So-net無料ブログ作成

JR時刻表2015年2月号と旅の計画 [旅・散歩]

前回の今年最初の旅は、
車輌故障のため高崎までの往復という結果になったので、
その帰りに2月号の時刻表を購入して、
4月ぐらいまでの旅の計画をしました。

2月号のJR時刻表でのポイントとしては、
まずは、3月14日の北陸新幹線開業と、
それに伴うダイヤ改正です。

hokuriku1_DSC03559.jpg

北陸方面へは、
北陸新幹線開業前の在来線を楽しみたかったので、
昨年の10月、11月と富山へ行って、
北陸新幹線開業後に、
石川(金沢)、福井へ行こうと思ってました。

hokuriku2_DSC01096.jpg

2月号のJR時刻表で、
東京駅から富山駅、金沢駅への、
北陸新幹線の料金とダイヤを見たところ・・・

①北陸新幹線利用
 えきねっとトクだ値(指定席+乗車券)は、
 東京駅-富山駅 11,450円 (10%割引)
 東京駅-金沢駅 12,700円 (10%割引)

 往復で計算すると、
 東京駅-富山駅 22,900円
 東京駅-金沢駅 25,400円

②上越新幹線越後湯沢駅経由、特急「はくたか」利用
 新幹線と在来線の乗継割引(指定席)で、
 東京駅-富山駅  5,000円
 東京駅-金沢駅  5,280円
 乗車券は、
 北陸フリー乗車券 東京都区内から10,800円

 往復で計算すると、
 東京駅-富山駅 20,800円
 東京駅-金沢駅 21,360円

③自分的に東京駅で乗車可能な時間の列車
 東京駅に行って乗り換えできる時間を6:40以降とすると、

 北陸新幹線「かがやき503号」では、
 東京駅発 7:20 → 富山駅着 9:34 → 金沢駅着 9:54

 上越新幹線「とき303号」→特急「はくたか2号」では、
 東京駅発 7:00 → 富山駅着10:15 → 金沢駅着10:53


①②③から、北陸新幹線での往復では、
行きの出発の時間差も含めて、
 東京駅-富山駅 約+2,000円で約1時間40分短縮
 東京駅-金沢駅 約+4,000円で約2時間20分短縮
 となり、妥当かな?と思えますが、

④現地で鉄道で移動するなら
 フリーエリアでは乗り降り自由の、
 北陸フリー乗車券(3月13日利用分までで終了) がお得。 

hokuriku3_DSC01161.jpg


⑤3月のホテルが混んでて高い
 いくつかホテルを調べてみると、混んでいるだけでなく、
 なんだか強気の料金設定になるような気がします(汗)


①~⑤の結果、
北陸新幹線開業前にもう一度、北陸に旅しよう!
という結論になって、2月に旅することにしました(鬼)


次のポイントとしては、3月14日から、
常磐線特急「ひたち」「ときわ」が品川駅発着になって、
京浜急行電鉄経由でも便利になるのが嬉しいですが、
新たな着席サービスが気になります。

指定席と自由席の区分をなくして、
車内の空席を利用できる「座席未指定券」ですが、
「座った者勝ち」「団体客や家族連れに気を遣う」などなど、
トラブルや気分の悪いことが起きなければいいのですが・・・

また、
グリーンアテンダントや車内販売などの車内サービスが、
どんどん無くなっていくのは寂しいですね(悲)

東京方面から房総方面への特急の運転本数の減少も寂しいです。

上野東京ライン(上野駅-東京駅間直通運転)に関しては、
2月号のJR時刻表には掲載されてませんが、
自分的には、宇都宮線・高崎線・常磐線方面からの帰りは、
東京駅まで新幹線に乗らなくても、
東海道線直通で1本で帰れるのは便利で、
お金も節約できるのは嬉しいです!

そんな感じで、飽きずに旅のチェックをしてますが、
鉄道の旅好きには、時刻表は見てて楽しいですよね[わーい(嬉しい顔)]

JR時刻表 2015年 02月号 [雑誌]

JR時刻表 2015年 02月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 交通新聞社
  • 発売日: 2015/01/24
  • メディア: 雑誌



nice!(17)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行