So-net無料ブログ作成

遅過ぎた夏休みの四国の旅 その11:大洲散歩後編 [旅・散歩-四国]

大洲では、大洲城を見物してから、
大洲の古い街並みを東へ歩きます。

shikokuB01s_DSC06759.JPG

15分ほど歩くと、大洲神社があります。

shikokuB02s_DSC06840.JPG

急な階段を登ると、立派な拝殿があります。

shikokuB03s_DSC06772.JPG

元弘元年(1331年)から続く歴史を感じます。

拝殿の奥の坂道を下っていくと・・・

shikokuB04s_DSC06775.JPG

臥龍山荘(がりゅうさんそう)に到着します。

shikokuB05s_DSC06828.JPG

臥龍山荘は、
木蝋(もくろう)貿易に成功した河内寅次郎氏が、
明治30年頃から10余年をかけて築造した別荘だそうです。

狭い石段を登って臥龍院(がりゅういん)へ向かいます。

shikokuB06s_DSC06779.jpg

臥龍院の中の部屋を見物します。

神棚の下の広い書院の欄間が特徴の、
清吹の間(せいすいのま)です。

shikokuB07s_DSC06792.JPG

丸窓、濡縁、障子戸、天井板など、
桂離宮様式が取り入れられている、
壱是の間(いっしのま)です。

shikokuB08s_DSC06782.JPG

霞月の間(かげつのま)です。

shikokuB09s_DSC06797.JPG

霞月の間の縁側廊下は仙台松の一枚板で、
線が入っていて板を組み合わせたように見えます。

shikokuB10s_DSC06795.JPG

昔からそのままの部屋へ入れて、
庭園を眺めながら休めるのが嬉しいですね。

shikokuB11s_DSC06788.JPG

臥龍院を出て、庭園の奥へ進みます。

shikokuB12s_DSC06799.JPG

途中に、茶室の知止庵(ちしあん)があります。

shikokuB13s_DSC06802.JPG

狭い入口から、部屋の中を覗きます。

shikokuB14s_DSC06803.JPG

更に奥には、不老庵(ふろうあん)があります。

shikokuB15s_DSC06811.JPG

不老庵は臥龍淵の崖の上に建てられていて、
空中に浮いている感じの部屋です。

shikokuB16s_DSC06813.JPG

肱川(ひじかわ)の眺めも絶景です!

shikokuB17s_DSC06816.JPG

臥龍山荘は見どころも多く、ゆったりくつろげて、
思っていたより長い時間居ました。

臥龍山荘から大洲の街へ戻って、
「おはなはん通り」を歩きます。

shikokuB18s_DSC06844.JPG

NHK朝の連続テレビ小説「おはなはん」のロケ地から、
「おはなはん通り」と言うそうですが、
昭和41年(1966年)のドラマですから、
すみません、さっぱりわかりません(汗)

この通りにある、
郷土料理 旬(しゅん)というお店で、
お昼ご飯にします。

shikokuB19s_DSC06846.JPG

落ち着いた和室で、庭園もあって、ゆっくりできます。

shikokuB20s_DSC06847.JPG

「ふるさと御膳」をいただきます。

shikokuB21s_DSC06851.JPG

ふんわりとした鯛の炊き込みご飯と、
大洲特産の夏芋(里芋)、鶏肉などを煮込んだ
「いもたき」ですが、
和食の味わいと、やさしい出汁で美味しくて、
食べ応えもあって1,080円は嬉しいですね!

大洲城臥龍山荘など、実際に行ってみたら、
見どころが多くて時間もなくなってしまったので、
二葉屋さんで大洲名物の「志ぐれ餅」を買って、
伊予大洲駅へ向かいます。

shikokuB22s_DSC06842.JPG

少彦名(すくひこな)神社や「ポコペン横丁」など、
まだまだ行きたいところがありましたが、
次回のお楽しみができたということで、
また大洲へ行きたいと思います。・・・続く[わーい(嬉しい顔)]

nice!(77)  コメント(6) 
共通テーマ:旅行