるのでメインPC構成です
   OS: Windows 7 Professional(64bit) 
   CPU: AMD Phenom II X4 965 BE(3.4GHz TDP125W)
   メモリ: 8GB(2GB×4枚)
   M/B: GIGABYTE GA-890GPA-UD3H(Rev2)
   SSD: 120GB(INTEL 510)×2台
   HDD: 1TB(7200rpm)×1台
   ビデオカード: Radeon HD 6870 1GB
   サウンドカード: ASUS Xonar Phoebus

PowerDVD133.jpg


ブルーレイプレーヤーかレコーダーの購入も考えてましたが、
これで気楽に、高画質、高音質で
ライヴ映像などなど楽しむことができるので、
まずは良かったと思います[わーい(嬉しい顔)]


サイバーリンク PowerDVD13 Ultra

サイバーリンク PowerDVD13 Ultra

  • 出版社/メーカー: サイバーリンク
  • メディア: DVD

サイバーリンク PowerDVD13 Pro 特別優待版

サイバーリンク PowerDVD13 Pro 特別優待版

  • 出版社/メーカー: サイバーリンク
  • メディア: DVD

ASUSTeK サウンドカード Xonar Phoebus

ASUSTeK サウンドカード Xonar Phoebus

  • 出版社/メーカー: Asustek
  • メディア: Personal Computers

ROTEL(ローテル) 24bit/192kHz対応USB/DAコンバーター RDD-06

ROTEL(ローテル) 24bit/192kHz対応USB/DAコンバーター RDD-06

  • 出版社/メーカー: ROTEL(ローテル)
  • メディア: エレクトロニクス