So-net無料ブログ作成

2019年GW 奈良・京都の旅 その6:雨の京都散歩編 [旅・散歩-関西]

4月29日は、奈良公園西大寺などを歩いて、
大和西大寺駅から近鉄特急・伊勢志摩ライナーへ乗車して、
京都駅17:20到着します。

narakyoto601s_DSC06733.JPG

京都駅では、かなりの雨になっていて、
一旦、宿泊するホテルへ荷物を置いてから、
駅地下の飲食店街へ向かいますが、もの凄い人が多くて、
チェーン店でも某外国人を中心に大行列でした(汗)

しばらく歩きまわって、結局、
駅地下の専門店で、
「菊盛 純米吟造り」「菊盛 山廃原酒」を買って、
近鉄京都駅の出店で、
「大和牛(やまとうし)ローストビーフ棒ずし」と、
「奈良漬クリームチーズ」を買って、
ホテルの部屋呑みになりました(汗)

narakyoto602s_DSC03645.JPG

駅地下の専門店って言っても、ワインがメインで、
京都のお酒は数本だけ四合瓶で売っていて、
一人で呑むには量的に厳しいので、
菊盛って茨城県のお酒だよね、と思いながら、
「菊盛 純米吟造り」「菊盛 山廃原酒」を選びました(笑)

「菊盛 純米吟造り」は、
淡麗辛口で香り豊かな軽い飲み口のお酒で
「山廃原酒」は、ずっしりとお米の旨みが効いたお酒でした。

「大和牛(やまとうし)ローストビーフ棒ずし」は、
柔らかくて旨みのあるお肉が美味しくて、
ローストビーフが二重になっていて食べ応えもあって、
限定のお弁当としては2,160円でお得感があると思います。

narakyoto603s_DSC03651.JPG

「奈良漬クリームチーズ」は、
奈良漬の風味と旨みが、クリームチーズの酸味を抑えて、
まろやかで、爽やかな甘さで、
お酒のおつまみに、これは旨い!逸品です。

narakyoto604s_DSC03655.JPG

翌日(4月30日)の天気は雨のち曇りなので、
いつもより朝も遅く、ゆっくり寝ました。

翌朝、朝食をいただきますが、
GW料金とはいえ1泊15,000円前後の高めのビジネスホテルで、
ビュッフェスタイルではなく、
出来たてを一人一人に提供するスタイルというので、
期待していたのがこれです。

narakyoto605s_DSC03657.JPG

(おかめ納豆って京都でしたっけ?)

1泊+朝食で17,000円ぐらいでこれでは、
個人的にですが、次に利用したいとは思いません・・・

今は外国人が多いので、和食なだけでウケますが、
いつまでも続くわけではありませんので、

個人的にですが、
料金と内容のバランスは工夫した方がいいと思います。

珍しく宿の愚痴でした、すみません(汗)



さて、結構降っている雨の中、JR京都駅へ行くと、
ディーゼルエンジン音が響いてます!

narakyoto606s_DSC06735.JPG

天気が雨でなければ、
京都駅からは珍しい気動車で運行している、
智頭急行HOT7000系特急「スーパーはくと」
姫路城を見物しに行く計画も考えてました・・・
乗車してみたいですね(汗)

京都駅のホームをうろうろしてると、
懐かしい113系電車が停車しているではないですか!

narakyoto607s_DSC06737.JPG

すぐに発車で扉が閉まると、何故か車内に居ました(笑)

京都駅8:28発車のJR湖西線の電車に乗車して、
山科駅8:34到着、とりあえず下車します。

観光案内を見ると、駅の近くに観光スポットが少なくて、
電車・バスで移動が多いのも時間のロスがあるし、
雨で歩くのも厳しいので、思いつきで、
京阪山科駅から東山駅へ移動してみます。

narakyoto608s_DSC06742.JPG

京阪山科駅8:46発車の京阪京津線の電車に乗車します。

narakyoto609s_DSC06749.JPG

東山駅8:55到着、完全防御のホームドアです。

narakyoto610s_DSC06750.JPG

小雨になってきたので、街を歩いてみます。

narakyoto611s_DSC06755.JPG

東山駅から3分ほど歩くと、
街の片隅にひっそりと、明智光秀首塚があります。

narakyoto612s_DSC06753.JPG

織田信長を討った単なる裏切者から、
最近ではいろんな事情がわかってきているので、
もっと立派に祀られていてもいいのでは?と思います。

さらに3分ほど歩くと、知恩院古門があります。

narakyoto613s_DSC06757.JPG

知恩院古門から3分ほど歩くと知恩院黒門に到着します。

narakyoto614s_DSC06764.JPG

この知恩院黒門から知恩院北門までの階段は、
青紅葉や昔ながらの石垣があって、
京のお寺のいい雰囲気があります。

narakyoto615s_DSC06770.JPG

知恩院北門を入っていくと、
寛永16年(1639年)に徳川3代将軍家光公によって建てられた、
大きな御影堂(みえいどう)があります。

narakyoto616s_DSC06775.JPG

正面から御影堂を眺めます。

narakyoto617s_DSC06782.JPG

大修理のため、拝観できませんでした。

御影堂のすぐ近くには、
元和7年(1621年)に建てられた経蔵があります。

narakyoto618s_DSC06794.JPG

自然に囲まれた、納骨堂の風景もいい感じです。

narakyoto619s_DSC06797.JPG

大鐘楼まで歩きます。

narakyoto620s_DSC06798.JPG

寛永13年(1636年)に造られた釣鐘は、
京都方広寺奈良東大寺と並んで、
「日本三大名鐘」と言われてます。

narakyoto621s_DSC06801.JPG

前日に東大寺では見物しているので、
「日本三大名鐘」は2つ目になります。

このあと、八坂神社へ行くと、
人が多すぎて、雨も降ってるし、
まともに見物も撮影もできそうもないので、
心が折れて諦めます(汗)

祇園の街も人(特に某国人)で溢れているので、
見物するどころではなく、早く街を抜けたくて、
四条大橋まで歩きます。

narakyoto622s_DSC06806.JPG

四条大橋を渡ってから、混み過ぎの京都を避けて、
大阪方面へ行ってみようと思って、
阪急河原町駅へ向かいます。・・・続く[わーい(嬉しい顔)]


nice!(84)  コメント(8) 
共通テーマ:旅行

2019年GW 奈良・京都の旅 その5:大和西大寺編 [旅・散歩-関西]

奈良公園での散歩のあとは、
再び近鉄奈良駅から大和西大寺駅へ移動します。

narakyoto501s_DSC06595.JPG

大和西大寺駅から徒歩5分ほどのところに、
駅名にもなっている西大寺があります。

narakyoto502s_DSC06644.JPG

東門を入ってすぐに、見ごろの藤の花がありました。

narakyoto503s_DSC06612.JPG

奈良公園春日神社でも見れましたが、
藤の花が見ごろだったのは想定外でよかったです。

このすぐ近くには、
延宝2年(1674年)に再建された四王堂があります。

narakyoto504s_DSC06613.JPG

ここには、平安時代の仏師である圓信(えんしん)作の
重要文化財の十一面観音立像がありますが、
撮影禁止なので画像はありません(汗)

広い境内の通りも、古くからの時代を感じます。

narakyoto505s_DSC06614.JPG

寛政年間(1789~1801)に完成した本堂に到着します。

narakyoto506s_DSC06641.JPG

本堂には、鎌倉時代に造られた重要文化財の、
本尊釈迦如来立像文殊菩薩騎獅像などがありますが、
こちらも撮影禁止です(汗)

本堂の前には、
四角五重塔として創建された東塔跡があります。

narakyoto507s_DSC06617.JPG

境内には不動堂など、古くからの建物があって、
歴史を感じながら、散歩を楽しめました。

narakyoto508s_DSC06643.JPG

西大寺から近鉄西大寺駅の反対側へ、
15分ほど歩くと平城宮跡があります。

narakyoto509s_DSC06646.JPG

広い平城宮跡を5分ほど歩くと、
平成10年(1998年)に復元された、
平城宮の正門である朱雀門が見えてきます。

narakyoto510s_DSC06652.JPG

平城宮跡内には近鉄奈良線が通ってます。

narakyoto511s_DSC06654.JPG

近鉄奈良線の踏切を渡って見物します。

narakyoto512s_DSC06656.JPG

朱雀門の北側では、南門が復元工事中です。

narakyoto513s_DSC06665.JPG

外側にある鉄骨の階段を登って、
復元工事を覗くことができます。

narakyoto514s_DSC06669.JPG

ここで雨が降り出しましたが、
階段の上からの眺めもいいですね。

narakyoto515s_DSC06674.JPG

さらに北側には、平成22年(2010年)に復元された、
大極殿があります。

narakyoto516s_DSC06684.JPG

天皇即位などの儀式がされた場所とのことです。

パラパラと降ってた雨が小雨になってきたので、
平城宮跡の見物はこれで切り上げて、
大和西大寺駅へ戻ります。

narakyoto517s_DSC06706.JPG

近鉄奈良線・橿原線・京都線が平面で交差して、
沢山のポイント(分岐)がある風景を見物していると、
同時に発車する列車も多くて、
いつまで眺めていても楽しめますね!

narakyoto518s_DSC06716.JPG

雨の中、ポイントをくねくねと跨ぐ列車を、
40分ほど眺めてました(笑)

大和西大寺駅16:50発車の京都駅行きの特急、
伊勢志摩ライナーへ乗車します。

narakyoto519s_DSC06720.JPG

乗車するのは京都駅方向の先頭車の6号車で、
運転席の後ろはガラス張りになっていて、
前方の風景も良く見えるようになってます。

narakyoto520s_DSC06725.JPG

6号車はデラックスカーで、
2人掛け+1人掛けのゆったりしたシートになってます。

narakyoto521s_DSC06727.JPG

フットレスト、コンセントなどの設備もあって、
大和西大寺駅から京都駅まで、
特急料金510円+DX料金210円で乗車できます。

narakyoto522s_DSC06729.JPG

この伊勢志摩ライナーへ乗車するのも今回の旅の目的で、
この日(4月29日)の宿泊先がある京都まで、
ゆったり快適に過ごせました。

平城宮跡では雨が降り出して、
見物できなかったところがあって残念でしたが、
奈良公園もまだ見たいところが沢山あるので、
また次回、奈良へ訪れる楽しみが増えました!
・・・続く[わーい(嬉しい顔)]


nice!(93)  コメント(6) 
共通テーマ:旅行

2019年GW 奈良・京都の旅 その4:正倉院編 [旅・散歩-関西]

奈良公園では、東大寺春日大社と歩いて、
12:30頃、春日大社の境内から出ると、
さらに人が多くなってます(汗)

narakyoto401s_DSC06537.JPG

このあとは、教科書に載っていた正倉院へ、実物
を見物してみようと思って向かいます。

再び大仏殿方面へ歩きますが、
行きの若草山側の道とは違うルートで、
大仏殿側の道を歩きます。

narakyoto402s_DSC06538.JPG

この道では、見ごろの八重桜も見れて、
東大寺を見下ろせながら歩けます。

narakyoto403s_DSC06541.JPG

手向山八幡宮(たむけやまはちまんぐう)の近くでは、
校倉造(あぜくらづくり)の倉庫が見られます。

narakyoto404s_DSC06545.JPG

二月堂(にがつどう)まで戻って、
大仏殿へ抜ける、左大佛殿道と書かれた道を歩きます。

narakyoto405s_DSC06558.JPG

左大佛殿道は、石畳と古い壁が続いていて、
ノスタルジーな雰囲気を楽しみながら歩けます。

narakyoto406s_DSC06564.JPG

大仏殿の北側へ抜けて、森林の先に正倉院があります。

narakyoto407s_DSC06566.JPG

正倉院に到着すると・・・
休日は拝観できないんですね、チェックが甘かったです(汗)

narakyoto408s_DSC06571.JPG

大仏殿へ戻っていく途中、
正倉院皇宮護衛官派出所という交番?があって、
重要な文化財の警備をしているんですね。

narakyoto409s_DSC06572.JPG

大仏殿の脇道を歩きます。
ここもいい雰囲気のスポットですね。

narakyoto410s_DSC06575.JPG

大仏殿の西側から、
指図堂(さしずどう)の前を通ります。

narakyoto411s_DSC06576.JPG

さらに西側へ歩くと、
勧進所(かんじんしょ)があります。

narakyoto412s_DSC06578.JPG

拝観はできないので、門から覗いてみると、
庭園がきれいですね。

narakyoto413s_DSC06579.JPG

今の建物は、
貞享3年(1686年)に再建されたものだそうです。

勧進所のすぐ近くにある、
戒壇堂(かいだんどう)へ行きます。

narakyoto414s_DSC06583.JPG

門を入ってみますが、落ち着いた雰囲気ですね。

narakyoto415s_DSC06584.JPG

戒壇堂の塀の外では八重桜が見ごろで、
花見も楽しめます。

narakyoto416s_DSC06585.JPG

最後に、東大寺ミュージアムへ行きますが、
その途中に、勧学院を覗いてみます。

narakyoto417s_DSC06586.JPG

庭園が美しいです!

東大寺ミュージアムでは、撮影禁止で、
人も凄く多かったので、写真はありません(汗)

14:00過ぎ、雨も降りそうなので、
近鉄奈良駅へ戻ります。

narakyoto418s_DSC06255.JPG

商店街で食事をしたかったですが、
人が多すぎて先に進むのも大変で、
どの飲食店も大行列でしたので、
食事は諦めて、次の目的地へ向かいます(汗)

奈良公園は広くて、古い歴史と自然が美しくて、
まだまだ見れてないところが沢山あるので、
また違う季節を狙って行きたいですね。・・・続く[わーい(嬉しい顔)]


nice!(75)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

2019年GW 奈良・京都の旅 その3:春日大社編 [旅・散歩-関西]

広い奈良公園での散歩ですが、
東大寺の次は、春日大社へ向かいます。

法華堂(三月堂)から南へ歩くとすぐに、
手向山八幡宮(たむけやまはちまんぐう)があります。

narakyoto301s_DSC06399.JPG

手向山八幡宮は天平勝宝元年(749年)に、
九州豊前国(大分県)宇佐八幡宮から迎えられて、
東大寺守譲のために祀られたとこのことで、
古い歴史があります。

narakyoto302s_DSC06401.JPG

紅葉の名所だそうで、青紅葉も映えますね。

narakyoto303s_DSC06403.JPG

(ちょっと朽ちかけている?)古い神楽所もあります。

narakyoto304s_DSC06407.JPG

中を覗いてみると、壁に古い絵が描かれてますが、
これは、源頼光の鬼(酒呑童子)退治の様子だそうで、
かなり貴重なのかな?

narakyoto305s_DSC06405.JPG

ここは人も少なくて、殆どの人は素通りでしたが、
絵が消えかけてる感じもあるので、
今のうち見ておかないと勿体ないですね(汗)

さらに南の若草山沿いの道を歩きます。

narakyoto306s_DSC06411.JPG

見ごろの八重桜もありましたが、普通に鹿もいます(笑)

この通りには旅館やお店が並んでいて、
早めにお昼ごはんにしようかと迷いましたが、
奈良の商店街でお店を探したいので、我慢します(汗)

手向山八幡宮から10分ほど歩くと、
春日大社の境内が見えてきます。

narakyoto307s_DSC06415.JPG

春日大社には、本社の4柱の神様の他に、
61社もお祀りされているらしいです。

若草山側から境内に入ると、最初にあるのが、
水谷神社(みずやじんじゃ)で、医薬の神様だそうです。

narakyoto308s_DSC06418.JPG

先に進むと次にあるのが、
一言主神社(ひとことぬしじんじゃ)で、
「一つだけ願いを叶えてくださる」とのことです。

narakyoto309s_DSC06424.JPG

そのあとの神社は・・・沢山あるので省略します(汗)

四方を回廊で囲まれている御本殿へ入ります。
(人が多いですね・・・)

narakyoto310s_DSC06444.JPG

御本殿へ入ると、藤の花が見ごろでした。

narakyoto311s_DSC06438.JPG

中門(ちゅうもん)へ入ります。

narakyoto312s_DSC06488.JPG

中門から先は御廊(おろう)を歩きます。

narakyoto313s_DSC06458.JPG

御神木もあって、御本殿にも沢山の神様が祀られてます。

narakyoto314s_DSC06466.JPG

御廊をぐるっと歩いたあと、
藤浪之屋(ふじなみのや)へ入ります。

narakyoto315s_DSC06479.JPG

藤浪之屋の中には、平安時代から奉納された燈籠があって、
歴史的、神秘的な空間です。

narakyoto316s_DSC06476.JPG

見ごろの藤の花もありますが、
神社と藤の花も映えますね!

narakyoto317s_DSC06483.JPG

御本殿から出て、境内の南側には若宮神社があります。

narakyoto318s_DSC06508.JPG

この若宮神社を中心に、
人の生涯で遭遇する様々な難所を守護されるという、
若宮十五社があって、もちろん歩きます。

narakyoto319s_DSC06514.JPG

長くなるので、
途中の神社の様子は省略させていただいて、
最南端にある、最後の紀伊神社まで歩きました(汗)

narakyoto320s_DSC06520.JPG

春日大社は見どころや神社が多くて、
境内も広くて散歩するにもいいところですね!

沢山の神社の説明はあまり読めてないし、
まだまだ見逃しているところも多いので、
また行ってみたいです。・・・続く[わーい(嬉しい顔)]

nice!(78)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

2019年GW 奈良・京都の旅 その2:東大寺編 [旅・散歩-関西]

近鉄奈良駅から、奈良公園名物の鹿を眺めながら歩いて、
東大寺南大門に到着します。

narakyoto201s_DSC06280.JPG

寄り道(含む:鹿に対応)せずに歩けば、
近鉄奈良駅から20分ぐらいでしょうか。

鎌倉時代の建仁3年(1203年)に再建された南大門ですが、
当時にこんな巨大な建築ができなんて凄いですね!

narakyoto202s_DSC03623.JPG

南大門を抜けると、もちろん、鹿がいます(笑)

narakyoto203s_DSC06288.JPG

中門から大仏殿へ向かいます。

narakyoto204s_DSC06293.JPG

大仏殿が見えてきますが、
巨大な建物で、人がかなり小さく見えます。

narakyoto205s_DSC06299.JPG

世界最大級の木造建築と言われる大仏殿は、
近くに行くと、さらに巨大さを感じます。

narakyoto206s_DSC06305.JPG

大仏殿に入って、大仏様を拝観します。

narakyoto207s_DSC06320.JPG

高さ14.98mだそうですが、大きいですね。

中学校の修学旅行での奈良は、鹿の記憶もなく、
この大仏様だけの記憶しかありませんでしたが、
たぶん、バスで名所ばかり乗りつけていたのでしょうね(汗)

大仏様に向かって、
左側には虚空蔵菩薩 (こくうぞうぼさつ)像、
右側には如意輪観音(にょいりんかんのん)像があります。

narakyoto208s_DSC06324.JPG

narakyoto209s_DSC06345.JPG

大仏様の後ろには、
廣目天(こうもくてん)像と、
多聞天(たもんてん)像があります。

narakyoto210s_DSC06334.JPG

詳しくはわかりませんが、
何れも大きな像で、歴史を感じますね。

narakyoto211s_DSC06354.JPG

大仏様のあとは、大仏殿の東側にある、
鐘楼を見物します。

narakyoto212s_DSC06369.JPG

吊られている梵鐘は、
天平勝宝4年(752年)に造られたとのことで、
京都にある知恩院方広寺梵鐘とともに、
「日本三大名鐘」と言われてます。

narakyoto213s_DSC06373.JPG

鐘楼の近くにある俊乗堂(しゅんじょうどう)には、
1,200年代に造られた貴重な像の、
俊乗房重源(しゅんじょうぼうちょうげん)上人坐像
がありますが、年2回しか公開されてないようです。

narakyoto214s_DSC06387.JPG

大仏殿のさらに東側の小高い丘には、
二月堂(にがつどう)があります。

narakyoto215s_DSC06393.JPG

寛文7年(1,667年)に焼失して、再建されましたが、
こちらも歴史を感じますね。

narakyoto216s_DSC06548.JPG

回廊を歩くと、別の時代にいるようです。

narakyoto217s_DSC06552.JPG

回廊から東大寺・奈良の街が一望できます。

narakyoto218s_DSC06550.JPG

長い階段を降りていきます。

narakyoto219s_DSC06554.JPG

二月堂のすぐ南側には、
東大寺最古(天平5年(733年))の建造物とされている、
法華堂(三月堂)があります。

narakyoto220s_DSC06397.JPG

中学校の修学旅行以来の東大寺でしたが、
記憶に残っていた大仏様も含めて、新鮮に感じました。

大人(おじさん)になって見ると、違うものですね(笑)

このあと、春日大社へ向かいます。・・・続く[わーい(嬉しい顔)]


nice!(85)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

2019年GW 奈良・京都の旅 その1:奈良到着編 [旅・散歩-関西]

今年(2019年)のGW(ゴールデン・ウィーク)は、
カレンダー的に10連休になって、仕事も休めそうなので、
毎年恒例となった青森方面への花見の旅へ、
4月27日(土)から2泊、3泊で行けるぞ!と思ってました。

しかし、最終的に10連休が確定したのが3月半ば過ぎで、
慌てて宿を抑えようとしても難しくて、
旅行会社を頼ってみても、青森、岩手では空室は無く、
秋田で空室があっても、素泊まりで1泊が約2万円とか、
足元見るような悪質なホテルは利用しませんよ(怒)

ということで、花見の旅は諦めて、
旅行会社で、冗談半分で京都あたりって言ってみたら、
京都駅前のビジネスホテルに1泊だけ空室がありました。

朝食付きで1万5千円ほどのビジネスホテルですが、
10連休料金にしてはまだマシな方かな・・・
と、1日目は奈良、2日目は京都で計画しました(汗)

出発は4月29日(月)、
JR横浜線で新横浜駅で乗り換えて、
JR東海道新幹線で出発です。

narakyoto101s_DSC06191.JPG

新横浜駅6:34発車の「のぞみ3号」へ乗車します。

narakyoto102s_DSC06198.JPG

朝ごはん+呑み鉄は、
横浜の定番、崎陽軒「シウマイ弁当」です。

narakyoto103s_DSC03612.JPG

「シウマイ弁当」は860円で、
焼売はもちろん、おかずも沢山あって美味しいですが、
もちもちのご飯が好きですね。

三島駅を通過して、富士山を眺めながら・・・
と思いましたが、曇りで見えませんでした(汗)

narakyoto104s_DSC03618.JPG

京都駅8:26到着、近鉄京都線へ乗り換えます。

narakyoto105s_DSC06211.JPG

乗車する列車は、初めての近鉄特急です!

narakyoto106s_DSC06217.JPG

京都駅8:45発車、
足元が広くて落ち着いたデザインの座席で、
快適な近鉄特急を体験できました!

narakyoto107s_DSC06227.JPG

大和西大寺駅9:14到着、ここで乗り換えです。

narakyoto108s_DSC06236.JPG

大和西大寺駅といえば、
近鉄奈良線・橿原線・京都線が平面で交差して、
ポイント(分岐)の数が多くて有名ですが、
その様子は、あとで見物します。

narakyoto109s_DSC06237.JPG

大和西大寺駅9:23発車の快速急行へ乗車します。

narakyoto110s_DSC06243.JPG

近鉄奈良駅9:28到着、乗車した列車は、
阪神電車と、台湾の桃園メトロ連携記念の
ラッピング車両でした。

narakyoto111s_DSC06251.JPG

車両の側面です。

narakyoto112s_DSC03619.JPG

近鉄奈良駅から、東大寺へ向かいます。

narakyoto113s_DSC06256.JPG

歩道を歩いていると、普通に鹿がいます(汗)

narakyoto114s_DSC06262.JPG

近鉄奈良駅から5分ほど歩くと、
世界遺産の興福寺(こうふくじ)の参道があります。

narakyoto115s_DSC06263.JPG

普通に鹿に見られてますね(笑)

興福寺を覗いてみますが、
人が多いし、雨が降りそうな天気なので、
先に東大寺へ急ぎます。

narakyoto116s_DSC06591.JPG

興福寺の参道のすぐ先には、奈良公園があります。

narakyoto117s_DSC06266.JPG

「鹿せんべい」で騒いでる、
自業自得な某国人さんが印象的ですね(汗)

普通に鹿がいて、どこでも爆雷(糞)を落としてますので、
足元に注意が必要ですが、2回、踏んでしまいました(痛)

narakyoto118s_DSC06260.JPG

近鉄奈良駅から歩くと実質15分ほどになるでしょうか、
東大寺南大門が見えてきます。

narakyoto119s_DSC06274.JPG

人混みに紛れて、奴ら(鹿)がいますね(笑)
・・・続く[わーい(嬉しい顔)]


nice!(87)  コメント(12) 
共通テーマ:旅行

天竜浜名湖鉄道花見の旅 その4:浜松編 [旅・散歩-東海]

天竜浜名湖鉄道での花見のあとは、
西鹿島駅から遠州鉄道へ乗り換えて、
15:36発車の新浜松駅行きの列車に乗車します。
(4月6日の記事になります)

hamamatsu401s_DSC06077.JPG

遠州病院駅16:06到着、ここで下車します。

hamamatsu402s_DSC06080.JPG

ここから浜松市役所方向(西方向)へ、
10分ほど歩くと、浜松城公園に到着します。

hamamatsu403s_DSC06087.JPG

昨年に続いて、今年の浜松城桜は満開でした!

hamamatsu404s_DSC06088.JPG

階段を登って天守へ向かいます。

hamamatsu405s_DSC06089.JPG

見下ろしてみると、地元の方が花見をしていて、
羨ましいです。

hamamatsu406s_DSC06109.JPG

花見で、昼間っから呑んだ暮れてみたいです(汗)

本丸に到着すると、天守満開の桜がいいですね!

hamamatsu407s_DSC06113.JPG

人が多いので、今年も天守内部の見物はしないで、
浜松城公園内の日本庭園を散歩します。

hamamatsu408s_DSC06117.JPG

日本庭園内は静かで、ゆっくり散歩できます。

hamamatsu409s_DSC06121.JPG

桜はないと思いましたが、枝垂桜がありました。

hamamatsu410s_DSC06127.JPG

日本庭園のあとは、浜松城の周りをぐるっと散歩します。

hamamatsu411s_DSC06131.JPG

天守の正面に近くなると、人が多いです(汗)

hamamatsu412s_DSC06138.JPG

若き日の家康公像です。

hamamatsu413s_DSC06142.JPG

どこまでが若いというのかわかりませんが、
家康公像の周りでは、花見(宴会)が盛んです。

今年も、桜満開浜松城で散歩できてよかったです。

hamamatsu414s_DSC06139.JPG

遠州病院駅へ戻って。
17:06発車の新浜松駅行きの列車へ乗車します。

hamamatsu415s_DSC06159.JPG

新浜松駅17:08到着、ここでJR浜松駅から、
東海道新幹線へ乗り換えて帰路となります。

hamamatsu416s_DSC06163.JPG

乗り換えまでに約1時間の余裕があるので、
昨年に行ったときに食べられなかった、
浜松餃子をいただきます。

hamamatsu417s_DSC03602.JPG

駅中にある「石松」さんの行列(10名ぐらい)に並んで、
餃子15個と生ビールをいただきましたが、
たっぷりのキャベツと、遠州産の豚肉で、
ジューシーながらもさっぱりとしていて美味しいです(旨)

hamamatsu418s_DSC03601.JPG

浜松餃子で満足したあと、浜松駅18:12発車の
東海道新幹線「ひかり476号」へ乗車します。

hamamatsu419s_DSC03605.JPG

花の舞酒造「出世大名 家康くん」と「うなぎボーン」、
神奈川県限定の珊瑚礁「ガリポテ」で呑み鉄です(酔)

hamamatsu420s_DSC06176.JPG

日本酒の旨みや酸味のバランスがよく、
すっきり呑める「出世大名 家康くん」と、
塩味カリカリのおつまみがよく合います。


花見も楽しめて、浜松名物のうなぎと餃子も食べれて、
内容も濃い満足な1日でした!

天竜浜名湖鉄道や浜松近辺には、
まだまだ見どころが多いので、
次は紅葉の時期にも行ってみたいですね[わーい(嬉しい顔)]


nice!(89)  コメント(8) 
共通テーマ:旅行

天竜浜名湖鉄道花見の旅 その3:花見鉄後編 [旅・散歩-東海]

前記事で、
新所原駅天竜浜名湖鉄道の遠州森駅から、
新所原駅行きの列車へ乗車して、
天竜二俣駅では途中下車せず、
見どころのひとつ、天竜川橋梁を渡ります。

hamamatsu301s_DSC05918.JPG

岩水寺(がんすいじ)駅11:54到着、
桜で駅がほぼ見えません。

hamamatsu302s_DSC05925.JPG

都田(みやこだ)駅12:05到着、
満開の桜で駅が囲まれていて、見応えがあります!

hamamatsu303s_DSC05926.JPG

気賀(きが)駅12:20到着、この駅も見事な桜で、
踏切からの撮影で人が多かったです(汗)

hamamatsu304s_DSC05934.JPG

浜名湖佐久米駅12:30到着、すぐ目の前が浜名湖で、
ユリカモメの大群が飛来することで有名な駅ですが、
桜も見事です。

hamamatsu305s_DSC05946.JPG

東都築駅12:32到着、
天竜浜名湖鉄道の駅は、桜の見どころが多いですね!

hamamatsu306s_DSC05950.JPG

都築駅12:35到着、
線路の上までせり出した桜が、
ローカル線の雰囲気に良く似合います。

hamamatsu307s_DSC05956.JPG

三ケ日駅12:38到着、ここで列車の行き違い待ちです。

hamamatsu308s_DSC05962.JPG

満開の桜と、ローカル線の駅舎と、
天竜浜名湖鉄道のディーゼルカーの風景がいいですね!

尾奈駅12:48到着、ここも桜は満開です!

hamamatsu309s_DSC05965.JPG

終着駅の新所原駅13:03到着、
天竜浜名湖鉄道での花見鉄、できてよかったです。

hamamatsu310s_DSC05989.JPG

新所原駅では一旦、駅舎から出ます。

hamamatsu311s_DSC05978.JPG

そして、駅舎のすぐ横にある、
うなぎ屋さん「やまよし」でお昼ごはんです。

hamamatsu312s_DSC05975.JPG

「やまよし」では、駅構内にある窓口で注文して、
駅の外へ出てから店内へ入っていただきます。
(店内は座敷になっていて10席ほどです)

うなぎ丼は、
一切れ入り、二切れ入り、小一本入り、大一本入り
とあって、注文したのは大一本入り(2,800円)です。

hamamatsu313s_DSC05977.JPG

ちょっといいお値段ですが、
国産(地元産)のうなぎで、
この大きさ厚さなら、お得かと思います。
(小一本入りは2,100円です)

中はふわっと柔らかく、外はパリッと香ばしくて、
さっぱりとしたタレは、ごはんに合って美味しいです!

お弁当にして列車で食べることもできますが、
お吸い物や、美味しいお茶もあるので、
出来たてをお店でいただきました。
(次の列車まで20分間の勝負になりましたが・・・)

新所原駅13:23発車の折り返しの列車へ乗車して、
気賀駅14:02到着、ここで下車します。

hamamatsu314s_DSC06061.JPG

ちょうどこの日(4月6日)は、
姫様道中のイベントがありました。

hamamatsu315s_DSC06066.JPG

姫様道中は、
江戸時代の公家や大名の姫様が通った行列の再現で、
今回で67回目になるそうです。

気賀駅からすぐ近くの都田川沿いには、
約1.5kmにわたるソメイヨシノの並木道がありますが、
姫様道中があるので大混雑です(汗)

hamamatsu316s_DSC06032.JPG

満開の桜の並木道を歩きます。

hamamatsu317s_DSC06056.JPG

しばらくすると、
気賀関所を出発した、姫様道中の行列が来ました。

hamamatsu318s_DSC06028.JPG

こちら姫様です。
大人気で、桜並木では大渋滞でした(汗)

hamamatsu319s_DSC06029.JPG

川原の舞台に並びますが、
このあとは地元のお偉いさんのお話が続きますので、
ここで気賀駅へ戻ります。

hamamatsu320s_DSC06052.JPG

気賀駅15:01発車の大混雑の列車に乗車して、
西鹿島駅15:29到着します。

hamamatsu321s_DSC06070.JPG

西鹿島駅から遠州鉄道で新浜松駅方面へ移動します。
・・・続く[わーい(嬉しい顔)]


nice!(85)  コメント(6) 
共通テーマ:旅行