So-net無料ブログ作成

2019年GW 奈良・京都の旅 その3:春日大社編 [旅・散歩-関西]

広い奈良公園での散歩ですが、
東大寺の次は、春日大社へ向かいます。

法華堂(三月堂)から南へ歩くとすぐに、
手向山八幡宮(たむけやまはちまんぐう)があります。

narakyoto301s_DSC06399.JPG

手向山八幡宮は天平勝宝元年(749年)に、
九州豊前国(大分県)宇佐八幡宮から迎えられて、
東大寺守譲のために祀られたとこのことで、
古い歴史があります。

narakyoto302s_DSC06401.JPG

紅葉の名所だそうで、青紅葉も映えますね。

narakyoto303s_DSC06403.JPG

(ちょっと朽ちかけている?)古い神楽所もあります。

narakyoto304s_DSC06407.JPG

中を覗いてみると、壁に古い絵が描かれてますが、
これは、源頼光の鬼(酒呑童子)退治の様子だそうで、
かなり貴重なのかな?

narakyoto305s_DSC06405.JPG

ここは人も少なくて、殆どの人は素通りでしたが、
絵が消えかけてる感じもあるので、
今のうち見ておかないと勿体ないですね(汗)

さらに南の若草山沿いの道を歩きます。

narakyoto306s_DSC06411.JPG

見ごろの八重桜もありましたが、普通に鹿もいます(笑)

この通りには旅館やお店が並んでいて、
早めにお昼ごはんにしようかと迷いましたが、
奈良の商店街でお店を探したいので、我慢します(汗)

手向山八幡宮から10分ほど歩くと、
春日大社の境内が見えてきます。

narakyoto307s_DSC06415.JPG

春日大社には、本社の4柱の神様の他に、
61社もお祀りされているらしいです。

若草山側から境内に入ると、最初にあるのが、
水谷神社(みずやじんじゃ)で、医薬の神様だそうです。

narakyoto308s_DSC06418.JPG

先に進むと次にあるのが、
一言主神社(ひとことぬしじんじゃ)で、
「一つだけ願いを叶えてくださる」とのことです。

narakyoto309s_DSC06424.JPG

そのあとの神社は・・・沢山あるので省略します(汗)

四方を回廊で囲まれている御本殿へ入ります。
(人が多いですね・・・)

narakyoto310s_DSC06444.JPG

御本殿へ入ると、藤の花が見ごろでした。

narakyoto311s_DSC06438.JPG

中門(ちゅうもん)へ入ります。

narakyoto312s_DSC06488.JPG

中門から先は御廊(おろう)を歩きます。

narakyoto313s_DSC06458.JPG

御神木もあって、御本殿にも沢山の神様が祀られてます。

narakyoto314s_DSC06466.JPG

御廊をぐるっと歩いたあと、
藤浪之屋(ふじなみのや)へ入ります。

narakyoto315s_DSC06479.JPG

藤浪之屋の中には、平安時代から奉納された燈籠があって、
歴史的、神秘的な空間です。

narakyoto316s_DSC06476.JPG

見ごろの藤の花もありますが、
神社と藤の花も映えますね!

narakyoto317s_DSC06483.JPG

御本殿から出て、境内の南側には若宮神社があります。

narakyoto318s_DSC06508.JPG

この若宮神社を中心に、
人の生涯で遭遇する様々な難所を守護されるという、
若宮十五社があって、もちろん歩きます。

narakyoto319s_DSC06514.JPG

長くなるので、
途中の神社の様子は省略させていただいて、
最南端にある、最後の紀伊神社まで歩きました(汗)

narakyoto320s_DSC06520.JPG

春日大社は見どころや神社が多くて、
境内も広くて散歩するにもいいところですね!

沢山の神社の説明はあまり読めてないし、
まだまだ見逃しているところも多いので、
また行ってみたいです。・・・続く[わーい(嬉しい顔)]

nice!(78)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行