So-net無料ブログ作成

函館へ花見の旅 その2:函館山編 [旅・散歩-北海道]

五稜郭公園での花見のあとは、 
路面電車(函館市電)に乗車して、
函館山へ向かいます。

hakodate201s_DSC07122.JPG

十字街で下車して、少し歩いてみると、
赤煉瓦の倉庫を利用したお店など、
古い建物があって函館の風情を感じられます。

hakodate202s_DSC07125.JPG

石畳が特徴の、
二十間坂(にじゅっけんざか)を登ります。

hakodate203s_DSC07131.JPG

5分ほど登ると、東本願寺函館別院がありますが、
大正4年(1915年)にコンクリートで建て替えられて、
日本最古の鉄筋コンクリート造りの寺院だそうです。

hakodate204s_DSC07128.JPG

ここから函館山ロープウェイとは反対方向へ、
いくつもの坂道の風景を眺めながら歩きます。

hakodate205s_DSC07134.JPG

途中、見物はしませんでしたが、
北海道の豪商・相馬哲平氏が明治41年(1908年)に建てた、
旧相馬邸があります。

hakodate206s_DSC07136.JPG

十字街から歩いて15分ほどで、
元町公園に到着します。

hakodate207s_DSC07140.JPG

元町公園では、桜はほぼ散ってきてましたが、
港の眺めがよかったです。

hakodate208s_DSC07143.JPG

公園内には、明治13年(1880年)に建築された、
旧開拓使函館支庁書籍庫など、
古い建物が保存されてます。

hakodate209s_DSC07148.JPG

元町公園の山側には、旧函館区公会堂がありますが、
修復工事中で見物できなかったので、
外から桜を眺めます。

hakodate210s_DSC07149.JPG

函館山ロープウェイ乗り場へ向かって歩いていると、
途中に、船魂神社(ふなだまじんじゃ)があります。

hakodate211s_DSC07151.JPG

船魂神社は、保延元年(1135年)が起源の、
北海道最古の神社と云われてます。

hakodate212s_DSC07156.JPG

境内には、出雲神社・彌彦神社函館稲荷社
函館山七福神のひとつ福禄寿(ふくろくじゅ)があります。

hakodate213s_DSC07157.JPG

元町公園から歩いて10分ほどで、
函館山ロープウェイの山麓駅に到着します。

hakodate214s_DSC07172.JPG

函館山ロープウェイの山麓駅の山側には、
元町配水場があるので寄ってみます。

hakodate215s_DSC07164.JPG

元町配水場は、噴水がある公園になってます。

hakodate216s_DSC07166.JPG

見ごろの桜もあって、少し花見をします。

hakodate217s_DSC07170.JPG

花見のあと、函館山ロープウェイへ乗車します。

hakodate218s_DSC07202.JPG

函館山ロープウェイは125人乗りの大型ゴンドラで、
10分間隔で運行してます。

山頂駅へ移動中、津軽海峡の眺めがきれいです。

hakodate219s_DSC07179.JPG

山頂駅に到着すると、
よく見る、函館山から眺めるあの景色が広がってます。

hakodate220s_DSC07184.JPG

一旦、宿泊するホテルへ行ってから、
夜景も見てみたいと思ってましたが、
このとき16:00頃、早くも夜景待ち・場所取りで、
観光客で混雑してたので諦めました(汗)

このあと、函館山を下りてベイエリアへ向かいます。
・・・続く[わーい(嬉しい顔)]


nice!(87)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行