So-net無料ブログ作成

愛媛・香川の旅 その10:伊予鉄道編 [旅・散歩-四国]

道後温泉とその近辺での散歩のあと、
道後温泉駅へ行くと「坊っちゃん列車」が到着しました。

shikokuA01b_DSC00728.JPG

明治21年(1888年)から67年間走っていたSL(蒸気機関車)を、
ディーゼルエンジンで復元したのが「坊っちゃん列車」です。

終点の道後温泉に到着したあとは奥の引込み線へ移動して、
人力で機関車を回転させます。

shikokuA02b_DSC00743.JPG

方向転換が完了した機関車です。

shikokuA03b_DSC00756.JPG

しばらく「坊っちゃん列車」を見物してから路面電車に乗車です。

shikokuA04b_DSC00770.JPG

昔ながらの電車で、床も板張りです。

shikokuA05s_DSC00567.JPG

20分ほどで終点の松山市駅に到着、
先ほどの「坊っちゃん列車」に追いつきました。

shikokuA06s_DSC00779.JPG

伊予鉄道の松山市駅は、松山の中心街にあって人も多くて賑やかで、
駅ビルは「いよてつ髙島屋」となってます。

shikokuA07s_DSC00796.JPG

ここで伊予鉄道の市内電車(路面電車)から郊外電車へ乗り換えると、
高松琴平電気鉄道でも走っていた、
懐かしい京王帝都電鉄(京王電鉄)の車輌(5000系)が到着です。

shikokuA08s_DSC00800.JPG

伊予鉄道高浜線で、高浜駅方面への電車に乗車して、
港山駅を過ぎると、伊予灘が見えてきます。

shikokuA09s_DSC02521.JPG

松山市駅から20分ほどで高浜駅に到着します。

shikokuA10s_DSC02524.JPG

高浜駅前にはフェリー乗り場があります。

shikokuA11s_DSC00809.JPG

夕方なので逆光で見難いですが、
夏目漱石の小説「坊っちゃん」で「青嶋」のモデルになった、
四十島(しじゅうしま)です。ターナー島とも呼ばれてます。

shikokuA12s_DSC00814.JPG

高浜駅前を散歩して、駅へ戻ります。

shikokuA13s_DSC00807.JPG

高浜駅の一つ隣の梅津寺駅(ばいしんじえき)へ移動しました。

shikokuA14s_DSC00840.JPG

梅津寺駅のすぐ近くには砂浜が続いてます。

shikokuA15b_DSC00842.JPG

梅津寺駅の改札口の前には、梅津寺公園があります。

shikokuA16s_DSC00851.JPG

この時期は特に見ごろの花はなくて、
お客の姿も見えなかったので入園はしませんでした(汗)

外からの撮影ですが、公園内には、
「坊っちゃん列車」の伊予鉄道1号機関車が保存・展示されてます。

shikokuA17s_DSC02526.JPG

梅津寺駅近辺での散歩のあとは松山市駅へ戻ります。

shikokuA18b_DSC00863.JPG

松山市駅から再び道後温泉へ行きました。

ライトアップされた坊っちゃんカラクリ時計です。

shikokuA19s_DSC00872.JPG

そして、夜の道後温泉本館に到着。

shikokuA20s_DSC00882.JPG

「蜷川実花×道後温泉 道後アート2015」でライトアップされた、
道後温泉本館を見物するのが目的でした!

shikokuA21s_DSC00880.JPG

※2015年10月1日(木)~2016年2月29日(月)までライトアップ

実は、タイミングを逃してしまって、
お昼ごはんを食べてなくてかなり空腹だったので、
美味しい食事を求めて大街道へ移動します。・・・続く[ちっ(怒った顔)]


nice!(41)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行