So-net無料ブログ作成

銚子へ散歩と鉄道の旅 その1:銚子電鉄編 [旅・散歩-関東(南関東)]

10月に入ってから涼しい日も多くなってきて、
歩くのが楽しい季節ですね!ということで、
10月7日(日)に千葉県の銚子へ行ってきました。

地元神奈川県から、JR東海道本線で東京駅に到着すると、
寝台特急「サンライズ瀬戸・サンライズ出雲」が、
ちょうど到着するところでした。

choshi101s_DSC02039.JPG

今年も11月に四国への旅を予定しているので、
「サンライズ瀬戸」への乗車が楽しみです。

choshi102s_DSC02043.JPG

「サンライズ瀬戸・出雲」を出迎えたあとは、
東京駅のJR総武本線地下ホームから発車する、
特急「しおさい1号」に乗車します。

choshi103s_DSC02053.JPG

特急「しおさい」の指定席・乗車券は、
えきねっとで40%割引で、手軽に行けるのが嬉しいです。

東京駅7:37発車、次の停車駅の錦糸町駅近辺で、
スカイツリーを眺めながら、呑み鉄を開始します(酔)

choshi104s_DSC02061.JPG

いつもより少し遅い出発時間と、3連休なのもあって、
東京駅の駅弁屋は大混雑してて、
ゆっくりお弁当選びできる状況ではなかったので、
困ったときの「チキン弁当」で堅実に攻めます(笑)

choshi105s_DSC02058.JPG

「チキン弁当」は、
柔らかくて、絶妙な味付の鶏の唐揚げと、
ケチャップ味のチキンライス、
スモークチーズ、サラダなど、
いつでも安心できる美味しさですね!

約2時間乗車して、終着駅の銚子駅に9:34到着します。

choshi106s_DSC02066.JPG

銚子にはヤマサ醤油、ヒゲタ醤油などの醤油工場が多いので、
駅のホームには醤油の樽があって、象徴的な存在ですね。

choshi107s_DSC02063.JPG

銚子駅では、銚子電鉄へ乗り換えます。

choshi108s_DSC02070.JPG

赤字で何度もピンチになった銚子電鉄ですが、
「絶対にあきらめない ちょうし駅」の表示は、
強いメッセージ性があります。

choshi109s_DSC02361.JPG

銚子電鉄のホームに行くと、
2両編成の電車:2000系(元京王電鉄2010系)が停車してます。

choshi110s_DSC02073.JPG

2両のうち1両は「大正ロマン電車」として、
今年(2018年)6月から運行されてます。

choshi111s_DSC02080.JPG

車内は木製風に改装されていて、
大正時代の雰囲気があります。

choshi112s_DSC02093.JPG

のれんやステンドグラス風の窓がシブいですね!

choshi113s_DSC02086.JPG

銚子駅9:48発車、のんびり走る電車に揺られて、
旅の気分が盛り上がります。

途中、笠上黒生(かさがみくろはえ)駅がありますが、
スカルプケア系の企業がネーミングライツ権を購入して、
髪毛黒生(かみのけくろはえ)駅の表示が有名です。

choshi114s_DSC02091.JPG

約20分乗車して、外川駅に10:08到着、
約6.4km、全10駅の銚子電鉄の終着駅です。

choshi115s_DSC02101.JPG

大正12年(1923年)から使っている木造の駅舎が貴重です。

choshi116s_DSC02116.JPG

待合室内も木製のベンチなど、レトロ感があります。

choshi117s_DSC02110.JPG

外川駅には、現役引退したデハ800形電車が留置されてます。

choshi118s_DSC02096.JPG

この日はデハ800形電車の車内が公開されてました。

choshi119s_DSC02113.JPG

車内に入ってみると、昔ながらの雰囲気がたまりません!

choshi120s_DSC02106.JPG

そして、銚子市と旭市(旧飯岡町)がモデルと言われている、
アニメ映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」の
キャラクターがありました。

choshi121s_DSC02102.JPG

最初は何のキャラクターかわかりませんでしたが(汗)

特急電車とローカル私鉄の鉄道の旅を楽しんだあとは、
海岸線を散歩します。・・・続く[わーい(嬉しい顔)]

nice!(78)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行