So-net無料ブログ作成

横川駅へ、レトロ列車と廃線の旅 その2:アプトの道編 [旅・散歩-関東(北関東)]

JR信越本線の快速「SLレトロ碓氷」(高崎駅→横川駅)で、
SL(蒸気機関車)とレトロ客車を楽しんだあとは、
横川駅から徒歩数分の碓氷峠鉄道文化むらへ向かいます。
https://www.usuitouge.com/bunkamura/index.php

yokokawa201s_DSC01830.JPG

今回は碓氷峠鉄道文化むらには入園しないで、
すぐ横にあるハイキングコース「アプトの道」を歩きます。

yokokawa202s_DSC01655.JPG

「アプトの道」の起点から5分ほど歩いて、
少し道を外れたところに、碓氷関所跡があります。

yokokawa203s_DSC01658.JPG

この東門は、台石や扉、屋根などの一部を使用して、
昭和34年(1959年)に復元されました。

「アプトの道」は、
平成9年(1997年)に廃止になった信越本線など、
鉄道の廃線跡を利用しているので、
線路に沿って、緩やかな坂道が続きます。

yokokawa204s_DSC01814.JPG

歩くのには緩やかな坂道ですが、
鉄道で登るには厳しい勾配なので、
歯車とラックレールを使用したアプト式など、
鉄道の工夫の歴史があります。

碓氷関所跡から約1.3km、20分ほど歩くと、
旧丸山変電所があります。

yokokawa205s_DSC01812.JPG

2棟ある煉瓦造りの丸山変電所は、
明治45年(1912年)に建設され、
国の重要文化財に指定されてます。

yokokawa206s_DSC01804.JPG

「アプトの道」に沿って線路がありますが、
碓氷峠鉄道文化むらの「トロッコ列車ライン」として、
列車が運行されてます。

yokokawa207s_DSC01702.JPG

碓氷峠鉄道文化むらの施設のひとつなので、
入園+乗車券が必要になります(汗)

旧丸山変電所から約1.0km、15分ほど歩くと、
温泉施設の「峠の湯」があります。

yokokawa208s_DSC01708.JPG

ここでトイレを済ませて、先へ行くと、 
1号トンネル(187m)があります。

yokokawa209s_DSC01712.JPG

トンネルへ入ると涼しくて、
ライティングもあって、独特の雰囲気を楽しめます。

yokokawa210s_DSC01716.JPG

1号トンネルを抜けると、山道が続きます。

yokokawa211s_DSC01719.JPG

次に、2号トンネル(113m)に入ります。

yokokawa212s_DSC01726.JPG

2号トンネルを抜けると、碓氷湖があります。

yokokawa213s_DSC01731.JPG

ここまで、
「峠の湯」から約1.0km、15分ほど、
碓氷峠鉄道文化むらからは約3.6kmほど歩いて、
緩やかとはいえ上り坂なので、少し疲れもあるので、
碓氷湖が出現して景色に変化があるのは嬉しですね。

この先はトンネルが3つ連続しますが、
最初の3号トンネル(78m)へ入ります。

yokokawa214s_DSC01736.JPG

4号トンネル(100m)です。

yokokawa215s_DSC01740.JPG

そして、5号トンネル(244m)です。

yokokawa216s_DSC01743.JPG

5号トンネルを抜けると「めがね橋」に到着です。

yokokawa217s_DSC01788.JPG

碓氷峠鉄道文化むらからここまで、
約4.7km、75分ほど歩きました(汗)
(撮影したり景色を眺めながらなので参考です)

「めがね橋」は、明治25年(1892年)に完成した、
川底からの高さが31mある、
国内最大級の煉瓦造りアーチ橋です。

yokokawa218s_DSC01784.JPG

「めがね橋」の下へ降りてみます。

yokokawa219s_DSC01773.JPG

「めがね橋」の実物を見るのは初めてですが、
かなり大きくて歴史を感じる造りでした。

yokokawa220s_DSC01766.JPG

ここで、「めがね橋」を眺めながら、
高崎駅で買った勝沼ワイン(赤)を呑んで休憩です(酔)

yokokawa221s_DSC01782.JPG

この先、約1.2kmには熊ノ平駅がありますが、
この日は結構暑かったので体力の都合と、
帰りの列車の時間を考えて、ここで折り返します(汗)

「アプトの道」は歩きやすくて、
廃線跡の雰囲気や、変化のある景色も楽しめるので、
また紅葉とか桜の季節を狙って行ってみたいです[わーい(嬉しい顔)]

nice!(93)  コメント(6) 
共通テーマ:旅行

横川駅へ、レトロ列車と廃線の旅 その1:SL列車編 [旅・散歩-関東(北関東)]

最近の一週間ほどは、10月、11月の旅の計画・予約で、
時間が無くて記事の投稿の間が空いてしまいました(汗)

さて、9月15日(土)からの3連休ですが、
急な仕事で9月15日(土)が出社になってしまって、
帰りも遅くなったので9月16日(日)は寝坊して、
予定していた切符(1,040円)は無駄になりました(泣)

そのリベンジで9月23日(日)、横川駅へ行きました(鬼)

JR湘南新宿ラインへ乗車して2時間45分ほどで高崎駅に到着、
JR信越本線へ乗り換えます。

yokokawa101s_DSC01555.JPG

JR湘南新宿ラインではグリーン車を利用して、
神奈川県民らしく「横須賀海軍カレーパン」を買ってみて、
軽めに呑み鉄しました。

yokokawa102s_DSC01552.JPG

「横須賀海軍カレーパン」ですが、
香辛料の効いた甘辛のカレーは結構美味しかったです。

ただ、工場での生産品なので、
パンの部分は量販品のカレーパンと同じでした。

高崎駅に到着すると、JR八高線のホームを通って、
上野駅方面側のホームの端へ向かいます。

yokokawa103s_DSC01558.JPG

ホームの端から車両基地を眺めると、
乗車予定の快速「SLレトロ碓氷」が準備してます。

yokokawa104s_DSC01561.JPG

「SLレトロ碓氷」は9:40頃、高崎駅へ入線します。

yokokawa105s_DSC01571.JPG

先頭のSL(蒸気機関車):D51形には客車が5両連結されて、
後ろにはEL(電気機関車):EF65形が連結されてます。

yokokawa106s_DSC01583.JPG

かつて、ブルートレイン(寝台特急)を牽引していた、
昭和40年(1965年)に製造されたEF65形501号機です(懐)

シブい顔つきですね!

乗車するレトロ客車は2号車の
昭和27年(1952年)製造の客車:オハ47形です。
(写真は横川駅に到着してから撮影したものです)

yokokawa107s_DSC01865.JPG

レトロ客車へ乗車しますが、扉のこの感じがたまりません!

yokokawa108s_DSC01589.JPG

昔ながらの座席に座って、高崎駅9:47発車です。

yokokawa109s_DSC01929.JPG

力強くも哀愁のあるSLの汽笛を聴きながら、
「上州D51弁当」で呑み鉄開始です(酔)

yokokawa110s_DSC01595.JPG

榛名豚の叉焼、鶏肉焼き、海老、椎茸などの具材と、
竹炭で色付けした石炭イメージの黒いごはんが美味しくて、
高崎駅からSL列車に乗車するときは、
やっぱり「上州D51弁当」を買ってしまいます(汗)

安中駅10:04到着、8分の停車時間があるので、
駅のホームへ降ります。

yokokawa111s_DSC01613.JPG

手動で開閉する扉のレトロ感もいいですね!

駅のホームへ降りると、
SL:D51形は人気で、人が集まって混雑します(汗)

yokokawa112s_DSC01601.JPG

昭和15年(1940年)から78年、
今も現役で走っていて、有難いですね!

yokokawa113s_DSC01887.JPG

後ろのEF65形501号機も貴重なんですが、
集まる人は少ないです(汗)

yokokawa114s_DSC01608.JPG

安中駅から、
東邦亜鉛安中精錬所の大きな工場を眺めます。

yokokawa115s_DSC01603.JPG

安中駅10:12発車して、磯部駅10:25到着、
ここからラストスパートです。

yokokawa116s_DSC01620.JPG

レトロ客車なので冷房は無くて、
窓を開けて吹き込む風が気持ちいいです。

yokokawa117s_DSC01622.JPG

高崎駅-横川駅間はトンネルがないので、
SLの煙を気にしないて窓を開けられます。

「SLレトロ碓氷」は、いつもならイベントがありますが、
この日はトレーディングカード(全32種類)が配られて、
袋を開けてみると客車の座席でした(笑)

yokokawa118s_DSC03072.JPG

これはどうかと思うのは自分だけでしょうか?
お子様に喜ばれるのかな(汗)

SLは煙を上げて、力強く走ります。

yokokawa119s_DSC01627.JPG

終着駅の横川駅10:49到着、
1時間ほどの「SLレトロ碓氷」の旅は、
楽しくてあっという間でした。

yokokawa120s_DSC01650.JPG

横川駅のホームではイベントがあって、
地元の高校生が和太鼓の演奏で歓迎してくれます!

yokokawa121s_DSC01648.JPG

しばらく迫力のある演奏を楽しんでから、
横川駅の改札を出ます。・・・続く[わーい(嬉しい顔)]


nice!(82)  コメント(12) 
共通テーマ:旅行

鉄道博物館 後編 [旅・散歩-関東(南関東)]

本館1階の展示車両を見物したあとは、本館2階を見物します。

本館2階の目玉は、鉄道車両年表大型模型の展示です。

oomiya201_DSC01482.JPG

oomiya202_DSC01483.JPG

これは見応えがあります。

休憩スペースには、旧型国電:73系電車 のロングシートがあって、
これはいいアイデアですね!

oomiya203_DSC01486.JPG

本館と、7月にオープンした新館の間にも、野外展示車両があります。

oomiya204_DSC01445.JPG

E1系新幹線電車のすぐ横には、駅弁屋があります。

oomiya205_DSC01440.JPG

この駅弁屋でお弁当を買って、
特急電車に乗車した気分で、
183系電車ランチトレインで飲食ができます。
(飲酒はできません)

oomiya206_DSC01425.JPG

座席は、ファミリー用の4人席もあります。

oomiya207_DSC01430.JPG

ぼっちなので、通常の座席に座ります(笑)

oomiya208_DSC01431.JPG

平日のためでしょうか、
駅弁屋で売ってるお弁当の種類が少なくて、
(個人的には)これを買っておけば間違いのない、
定番の「牛肉どまん中」をいただきます。

oomiya209_DSC01437.JPG

ランチトレインの注意事項ですが・・・
結構、食べかすやお菓子のゴミが散乱しているので、
早めのご利用を推奨いたします(汗)

遅いお昼ご飯のあとは、新館(南館)を見物します。

新館1階は、
E514形新幹線電車411形新幹線電車が展示されてます。

oomiya210_DSC01493.JPG

新館の1階には「仕事ステーション」もあって、
運転シミュレータや車掌体験もできますが、
かなり混雑していたのでスルーしました(汗)

新館の2階には「未来ステーション」があって、
クイズ形式とアニメーションで、
未来の鉄道の姿を体験できます。

oomiya211_DSC01490.JPG

再び本館に戻って、北館へ向かう途中には、
鉄道ジオラマ鉄道文化ギャラリーなどがあります。

oomiya212_DSC01497.JPG

oomiya213_DSC01498.JPG

撮影禁止なので、入口のみの写真になります(汗)

コレクションギャラリーでは、
1921年(大正10年)に鉄道博物館がオープンして以来、
収集された資料・コレクションが展示されていて、
面白い+懐かしい光景です。

oomiya214_DSC01500.JPG

本館と北館の間の野外には、
455系電車の展示(ランチトレイイン)があります。

oomiya215_DSC01503.JPG

北館にある「科学ステーション」には、
鉄道の基礎知識・科学に関する映像や展示があって、
参考になります。

oomiya216_DSC01501.JPG

見物してない展示もありますが、ここで帰宅します。

帰りは、新宿駅から小田急ロマンスカーへ乗車します。

oomiya217_DSC01539.JPG

毎度ですが、帰宅するまでが旅(散歩)です!
新宿駅のデパ地下で買った鶏唐揚げ+鶏皮唐揚げで、
呑み鉄です(酔)

oomiya218_DSC01545.JPG

揚げたてで温かい唐揚げは美味しいですね!
鶏皮もカラッと揚がっていてパリパリの食感がいいですね!

今回、初めての鉄道博物館でしたが、
憧れの181系電車や貴重な展示車両を見物できて、
183系電車のランチトレイインでの食事も経験できて、
半日だけでも充実しました。

混んでいてじっくり見れなかった新館は、
また今度のお楽しみにしておきます[わーい(嬉しい顔)]

nice!(90)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

鉄道博物館 前編 [旅・散歩-関東(南関東)]

関西地域での台風、北海道での大地震と、
災害が続いておりますが、
被災された皆様に、心からお見舞い申し上げます。

早期の復旧、復興を願っておりますが、
毎度、電気や水道など、生活インフラの問題が発生して、
どうして事前に想定・対策ができないのかと心を痛めます。

日本中どこでも大災害の可能性はあるので、
他人事と思わず、災害に備えておくのが重要ですね。


さて、先週金曜は仕事の調整で貴重な平日の休みでしたので、
埼玉県さいたま市にある鉄道博物館へ行ってみました。

JR大宮駅からニューシャトルへ乗り換えて、
1つ目の駅、鉄道博物館(大成)駅で下車します。

oomiya101_DSC01345.JPG

JR上越新幹線と並んで走るニューシャトルですが、
乗車するのは今回が初めてで、
急カーブ、急勾配など、特徴があって面白かったです。

駅の改札を出るとすぐに、鉄道車両の車輪が展示されてます。

oomiya102_DSC01355.JPG

SL(蒸気機関車):D51 のカットモデルがあるのも、
鉄道博物館の駅前といった感じです。

oomiya103_DSC01356.JPG

駅の改札から歩いて1~2分で鉄道博物館の入口に到着です。

oomiya104_DSC01358.JPG

鉄道博物館だけあって、鉄道交通系ICカードでも入場できます。

実は、今回はPASMOの残高を使っておくのも目的で、
通勤定期券の延長になる交通費と入館料はPASMOで済ませます。

本館に入るとすぐに、1871年(明治4年)製造の
1号機関車(150形式蒸気機関車)が迎えてくれます。

oomiya105_DSC01360.JPG

その隣には、1880年(明治13年)製造の
弁慶号機関車(7100形蒸気機関車)が展示されてます。

oomiya106_DSC01509.JPG

輸入された蒸気機関車なので、派手なスタイルですね。

1930年(昭和5年)製造の客車:マイテ39形 は、
見てみたかった客車です。

oomiya107_DSC01369.JPG

車内へは入れませんが、豪華な展望室が再現されてます。

oomiya108_DSC01366.JPG

その奥には、1936年(昭和11年)製造の
電気機関車:EF55形 が展示されてます。

oomiya109_DSC01381.JPG

流線型のボディがシブいです。

2009年まで動態保存されていたのに、
見れなかったのが残念でしたので、今回見れて良かったです。

更に奥へ進むと電気機関車:EF66形 が展示されてます。

oomiya110_DSC01521.JPG

こちらも現代的な流線型のボディで、運転席へも入れます。

oomiya111_DSC01524.JPG

1920年(大正9年)製造の
SL:C51形 も貴重な展示です。

oomiya112_DSC01421.JPG

本館1階の中央にある1940年(昭和15年)製造の
SL:C57形 です。

oomiya113_DSC01386.JPG

この奥には電車:クモハ455形(左)、クハ181形(右)
が展示されてます。

oomiya114_DSC01393.JPG

クハ181形は、子供の頃に憧れた電車で、今回一番の目的です!

oomiya115_DSC01397.JPG

車内もじっくり見物します。

oomiya116_DSC01401.JPG

うーん、現役時代に一度乗車してみたかったです(懐)

本館2階へ上がって、上からの眺めも壮観です!

oomiya117_DSC01465.JPG

もちろん、クハ181形もじっくり眺めます。

oomiya118_DSC01475.JPG

この日は平日なので空いてると思ったのですが、
幼稚園、小学校の遠足や、ご近所のママさんなど、
結構混んでました(汗)

特に撮影するときは、
スマホ弄りのママさんが立ち止まっていて、
なかなか根気が必要でした(笑)

本館1階中央のSL:C57形 ですが、
定刻になると転車台回転ショーがあって、
この時間はC57に人が集まるので、
他の展示の見物チャンスになります(笑)

oomiya119_DSC01477.JPG

実際に走っているSLに乗車、見物していると、
個人的には展示車両の転車台、汽笛よりは、
他の展示を優先します(汗)

全ての展示はご紹介できませんが、
思い入れのある車両を中心に、次の展示へ急ぎます。
・・・続く[わーい(嬉しい顔)]


nice!(83)  コメント(8) 
共通テーマ:旅行

JR東日本東京総合車両センター「夏休みフェア2018」 [旅・散歩-関東(南関東)]

北斗の拳35周年×京急120周年記念キャンペーン
の見物に続いて、その翌日の8月25日(土)は、
JR東日本東京総合車両センター「夏休みフェア2018」
が開催されてたので行ってみました。

東京総合車両センターは、
JR京浜東北線、東急大井町線、東京臨海高速鉄道りんかい線
が乗り入れている大井町駅のすぐ近くにあります。

ooimachi101_DSC01199.JPG

「夏休みフェア2018」の開催時間は10:00~15:00で、
大井町駅に到着したのが10:45頃でしたが、
商店街から長蛇の行列ができていて、
列に並んでから入場するまで20分以上かかりました(汗)

入場するとすぐに、現在のJRの電車の基礎となった、
クハ901-1号車(クハ209-901)が展示してあります。

ooimachi102_DSC01205.JPG

場内も、もの凄く人が多いです(汗)

ooimachi103_DSC01208.JPG

大きな工場へ入ると、整備中の車両が並んでいて壮観です!

ooimachi104_DSC01217.JPG

上下させる体験もできるパンタグラフの展示です。

ooimachi105_DSC01213.JPG

ちょうど、車体の上げ下ろし実演が始まったので、
見物しました。

ooimachi106_DSC01227.JPG

台車から外されて吊り上げた車体は、
真上に近いところまで移動してくれます。

ooimachi107_DSC03041.JPG

5年前にも「夏休みフェア2013」に行きましたが、
このときは午前中は出勤で、
入場したのは午後になって時間もなくて、
実演はほとんど見れなかったので、
じっくり見物できて、楽しめました。

一旦、工場から外に出ると、
車輪やクーラーなどのパーツが並んでいて、
工場独特の雰囲気が楽しめます。

ooimachi108_DSC01250.JPG

ooimachi109_DSC01301.JPG

次は台車の展示を見物します。

ooimachi110_DSC01271.JPG

台車が間近で見れて、触れられます。

ooimachi111_DSC01268.JPG

台車組立作業の実演も見物できました。

ooimachi112_DSC01254.JPG

電車のモーターの展示もあります。

ooimachi113_DSC01277.JPG

工場内には整備中の車両も沢山あって、
こんな風景もなかなか見れませんね。

ooimachi114_DSC01284.JPG

そして、
工場を抜けた一番奥では車両が展示されてますが、
今回は、近くで見れる(撮影できる)のは、
少人数の入替制なので長蛇の列でした(汗)

ooimachi115_DSC01283.JPG

遠くからカメラを持ち上げて、できる限りの望遠で、
なんとか撮影できた1枚です(汗)

このあと、列の最後尾まで歩いていきますが・・・
途中で打ち切りの放送があって諦めました(沈)

お召列車仕様の電気機関車:EF58 61
は貴重なので、近くでじっくり見たかったですね。

5年前のときは、いつでも近くで見れたのに、残念です。
(2013年の写真です)

ooimachi116_DSC03446.JPG

鉄道模型やプラレールの展示もあります。

ooimachi117_DSC01295.JPG

消防車の展示もあって、はしご車の体験もできます。

ooimachi118_DSC01300.JPG

暑いし、人も多くて身動き取れないし・・・
ここで退場します。

まだ12:00なので、
JR京浜東北線で、大井町駅から浜松町駅へ移動します。

ooimachi119_DSC01305.JPG

浜松町駅から増上寺へ向かって5分ほど歩くと、
大門(増上寺の旧総門)があります。

ooimachi120_DSC03042.JPG

大門から数分のところにある、
重要文化財の三解脱門(さんげだつもん)を通ります。

ooimachi121_DSC01310.JPG

三解脱門の先には大殿(だいでん)がありますが、
背後にどーんと東京タワーがあって映えます。

ooimachi122_DSC01326.JPG

徳川家霊廟芝東照宮へも行きたかったですが、
あまりにも暑いので、ここで散歩は終了して、
またの機会に訪れたいと思います(汗)


JR東日本東京総合車両センターの見物も、
増上寺近辺での散歩も、
暑さや混雑もあって中断してしまいましたが、
大井町駅も浜松町駅も、通勤定期券で途中下車できるので、
交通費0円、これはこれで満足しました(笑)

通勤は2時間近くかかりますが、
こんな恩恵もあるので、また楽しみたいと思います[わーい(嬉しい顔)]

nice!(86)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行