So-net無料ブログ作成

鎌倉花見散歩2019年 その1:源氏山公園編 [旅・散歩-関東(神奈川)]

今年も桜(ソメイヨシノ)が咲き始める時期になって、
3週続けての週末、花見の旅を計画しました。

最初の計画は3月30日(土)で、
静岡県の伊豆方面へ行く予定で、
快速「伊豆クレイル」グリーン指定席券がとれてました。

天気予報では雨が降りそうでも決行するつもりでしたが、
前日までの情報を見ても、予定の行先では3分咲き以下で、
肝心の目的が・・・ということで、
前日に切符をキャンセルして計画を変更ました。
(これができるのが、えきねっとは便利ですね!)

3月30日(土)、
行先を神奈川県の鎌倉方面へ変更して、
JR横須賀線の北鎌倉駅で下車します。

kamakura101s_DSC05306.JPG

北鎌倉駅すぐ近くの円覚寺(えんがくじ)の前を通ります。

kamakura102s_DSC05309.JPG

5分咲きぐらいでしょうか、桜がありますね!

北鎌倉駅から歩いて7~8分ほど、
源氏山公園へのハイキングコースへ入ってすぐにある、
浄智寺(じょうちじ)に到着します。

kamakura103s_DSC05316.JPG

惣門 (高麗門)を入って参道を登って行くと、
鎌倉では珍しい中国式の鐘楼門があります。

kamakura104s_DSC05320.JPG

まだ朝の7:00過ぎ、拝観(9:00から)には早すぎるので、
外から桜を眺めます。

源氏山公園へのハイキングコースへ戻ると、
早咲きの桜が散り始めてます。

kamakura105s_DSC05323.JPG

浄智寺から5分ほど歩くと、
舗装されてなくて、木の根が這っている山道へ入ります。

kamakura106s_DSC05326.JPG

浄智寺から10分ほど(北鎌倉駅から20分ほど)歩くと、
浄智寺の住職も勤めていた、元(中国)の僧の
竺仙梵僊(じくせんぼんせん 1292-1348年)
が名付けたと言われている、
天柱峰(てんちゅうほう 標高97m)に到着します。

kamakura107s_DSC05329.JPG

道の脇にある小高い岩の上にある感じなので、
先を急いで足元に注意してると見逃すかも?です。

この先は岩を越えたり、更に歩き難くなります(汗)

kamakura108s_DSC05330.JPG

整備されている階段が見えてくると、
もうすぐ源氏山公園です。

kamakura109s_DSC05331.JPG

浄智寺から20分ほど(北鎌倉駅から30分ほど)歩くと、
葛原岡(くずはらおか)神社に到着します。

kamakura110s_DSC05338.JPG

ほぼ満開の桜を見物して、旅の無事に感謝します。

kamakura111s_DSC05334.JPG

ここからは、鎌倉の山々の眺めもいいですね。

kamakura112s_DSC05342.JPG

葛原岡神社から5分ほど歩くと源氏山公園に到着します。

kamakura113s_DSC05345.JPG

散ってきている早咲きの桜と、
まだ満開には早い桜ばかりですが、
所々に見ごろの桜もありました。

kamakura114s_DSC05347.JPG

源氏山公園の奥へ行く途中に、
鎌倉七切通しのひとつの化粧坂(けわいざか)があります。

kamakura115s_DSC05348.JPG

まだ7:45ぐらいで人も居ないので、少し下りてみましたが、
下から見上げると、急な岩ばかりで険しさがわかります(汗)

kamakura116s_DSC05365.JPG

数分歩くと源頼朝像の広場へ到着しますが、
見ごろの桜は少ないです。

kamakura117s_DSC05349.JPG

1965年、源頼朝が鎌倉入りをしてから800年の記念につくられた、
源頼朝像です。

kamakura118s_DSC05351.JPG

少ない見ごろの桜ですが、
ほぼ人が居ないので、ゆっくりと静かに楽しめます。

kamakura119s_DSC05354.JPG

更に奥へ進むと、
見ごろの桜も多くなってきました!

kamakura120s_DSC05355.JPG

ここで、北鎌倉駅までの途中の大船駅で買った、
大船軒の「伝承 鯵の押寿し」と、
自宅から持参した大七「生もと梅酒スパークリング」
で乾杯です(酔)

kamakura121s_DSC05364.JPG

「伝承 鯵の押寿し」は、
まろやかで柔らかい鯵の旨みがお酒と合って、
生臭さもなく、鯵のトロ的な美味しさです。

「生もと梅酒スパークリング」は、
さっぱりとした梅の甘さと酸味がちょうどよくて、
爽やかな呑み心地です。

なぜ梅酒かというと・・・
2月、3月は梅の花でも花見する予定でしたが、
仕事や天気の事情で行けなかったので、
梅酒で桜を楽しもうと思って持参しました(汗)

kamakura122s_DSC05358.JPG

しばらく花見を楽しんでから、更に歩きます。・・・続く[わーい(嬉しい顔)]


nice!(86)  コメント(8) 
共通テーマ:旅行

鉄道模型(Nゲージ):ターンテーブル [趣味]

今年のGW(ゴールデンウィーク)の計画ですが、
やっと時間をつくって考えることができましたが、
既に遅くて宿もいっぱいで、
僅かに空室があっても料金はかなり割高なので、
先日、旅行会社のJさんで相談してみました。
(ビジネスホテル系で普通に1泊15,000円以上とか・・・)

その結果、今年の青森での花見は諦めましたが、
1泊で2回に分けて、通常価格で宿がとれたので、
3月30日から3連週の花見の旅も含めて、
5回の旅を全力で前調査・計画中です(汗)

そんな状況で引き籠ってますので、
前回に続いて、鉄道模型(Nゲージ)の記事になります(笑)


NゲージSL(蒸気機関車)の精巧なつくりに加えて、
前回の記事のサウンドボックスを導入することで、
音も楽しむことができました。

(写真はKATO製 C57 1次形
turntable01_DSC05258.JPG

turntable02_DSC05259.JPG

運転台も表現されているので、
運転士の人形を乗せても楽しめます。

turntable03_DSC05268.JPG

SLといえば、転車台が特徴のひとつですが、
気になって、気になって・・・
KATO製の電動ターンテーブルを購入してしまいました(貧)

turntable04_DSC03434.JPG

箱を開けると、コントローラや説明書などが、
きれいに整列されて入ってます。

turntable05_DSC03437.JPG

内容は、
ターンテーブル本体と付属パーツ、専用の線路、
コントローラ、ACアダプタ、ケーブル類などです。

turntable06_DSC03438.JPG

組み立ててみると、
ターンテーブル本体の薄さがわかります。

turntable07_DSC03442.JPG

C57 1次形を乗せて回してみます。

turntable08_DSC03447.JPG

リアルな回転速度と、停止直前に減速するところが、
カッコイイです。

これだけでは寂しいので、
拡張線路セットをつなげてみます。

turntable09_DSC03454.JPG

こんな感じに、転車台の風景に近づきました。

turntable10_DSC03456.JPG

そしてもうひとつ、扇形機関庫を追加してみます。

turntable11_DSC03457.JPG

転車台の風景らしくなりました!

turntable12_DSC03458.JPG

SLを並べてみると、ニヤニヤとしてしまいますね(笑)

turntable13_DSC03472.JPG

写真の上側から、
C57 1次形、C56 小海線、C59 戦後形 呉線、
D51 498、C12、C62 山陽形(呉線) です。

機関車の入れ替えだけしても、楽しく遊べます。

turntable14_DSC03475.JPG

SLに必要な給炭・給水施設や、構内施設など、
設置してもリアルに楽しめそうですが、
ターンテーブルセットを組み立てるだけでも
結構な時間がかかるので、
モジュールレイアウト(ジオラマ)として、
造り込んでおくことも考え中です(汗)

好きな車両、思い入れのある列車を集めて、
雨の日でも旅気分で走らせて楽しめたらと、
復活したNゲージ趣味ですが、
進化も素晴らしく、ハマっていきますね[ふらふら]






nice!(95)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

鉄道模型(Nゲージ):サウンドボックス [趣味]

一昨年(2017年)12月に、15年ぶり?に復活した趣味の
鉄道模型(Nゲージ)ですが、ちょっとした旅気分で、
旅で乗車して楽しかったり、思い入れのある列車・車両を、
鑑賞したり、走らせてみたりしてます。

最初に配備(購入)したのは、
子供のころから憧れていて一度も乗車できなかった、
181系特急電車(KATO製)です。

soundbox01_DSC05239.JPG

四国の旅へ行くときにお世話になっている、
285系特急電車「サンライズエクスプレス」も、
もちろん配備しております。

soundbox02_DSC05240.JPG

NゲージにはSL(蒸気機関車)もありますが、
煙が出ないですし、価格的も高価なので、
手を出すつもりはありませんでしたが・・・
快速「SLみなかみ」「SL碓氷」などでお世話になった、
SL:D51 498(KATO製)が気になって、
購入してしまいました(汗)

soundbox03_DSC05243.JPG

soundbox04_DSC05248.JPG

精巧なつくりで、実感的なのが素晴らしいです!

soundbox05_DSC00600.JPG

しかし、走らせてみると・・・
煙も出ないし、モーター音だし、物足りないです(汗)

やっぱり観賞用かな?と思っていたところ、
速度に同調して臨場感のある音を楽しめるという、
「サウンドボックス」というKATO製品があったので、
購入してみました(貧)

soundbox06_DSC05289.JPG

本体は、右側にスピーカーがあって、
スイッチ類はシンプルな配置となってます。

soundbox07_DSC05279.JPG

左上側のスロットへ「サウンドカード」を差し込むことで、
様々な列車の音に切り替えができます。

soundbox08_DSC05284.JPG

6つあるボタンでは、警笛やブレーキなど鳴りますが、
「サウンドカード」で変わります。

「サウンドボックス」は単体では運転できないので、
コントローラー(パワーパック)へ接続します。

soundbox09_DSC02918.JPG

実際に運転すると、列車の動作に応じて、
リアルな音がいい感じです!

音声とか動画とか掲載したいですが、
録音設備とか編集の時間の都合もあって、
またの機会にしたいと思います(汗)

こちらは試聴サイトです。
https://katomodels.net/soundbox/lineup/

KATO製以外の車両でも、
音のタイミングを微調整つまみで調整できますし、
加工をしないで音を楽しめるなんて、
時代は進歩しましたね(笑)

soundbox10_DSC05285.JPG

それから、
C62 山陽形(呉線)、C59 戦後形 呉線、
C12、C57 1次形、C50、C56 小海線
と増備してきて、
最新の、C62 常磐形 ゆうづる牽引機 で、
SLは8両となりました(貧)

soundbox11_DSC05270.JPG

soundbox12_DSC05272.JPG

煙はなくても、音でSLを楽しめるようになりましたが、
DD51型ディーゼル機関車キハ58系気動車などの、
ディーゼルエンジンのアイドリングや加速音も楽しいです。

soundbox13_DSC05277.JPG

他の形式の気動車へも流用しても楽しめます。

今は「サウンドカード」も増えましたが、
個人的に、ひとつ残念なのは、
日本の電気機関車の「サウンドカード」の発売がないことです。

soundbox14_DSC05283.JPG

電気機関車の「サウンドカード」があれば、
様々な列車が楽しめて、充実するので、
是非とも発売よろしくお願いいたします(望)

予算的には厳しいですが、音で楽しめるようになって、
進歩した鉄道模型は素晴らしいですね[わーい(嬉しい顔)]





KATO サウンドボックス (サウンドカード別売) 22-102 鉄道模型用品

KATO サウンドボックス (サウンドカード別売) 22-102 鉄道模型用品

  • 出版社/メーカー: カトー(KATO)
  • メディア: おもちゃ&ホビー
KATO Nゲージ サウンドカード D51 22-221-1 鉄道模型用品

KATO Nゲージ サウンドカード D51 22-221-1 鉄道模型用品

  • 出版社/メーカー: カトー(KATO)
  • メディア: おもちゃ&ホビー
KATO Nゲージ サウンドカード DD51 22-271-1 鉄道模型用品

KATO Nゲージ サウンドカード DD51 22-271-1 鉄道模型用品

  • 出版社/メーカー: カトー(KATO)
  • メディア: おもちゃ&ホビー
KATO Nゲージ サウンドカード キハ58 22-202-6 鉄道模型用品

KATO Nゲージ サウンドカード キハ58 22-202-6 鉄道模型用品

  • 出版社/メーカー: カトー(KATO)
  • メディア: おもちゃ&ホビー

nice!(96)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2019年河津桜花見の旅 その3:伊豆急下田編 [旅・散歩-東海]

河津桜の花見から、伊豆急の河津駅へ戻ると、
まだお昼前、11:30過ぎというのに、
上りの熱海駅方面のホームは大混雑してます(汗)

izu301s_DSC05095.JPG

こちらは、混雑していない下り電車で、
伊豆急下田駅へ向かいます。

5分ほど遅れて、河津駅11:41発車した、
特急「踊り子105号」伊豆急下田駅行きを見送ります。

izu302s_DSC05106.JPG

20分近く遅れて到着した、
伊豆急下田駅行きの電車に乗車します。

河津駅を12:08頃発車すると、
車窓からの河津川の風景がきれいですが、
人で混雑しているのもわかりますね(汗)

izu303s_DSC05131.JPG

12:20頃、伊豆急下田駅に到着、
この電車に乗車してました。

izu304s_DSC05145.JPG

そう、黒船電車です。

izu305s_DSC05143.JPG

車内は、黒船の歴史などの説明が貼ってあって、
海側は窓側へ向いた座席、
山側は2人掛けのボックスシートで、
リゾート列車仕様ですが、運賃だけで乗車できます。

izu306s_DSC05133.JPG

伊豆急下田駅では、
貴重な国鉄型の185系電車が並んでました。

izu307s_DSC05141.JPG

こんな光景はいつまで見れるのかな?
と思っていると、特急「スーパービュー踊り子」の、
251系電車が到着します。

izu308s_DSC05173.JPG

185系電車E257系電車へ置き換えとなりますが、
251系電車も、新型のE261系電車の登場が予定されていて、
今後はどうなるかわかりませんので、
185系電車251系電車が並ぶ光景は貴重ですね(汗)

一旦、伊豆急下田駅の改札を出ます。

izu309s_DSC05165.JPG

混雑で電車が遅れて、
乗車予定の列車まで時間が半端なので、
駅の近く、歩いて5分ほどのところにある、
波布比咩命神社(はぶひめのみことじんじゃ)へ行ってみると、
河津桜が満開です!

izu310s_DSC05152.JPG

さらに5分ほど歩いて、
伊豆急下田駅の北側の踏切から、
185系電車を見送ります。

izu311s_DSC05159.JPG

去り行く185系電車ですが、
逆光なのもあって、哀愁を感じます(寂)

伊豆急下田駅へ戻って、
13:03発車の特急「踊り子108号」へ乗車します。

izu312s_DSC05168.JPG

今年も、河津桜の花見に伊豆へ行った理由ですが、
通勤のときなど東海道本線で、
E257系電車の試運転をよく見かけるようになって、
185系電車の引退を実感したので、
乗車しておきたい想いがあったからです!

奮発して、4号車のグリーン車へ乗車します。

izu313s_DSC05180.JPG

ちょっとくたびれたシートと、すり減った絨毯、
窓が開けられる造りが、懐かしさを感じます。

izu314s_DSC05191.JPG

「金目鯛押し寿司(匠の3種)」と、
純米酒「黒船 ペリー提督」で呑み鉄です(酔)

izu315s_DSC05188.JPG

「金目鯛押し寿司(匠の3種)」(1,300円)は、
金目鯛の押し寿司、金目鯛の炙りの押し寿司、
そして山葵の葉に包まれた押し寿司の3種類が楽しめます。

純米酒「黒船 ペリー提督」は、
マイルドで、さっぱりした甘口の日本酒で、
お寿司とよく合って、美味しくいただきました。

河津川を渡って、13:17河津駅に到着すると、
3名しか乗客が居なかったグリーン車も満席になります(汗)

izu316s_DSC05194.JPG

河津駅を発車すると、相模湾の海の風景が続きます。

izu317s_DSC05202.JPG

「金目鯛押し寿司(匠の3種)」を食べ終わって、
「あぶりさんまの棒寿司」(700円)をいたたきます。

izu318s_DSC05197.JPG

「あぶりさんまの棒寿司」はコスパが良くて、
美味しいので、ついつい買ってしまいました(笑)

たぶん、これだけでも充分かもしれません(汗)

小田原駅14:47到着、箱根登山鉄道へ乗り換えますが、
14:50発車なので、ダッシュで乗車して、
箱根湯本駅へ向かいます(汗)

izu319s_DSC05228.JPG

箱根湯本駅近くでは、桜が見ごろでした。

izu320s_DSC05229.JPG

箱根湯本駅15:07到着、15:08発車する、
小田急ロマンスカー「はこね54号」新宿行きへ乗車します。


(撮影する時間もなかったので、写真は2018年6月のものです)
izu321s_DSC00389.JPG

買物する時間もなかったので、
車内販売で、ハイボールと「カットラスク」をいただきます。

izu322s_DSC05233.JPG

角ハイボールは車内販売だと高めですが、
コップと氷が付くのはいいですね!

さて、今までの河津桜花見の教訓は、

・通勤ラッシュ並みの混み具合なので朝一で行くこと
・河津駅は清算で大行列になるので切符は目的地まで買う
・河津駅も会場もトイレは大行列なので済ましておく

ですが、
帰りは普通電車は激混みなので、
特急の利用客も増えて自由席・指定席も混んで、
グリーン車でも関係なく混雑・殺伐としてましたので、

・日曜祭日は避けること

を、今回新たな教訓に追加いたします(笑)


大混雑はしましたが、ちょうど満開の河津桜と、
185系電車、美味しいものを楽しめたので、
満足したいい旅ができました[わーい(嬉しい顔)]


nice!(98)  コメント(12) 
共通テーマ:旅行

2019年河津桜花見の旅 その2:河津後編 [旅・散歩-東海]

河津桜まつりのメイン会場(河津川沿い)の次は、
温泉街を歩きます。

izu201s_DSC04972.JPG

河津駅からだど25分ほど歩くでしょうか、
峰温泉大噴湯公園に到着します。

izu202s_DSC04973.JPG

ここには、噴湯の櫓があります。

izu203s_DSC04980.JPG

満開の河津桜もあります。

izu204s_DSC05011.JPG

ゆるキャラ「フントー君」像の前に座って、
ひと休みします。

izu205s_DSC05006.JPG

温かい温泉たまごをいただきます。

izu206s_DSC05003.JPG

2個で150円、お手頃価格で美味しいです。

9:30過ぎに、温泉大噴射が始まります。

izu207s_DSC04997.JPG

この大噴射は、
高さ30mまで噴き上がる自噴水だそうです。

温泉大噴射を見物したあとは、
再び河津川沿いへ戻ります。

峰温泉近くの川沿いには無料の足湯もあって、
花見を楽しみながら足湯に入ることができます。

izu208s_DSC05019.JPG

峰温泉大噴湯公園から歩いて5分ほどの、
豊泉橋を渡ります。

izu209s_DSC05025.JPG

ここからの眺めもいいですが、
せっかくの風景に横切る電線が残念です(汗)

豊泉橋から歩いて10分ほどの、
来宮神社(きのみやじんじゃ)へ向かいます。

izu210s_DSC05039.JPG

旅の安全と、今年もここへ来れたことに感謝します。

izu211s_DSC05037.JPG

来宮神社の奥には、国指定天然記念物の
「杉桙別命神社(すぎほこわけのみことじんじゃ)の大クス」
があります。

izu212s_DSC05031.JPG

樹齢1,000年以上の大木は、歴史を感じます。

その隣にひっそりとある、秋葉山神社にも立ち寄ります。

izu213s_DSC05033.JPG

来宮神社で甘酒(100円)をいただいて、
ひと休みしてから、河津桜の原木へ向かいます。

5分ほど歩くと、
大渋滞の先に満開の河津桜が見えます。

izu214s_DSC05044.JPG

それが河津桜の原木です。

izu215s_DSC05041.JPG

道路沿いの民家のところに咲いてますので、
さらっと見物して、河津駅へ向かいます。

途中の駅前の大通りには、
河津桜観光交流館があって、
観光案内所やお土産などがあります。

izu216s_DSC05052.JPG

大きな駐車場もあって、
大型観光バスが頻繁に出入りしますが、
その光景と道路の渋滞を見ていると、
鉄道の輸送量と確実性は素晴らしいと思います。

izu217s_DSC05054.JPG

河津駅を越えて、
河津川沿いを海岸方面へ向かいます。

izu218s_DSC05060.JPG

沢山の出店の中、
「ハイブリッド猿回し」なるものをやってました。

izu219s_DSC05077.JPG

「ハイブリッド猿回し」って?ググってみたら、
音大出身の先生がやっている音楽との融合だったんですね。

意味がわかったところで、
もっとじっくり見物して来ればよかったです(汗)

河津駅から歩いて10分ほどで海岸へ到着します。

izu220s_DSC05070.JPG

海岸で散歩できるのも河津のいいところですね。

花見をしながら、再び河津駅へ戻ります。

izu221s_DSC05067.JPG

今年の河津桜の花見は、
散り始めている桜もありましたが、
地元の方と話したところ、ちょうど満開だったそうで、
天気も晴れて良かったです。人は大混雑でしたが(汗)
・・・続く[わーい(嬉しい顔)]


nice!(82)  コメント(6) 
共通テーマ:旅行

Yahoo!ブログ 終了のお知らせ [紹介]

河津桜花見の旅の記事の途中ですが、
Yahoo!ブログが2019年12月15日でサービスを終了すると、
2月28日(木)に発表がありましたので、
文字だけの臨時の記事になります(汗)

当ブログの開始当時(2010年)、
どのブログサービスを利用するか検討した結果、
最終的に4つのサービスを同時に利用して、
同じ記事・内容にして試してみることにしました。

 ①J:COMホームページ・ブログサービス
 →契約しているプロバイダなので安心?強みがあるかも?
  2017年サービス終了(滅)

 ②So-netブログ
 →契約しているプロバイダなので安心?強みがあるかも?

 ③FC2ブログ
 →容量10GBあって、大手なので機能充実?
  大手過ぎるのか、失礼なコメントや荒らしが多くてヤメ。
 (個人の経験です。念のため)

 ④Yahoo!ブログ
 →容量10GBあって、ガツガツと稼ぐのには向いてなくて、
  まったり趣味のブログが多かったのと、
  他のYahooのサービスを利用してアカウントも持っていたので。

 ■番外編(利用しようとしたけどNG)
 ⑤Amebaブログ
 →お試しで弄ってみて、当時は重かったり、安定してなかったり、
  利用者は多いけど、中身がないブログも多かったような・・・
  (当時の個人の感想です。念のため)

 ⑥mixi(日記)
 →当時は大手のSNSだったので(汗)
  日記で投稿してみたけど、使い辛くて、
  文章コピペ、画像取り込みからの修正が多すぎるので、
  2012年以降は放置(笑)

結局今は、②So-netブログ④Yahoo!ブログ
が生き残ってますが、
ここでYahoo!ブログがサービス終了になります(汗)

ブログの移行先は用意されますが、
4つのサービスに限定されます。

 ・Amebaブログ(5月9日より移行ツール提供)
 →芸能人・有名人御用達なのが気が引けます(汗)
  番外編⑤の通りですが、今はどうなのかな?

 ・livedoorブログ(5月9日より移行ツール提供)  
 →機能も使いやすさも充分ですが、ドメインの評価が低い?
  エクスポート機能があるので、バックアップもできて、
  サービス終了したときに、移行先の選択肢が増える

 ・Seesaaブログ(5月9日より移行ツール提供)
 →So-netブログはSeesaaブログのエンジンを使用しているので、
  使い慣れたSo-netブログとほぼ同様に利用できる。
  エクスポート機能もある。
  有料コースもあるので、すぐにはサービス終了しない?

 ・はてなブログ(7月上旬より移行ツール提供)
 →人とのつながり、アクセス数を増やすならここかな?
  ドメインの評価はかなり高い(強い)ので、
  検索エンジンに引っかかりやすい。

ブログを始めた当時、初心に戻って考えると、
やりたいこと、興味があることがあっても、
仕事で疲れて引き籠って無駄な時間が多かったので、
ブログ・SNSで投稿・宣言して、
有言実行で行動へもっていくのが目的でした(汗)

その目的からすると、
Seesaaブログはてなブログ かな?という感じがしますが、

・So-netブログからエクスポートして全く別のサービスを利用
・無理に移行しないでSo-netブログ1本にする

という思いきった選択肢もあるので、悩ましいところです(汗)

Yahoo!ブログは2019年12月15日でサービス終了と宣言しながら、
ナイス機能は3月31日で終了して、
事実上のブログ移行ポイントになるので、
考える時間は少ないです・・・

しかし、移行ツールは5月9日以降の提供ですから、
移行までの空白期間ができてしまって、
ナイスやコメントなどは移行できないので、
つながっていた方々と切れてしまうのも辛いですね(寂)


いきなりのサービス終了ですが、
他の無料ブログサービスでもあり得ることですし、
無料で9年近くも楽しめて、
限定的でも移行先を用意してくれているので、
感謝して、潔く次のことを考えたいと思います[わーい(嬉しい顔)]


nice!(49)  コメント(4) 
共通テーマ:blog