So-net無料ブログ作成

十日町「地そば」まつりの旅2016年 その2:まつり編 [旅・散歩-北陸]

快速「越乃Shu*Kura」でお酒とジャズを楽しんだあとは、
終着駅のJR飯山線十日町駅から徒歩10分ほどの、
「越後妻有交流館キナーレ」へ移動します。

tokamachi201s_DSC07430.JPG

いよいよ十日町「地そば」まつりの会場に入ります!

tokamachi202s_DSC07375.JPG

1杯300円の小盛そばが15店と、
天ぷら、そばスイーツ(そばクレープ、そば団子)、
地元野菜、地酒、地元特産品などの出店があって、
人も多くて賑わってます。

tokamachi203s_DSC07383.JPG

一昨年の経験から、まず人気店から攻めないと、
売り切れてしまうので一番長い行列へ!

1杯目は「わたや」(小千谷)です。

tokamachi204s_DSC07388.JPG

tokamachi205s_DSC07393.JPG

20分ほど並んだ「みどりのピリ辛鶏つけそば」ですが、
おそば、鶏そぼろ、みどりのラー油がクセも無く合ってます。

2杯目は「そば始め会」(十日町市のそば打ち職人)です。

tokamachi206s_DSC07395.JPG

tokamachi207s_DSC07396.JPG

歯ごたえがちょうどよくて、
余計な具材はなくて、純粋におぞばを食べて楽しめます。

3杯目は「幌加内町」(北海道)のおそばです。

tokamachi208s_DSC07399.JPG

tokamachi209s_DSC07400.JPG

そばの香りが強くもちもちで、
地そば祭りでは、必ず食べておきたい1杯です!

4杯目は「池谷そば」(民宿かくら内)です。

tokamachi210s_DSC07403.JPG

tokamachi211s_DSC07406.JPG

歯ごたえ、そばの香りがバランスよく、
わさびでさっぱりと美味しくて、
予約が必要な、名人が打つおそばを食べられるのが嬉しいですね。

5杯目は「妻有工房 かわきた」です。

tokamachi212s_DSC07408.JPG

tokamachi213s_DSC07410.JPG

地元の玄そばを使用した、コシの強いおそばです。

6杯目は「小嶋屋総本店」です。

tokamachi214s_DSC07413.JPG

tokamachi215s_DSC07415.JPG

食べた瞬間、衝撃的に歯応えが凄い!
つるつるの元祖へぎそばが美味しいです。

7杯目は「まるいち」(小千谷)です。

tokamachi216s_DSC07418.JPG

tokamachi217s_DSC07422.JPG

そばの香りもよくて、つるっとしたへぎそばは、
さっぱりといただける1杯です。

小盛のそばは、冷たいのと暖かいのを選べるので、
気分で変えて楽しめます。

1杯の量は、普通盛の3分の1から半分近いのもあって、
7杯で満腹になって終了です(汗)

おそばを楽しんだあとは、
すぐ隣の「道の駅 クロステン十日町」にある、
越後妻有おみやげ館に行きました。

tokamachi218s_DSC07425.JPG

フロアには雪国越後三大つるし雛の一つの、
「幸せを呼ぶ傘つるし雛」があります。

tokamachi219s_DSC07428.JPG

「最多の手作り詰め物人形展示物」(1万1655個)として、
ギネス世界記録だそうで、実際に見ると圧巻です!


美味しい、楽しい、十日町「地そば」まつりに満足して、
十日町駅へ戻ります。・・・続く[わーい(嬉しい顔)]


nice!(53)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行