So-net無料ブログ作成

鉄道模型(Nゲージ):旅で見かけるアノ列車 [趣味]

6月から8月は、仕事が忙しいのと、
暑いのと、天気の都合もあって、
前記事の「新潟・日本酒列車の旅」(7月)
しか行けてません・・・

そんなときは、自宅で旅気分で、
鉄道模型(Nゲージ)を走らせてみます。

特急やSL、ローカル線、レトロな列車など、
旅客列車を走らせていると、
鉄道の旅をしていると見かける、
貨物列車にも興味を持ち始めました(汗)

(2013年11月 新津駅にて)
kamotsu01s_DSC05449.JPG

貨物列車には乗車はできないので、
非日常的で、偶然に見かけると、
何か運がいい感じがありますね。

(2018年4月 弘前駅にて)
kamotsu02s_DSC09679.JPG

まず、コンテナ車、タンク車を集めてみます。

kamotsu03s_DSC03877.JPG

コンテナ車は、
コンテナを積んでない状態で売っている、
コキ106形コキ107形から集めてみました。

kamotsu04s_DSC03755.JPG

コンテナは、
別売りで様々な種類のものがあって、
Nゲージメーカー共通の仕様になっているので、
違うメーカーの製品でも、
コンテナ車へ積むことができます。

kamotsu05s_DSC03760.JPG

自由にコンテナを積める・・・
これは楽しくてハマります(笑)

ついつい、コンテナ車を集めて増えてくると、
紙の箱からの出し入れも面倒だし、
発泡スチロールの枠も安っぽいし・・・

kamotsu06s_DSC03832.JPG

そんなわけで、
コンテナ車12両が入る、
車両ケースを買ってみます(汗)

kamotsu07s_DSC03588.JPG

コキ107形です。

kamotsu08s_DSC03940.JPG

コキ106形コキ104形コキ50000形です。

kamotsu09s_DSC03944.JPG

車両の収納も出し入れも楽になりましたが、
積み方のルールに従って、
自由にコンテナを積んでみると、
眺めているだけでも楽しいですね(笑)

集めたコンテナ車は、全てKATO製ですので、
連結器を、KATO車間短縮ナックルカプラー
交換してみました。

kamotsu10s_DSC03834.JPG

Nゲージの連結器は、
世界標準のアーノルドカプラーが一般的ですが、
連結したときの車間が広くて、
見た目にも実感的ではないので、
交換してみます。

写真の左から、
アーノルドカプラー
KATOカプラーN
KATO車間短縮ナックルカプラーです。

kamotsu11as_DSC03839.JPG

大きさや形、長さに違いがあります。

カプラーを交換してみると、
KATO車間短縮ナックルカプラー(写真の一番左)が、
見た目に実感的です。

kamotsu12s_DSC03852.JPG

連結して車間を見てみると、
KATO車間短縮ナックルカプラー(写真の一番下)が、
実感的な車間でカッコイイです。

kamotsu13s_DSC03857.JPG

ただ、KATO車間短縮ナックルカプラーは、
レール上で車両を走らせて連結できなくて、
片方の車両の台車を持ち上げて連結・解放をするのが、
ちょっと面倒なところです(汗)

タンク車もカプラーを交換して、
写真の上側がKATOカプラーN
写真の下側がKATO車間短縮ナックルカプラーです。

kamotsu14s_DSC03861.JPG

車間が短い方が実感的で、
見た目にも引き締まりますね!

機関車との連結面も、ビシっと、きまってます。

kamotsu15s_DSC03890.JPG

タンク車も、タキ1000形タキ43000形
と集めましたが、車両ケースにまとめたいです。

kamotsu16s_DSC03910.JPG

勢いで様々な貨車を集めてしまったので、
車両ケースを加工するとか、収納を考えたいですね(汗)

kamotsu17s_DSC03919.JPG

電気機関車は、貨物列車専用だと勿体ないので、
買わないと決めてましたが・・・
気が付いたら2両買ってました(笑)

金太郎のイラストがある、2車体構造で力持ちの、
EH500形電気機関車です。

kamotsu18s_DSC03882.JPG

国鉄型のシブいスタイルの、
EF65形電気機関車2000番台です。

kamotsu19s_DSC03886.JPG

その他にも所有している、EF66形電気機関車や、
EF65形電気機関車0番台EF81形電気機関車など、
国鉄時代の貨物列車も再現できます。

kamotsu20s_DSC03933.JPG

EF13形電気機関車などの、
デッキが付いた旧型電気機関車もシブいですね。

kamotsu21s_DSC03949.JPG

機関車やコンテナ、貨車の編成など、
いろんな組み合わせを楽しめる貨物列車ですが、
旅客列車とは違う楽しみ方もできて、
鉄道模型の世界は面白いですね。
(予算厳しいですが・・・)

お座敷レイアウトでは編成も限られるので、
レンタルレイアウトとかで、
超大編成で走らせてみたいです[わーい(嬉しい顔)]


nice!(86)  コメント(4) 

鉄道模型(Nゲージ):ターンテーブル [趣味]

今年のGW(ゴールデンウィーク)の計画ですが、
やっと時間をつくって考えることができましたが、
既に遅くて宿もいっぱいで、
僅かに空室があっても料金はかなり割高なので、
先日、旅行会社のJさんで相談してみました。
(ビジネスホテル系で普通に1泊15,000円以上とか・・・)

その結果、今年の青森での花見は諦めましたが、
1泊で2回に分けて、通常価格で宿がとれたので、
3月30日から3連週の花見の旅も含めて、
5回の旅を全力で前調査・計画中です(汗)

そんな状況で引き籠ってますので、
前回に続いて、鉄道模型(Nゲージ)の記事になります(笑)


NゲージSL(蒸気機関車)の精巧なつくりに加えて、
前回の記事のサウンドボックスを導入することで、
音も楽しむことができました。

(写真はKATO製 C57 1次形
turntable01_DSC05258.JPG

turntable02_DSC05259.JPG

運転台も表現されているので、
運転士の人形を乗せても楽しめます。

turntable03_DSC05268.JPG

SLといえば、転車台が特徴のひとつですが、
気になって、気になって・・・
KATO製の電動ターンテーブルを購入してしまいました(貧)

turntable04_DSC03434.JPG

箱を開けると、コントローラや説明書などが、
きれいに整列されて入ってます。

turntable05_DSC03437.JPG

内容は、
ターンテーブル本体と付属パーツ、専用の線路、
コントローラ、ACアダプタ、ケーブル類などです。

turntable06_DSC03438.JPG

組み立ててみると、
ターンテーブル本体の薄さがわかります。

turntable07_DSC03442.JPG

C57 1次形を乗せて回してみます。

turntable08_DSC03447.JPG

リアルな回転速度と、停止直前に減速するところが、
カッコイイです。

これだけでは寂しいので、
拡張線路セットをつなげてみます。

turntable09_DSC03454.JPG

こんな感じに、転車台の風景に近づきました。

turntable10_DSC03456.JPG

そしてもうひとつ、扇形機関庫を追加してみます。

turntable11_DSC03457.JPG

転車台の風景らしくなりました!

turntable12_DSC03458.JPG

SLを並べてみると、ニヤニヤとしてしまいますね(笑)

turntable13_DSC03472.JPG

写真の上側から、
C57 1次形、C56 小海線、C59 戦後形 呉線、
D51 498、C12、C62 山陽形(呉線) です。

機関車の入れ替えだけしても、楽しく遊べます。

turntable14_DSC03475.JPG

SLに必要な給炭・給水施設や、構内施設など、
設置してもリアルに楽しめそうですが、
ターンテーブルセットを組み立てるだけでも
結構な時間がかかるので、
モジュールレイアウト(ジオラマ)として、
造り込んでおくことも考え中です(汗)

好きな車両、思い入れのある列車を集めて、
雨の日でも旅気分で走らせて楽しめたらと、
復活したNゲージ趣味ですが、
進化も素晴らしく、ハマっていきますね[ふらふら]






nice!(95)  コメント(4) 

鉄道模型(Nゲージ):サウンドボックス [趣味]

一昨年(2017年)12月に、15年ぶり?に復活した趣味の
鉄道模型(Nゲージ)ですが、ちょっとした旅気分で、
旅で乗車して楽しかったり、思い入れのある列車・車両を、
鑑賞したり、走らせてみたりしてます。

最初に配備(購入)したのは、
子供のころから憧れていて一度も乗車できなかった、
181系特急電車(KATO製)です。

soundbox01_DSC05239.JPG

四国の旅へ行くときにお世話になっている、
285系特急電車「サンライズエクスプレス」も、
もちろん配備しております。

soundbox02_DSC05240.JPG

NゲージにはSL(蒸気機関車)もありますが、
煙が出ないですし、価格的も高価なので、
手を出すつもりはありませんでしたが・・・
快速「SLみなかみ」「SL碓氷」などでお世話になった、
SL:D51 498(KATO製)が気になって、
購入してしまいました(汗)

soundbox03_DSC05243.JPG

soundbox04_DSC05248.JPG

精巧なつくりで、実感的なのが素晴らしいです!

soundbox05_DSC00600.JPG

しかし、走らせてみると・・・
煙も出ないし、モーター音だし、物足りないです(汗)

やっぱり観賞用かな?と思っていたところ、
速度に同調して臨場感のある音を楽しめるという、
「サウンドボックス」というKATO製品があったので、
購入してみました(貧)

soundbox06_DSC05289.JPG

本体は、右側にスピーカーがあって、
スイッチ類はシンプルな配置となってます。

soundbox07_DSC05279.JPG

左上側のスロットへ「サウンドカード」を差し込むことで、
様々な列車の音に切り替えができます。

soundbox08_DSC05284.JPG

6つあるボタンでは、警笛やブレーキなど鳴りますが、
「サウンドカード」で変わります。

「サウンドボックス」は単体では運転できないので、
コントローラー(パワーパック)へ接続します。

soundbox09_DSC02918.JPG

実際に運転すると、列車の動作に応じて、
リアルな音がいい感じです!

音声とか動画とか掲載したいですが、
録音設備とか編集の時間の都合もあって、
またの機会にしたいと思います(汗)

こちらは試聴サイトです。
https://katomodels.net/soundbox/lineup/

KATO製以外の車両でも、
音のタイミングを微調整つまみで調整できますし、
加工をしないで音を楽しめるなんて、
時代は進歩しましたね(笑)

soundbox10_DSC05285.JPG

それから、
C62 山陽形(呉線)、C59 戦後形 呉線、
C12、C57 1次形、C50、C56 小海線
と増備してきて、
最新の、C62 常磐形 ゆうづる牽引機 で、
SLは8両となりました(貧)

soundbox11_DSC05270.JPG

soundbox12_DSC05272.JPG

煙はなくても、音でSLを楽しめるようになりましたが、
DD51型ディーゼル機関車キハ58系気動車などの、
ディーゼルエンジンのアイドリングや加速音も楽しいです。

soundbox13_DSC05277.JPG

他の形式の気動車へも流用しても楽しめます。

今は「サウンドカード」も増えましたが、
個人的に、ひとつ残念なのは、
日本の電気機関車の「サウンドカード」の発売がないことです。

soundbox14_DSC05283.JPG

電気機関車の「サウンドカード」があれば、
様々な列車が楽しめて、充実するので、
是非とも発売よろしくお願いいたします(望)

予算的には厳しいですが、音で楽しめるようになって、
進歩した鉄道模型は素晴らしいですね[わーい(嬉しい顔)]





KATO サウンドボックス (サウンドカード別売) 22-102 鉄道模型用品

KATO サウンドボックス (サウンドカード別売) 22-102 鉄道模型用品

  • 出版社/メーカー: カトー(KATO)
  • メディア: おもちゃ&ホビー
KATO Nゲージ サウンドカード D51 22-221-1 鉄道模型用品

KATO Nゲージ サウンドカード D51 22-221-1 鉄道模型用品

  • 出版社/メーカー: カトー(KATO)
  • メディア: おもちゃ&ホビー
KATO Nゲージ サウンドカード DD51 22-271-1 鉄道模型用品

KATO Nゲージ サウンドカード DD51 22-271-1 鉄道模型用品

  • 出版社/メーカー: カトー(KATO)
  • メディア: おもちゃ&ホビー
KATO Nゲージ サウンドカード キハ58 22-202-6 鉄道模型用品

KATO Nゲージ サウンドカード キハ58 22-202-6 鉄道模型用品

  • 出版社/メーカー: カトー(KATO)
  • メディア: おもちゃ&ホビー

nice!(96)  コメント(0) 

鉄道模型(Nゲージ)趣味復活?:181系特急電車 [趣味]

以前、鉄道模型(Nゲージ)をやっていて、
レイアウト(ジオラマ)も作ったりしてましたが、
15年前ぐらいにやめてしまいました。

やめた理由は、
欲しい車両の発売・再販まで何年も待って、
やっと欲しい車両が発売されてもすぐに品切れで、
予約して買えても数量限定で組みたい編成を確保できなくて、
心が折れて冷めてしまいました(笑)

殆どの車両は売ってしまいましたが、
今残っているのは、まず103系電車カナリア色(KATO製)です。

ngauge01_DSC02594.JPG

Nゲージは大きなアーノルドカプラーで連結しますが、
見た目や、連結部分の車両間が空きすぎて実感的でないので、
カプラー(連結器)を交換したり改造したりして、
車両間を詰めてあります。

ngauge02_DSC02588.JPG

他に残っているのは、小田急の車両です。

ngauge03_DSC02605.JPG

上から、
未塗装キットの5200形、9000形(グリーンマックス製)、
塗装済みキットの1000形(グリーンマックス製)、
10000形 HiSE(KATO製)です。

5200形9000形は、プラカラーの小田急色を信用したんですが、
塗ってみたら帯の色が濃すぎて失敗です(汗)

5200形9000形1000形は、相模大野駅の名物だった、
小田原線江ノ島線の分割・併合ができるように改造しました。

ngauge04_DSC02573.JPG

そして昨年(2017年)に、
子供のころから憧れていて一度も乗車できなかった、
181系特急電車(KATO製)が発売になっていて、
かなり出来が良くて、購入してしまいました(汗)

ngauge05_DSC02506.JPG

基本セットです。

ngauge06_DSC02482.JPG

増結セットです。12両編成が再現できます。

ngauge07_DSC02484.JPG

今はセット売りが主流なんですね。

綺麗な塗分けやボンネットのミラーまで再現されてます。

ngauge08_DSC02515.JPG

ボンネットのディテールも素晴らしいです!

ngauge09_DSC02563.JPG

連結したときの実感に近い車両間も購入したポイントです。

ngauge10_DSC02516.JPG

曲がるときに伸縮するカプラーで
実感的な形状と車両間を実現してます。

ngauge11_DSC02522.JPG

ボンネットのスタイルと、
前面の一直線の赤い帯がシャープなところが大好きな、
先頭車(クハ181形)です。

ngauge12_DSC02560.JPG

中間車(モハ180形)です。

ngauge13_DSC02556.JPG

車内のシートもつくられているのがいいですね。

グリーン車(モロ181形)です。

ngauge14_DSC02559.JPG

グリーン車マークも再現されてますが、
普通車のシートの青色に対して、
グリーン車のシートが茶色にしてあるので、
車両の変化も楽しめます。

食堂車(サシ181形)です。

ngauge15_DSC02557.JPG

一度も食堂車を利用したことがないので、
再現されている車内を眺めて楽しめます(笑)

動力車(モーター車)もシートがつくられていて、
違和感なく編成を楽しめます。

ngauge16_DSC02569.JPG

ライトも点灯するので、
運転しないで並べて眺めていても楽しめます。

ngauge17_DSC02599.JPG

15年も経つと、Nゲージはかなり進化していて、
満足できる仕様になってきたし、
メーカーの生産量も増えて、
ネットでも買いやすくなったので、
また集め始めてます。予算厳しいですが(貧)

転売やプレミア設定して高くしているお店では、
絶対に買いませんよ(笑)

今はお座敷レイアウト(床に線路敷いて運転)ですが、
旅に行けないとき(冬場のオフシーズン、雨天など)、
旅気分でお酒を呑みながら眺められるのは嬉しいですね[わーい(嬉しい顔)]


nice!(85)  コメント(4) 

小さな楽しみ、小田急ロマンスカーで退勤 [趣味]

今日の仕事は、会議で出張でしたが、
新宿駅へ15分ほどで行けるところなので、
小田急ロマンスカーで帰宅することにしました。

新宿駅に到着すると、まず小田急百貨店へ寄って、
デパ地下で買い物をします。
(通勤でカメラは持ってませんので、過去の写真です)

odakyu1_DSC03570.JPG

小田急新宿駅のホームへ行くと、
VSE(50000形電車)が停車してますが、
満席なので、2本後のロマンスカーになります(汗)

odakyu2_DSC05126.JPG

小田急新宿駅のホームの壁には、
歴代のロマンスカーのイラストが描かれてますが、
2017年のEXEα(30000形電車)が加わってました。

(2016年の写真)
odakyu3_DSC00880.JPG

(今日2017年3月29日のスマホで撮影)
odakyu4_DSC_0114 2.JPG

そして、乗車するEXE(30000形電車)が入線します。

odakyu5_DSC06777.JPG

小田急ロマンスカーは、
箱根、江ノ島方面への観光列車の他に、
18:00以降は「ホームウェイ」として通勤の足にもなってます。

odakyu6_DSC01234.JPG

満席でしたが、いつもの通勤電車と違って指定席で快適です!

odakyu7_DSC02338.JPG

ビール1本だけですが、呑み鉄です(喜)

odakyu8_DSC_0117 1.JPG

デパ地下で買った、
「カニ、エビ、イクラ、サーモンのちらし寿司」ですが、
デパ地下ならではの、生の甘えびや生のサーモンも乗っていて、
200円割引で美味しく楽しめました!

3月は今日まで、まともな休日は1日だけで、
旅はできませんでしたが、ぷち呑み鉄を楽しめました。

実は・・・明日からは代休を含めて4連休!
大至急、旅の計画中です[ふらふら]

 


年末年始のお酒(2015-2016) [趣味]

新年、明けましておめでとうございます。
今年も引き続きよろしくお願い致します!


※仕事の都合もあってなかなか時間が無く、
 巡回させていただいてるブログ様へコメントできなくて
 大変申し訳ありません。


さて、年末年始といえば、やっぱりお酒です!

ということで、今回の年末とお正月用のお酒は、
毎年の旅で立ち寄っている酒蔵さんを中心に、福島県のお酒でした。

sake01_DSC02641.JPG

1品目:大七皆伝

sake02_DSC02647.JPG

大七酒造さんの伝統的なお酒の造り方「生酛造り」の純米吟醸酒です。

フルーティな香りと、爽やかな酸味で、
重くも無く軽くもなく、飲みやすい口当たりが大好きで、
毎年のお正月用にはこのお酒は欠かせません!

2品目:亀の尾

sake03_DSC02648.JPG

末廣酒造さんの復活栽培米「亀の尾」で造られた純米大吟醸酒です。

こちらは大七皆伝と比較して酸味はやや強いですが、
味の深みとのバランスがよくて、肉系のおつまみに良く合います!

3品目:末廣 会津高田梅酒

sake04_DSC02655.JPG

こちらも末廣酒造さんですが、梅酒になります。

会津高田梅を米アルコールに漬け込んだ梅酒ですが、
酸味と甘味のバランスが良くて、
飲んだときは深い味ながら、後味すっきりとしていて、
炭酸割やロックでいただいてます。

4品目:大吟醸辛口 弥右衛門

sake05_DSC02650.JPG

大和川酒造店さんの大吟醸酒です。

フルーティな香りもよくて、ややずっしりとしたお米の旨みがあって、
日本酒を飲んだぞ!という満足感が残ります!

大七皆伝亀の尾、この弥右衛門と共通することですが、
常温で美味しくいただける日本酒なので、
部屋の片隅に置いてあると、ついつい呑んでしまいます(笑)

もちろん、冷やしても美味しくて、呑みすぎちゃいます(汗)

5品目:桃の涙

sake06_DSC02652.JPG

こちらも大和川酒造店さんのお酒で、
桃の果汁と地酒(純米酒)をブレンドしたリキュールです。

桃の香りが強く、ピーチネクターのようなまろやかな口当たりで、
爽やかな甘さと苦味のバランスがよくて、後味もさっぱりと美味しいです。

これらですが、旅で見つけたお酒なので、
酒蔵さんがあったら是非、寄ってみることをオススメします!

そして最後に、自分的なお酒の心得です!

 「美味しい日本酒は常温でも美味しい」
 「日本酒だからといって悪酔いするわけではない」
 「お酒は悪者ではない(悪さしてお酒のせいにするな)」

今年も旅で、美味しいお酒に出逢って、
楽しく、お酒を呑めたらと思います[わーい(嬉しい顔)]


年末年始のお酒:日本酒の話 [趣味]

今年も今日で終わりですが、
毎年末年始には楽しみがあって、
それは日本酒です(酔)

まぁ、年中お酒は買えるのですが、
年末になると地元のデパートでは、
酒蔵さんから持ってきた樽の生酒の詰替え販売があって、
これが狙いで昨日、開店から並んで日本酒を買いました♪

ここ5年は次の3種類の日本酒を買ってますが、

syougatsu1.jpg

左から、
大七皆伝(純米吟醸)
ふなぐち菊水 一番しぼり
五郎八(にごり酒)

で、
樽から詰替え販売が、ふなぐち菊水五郎八になります。

大七皆伝(福島)は、
生酛(生もと)造りという製法のお酒で、
キレがあってさっぱりとした味、上品な香りで、
常温で呑むにはおいしいお酒です!
https://secure.daishichi.com/shop/detail.cfm?itm_id=2&c=1

ふなぐち菊水(新潟)は、
コクがあって濃醇すでが、
日本酒にありがちな酒臭さとかはなく、
肉料理によく合うので、この時期には丁度いいです!
http://www.kikusui-sake.com/home/syohin_0001.html

五郎八(新潟)は、
コクのある甘口のにごり酒で、
甘酒のアルコール入り(しかも21度)って感じですが、
微炭酸がピリっと効いておいしいです!
(生酒なので自然に炭酸が発生するようです)
http://www.kikusui-sake.com/home/jp/products/p019.html

この五郎八を呑んでいるためか、
ここ最近、マッコリというお酒?が流行ってるようですが、
自分には全く呑めません・・・
※理由はご想像にお任せします(汗)

日本酒は呑めないという方も多いようですが、
居酒屋や量産メーカーではなく、
一度、地方の酒蔵さんのおいしいお酒を呑んでみると、
全然違いますよ!

実は、自分も日本酒は呑めない派だったんですが、
新潟出身の友人と、その地酒を呑んでから、
すっかり日本酒を呑めるようになりました♪

ただ、今でも居酒屋などで置いてある、
銘柄もない日本酒どこにでもある量産の地酒は、
ほとんどおいしいと思いませんが[がく~(落胆した顔)]

大七 皆伝 1800ml (かいでん)

大七 皆伝 1800ml (かいでん)

  • 出版社/メーカー: 大七
  • メディア:

【ケース特価】菊水 ふなぐち 一番しぼり 本醸造生原酒 200ml 30本

【ケース特価】菊水 ふなぐち 一番しぼり 本醸造生原酒 200ml 30本

  • 出版社/メーカー: 菊水酒造 (株)
  • メディア:

【季節限定にごり酒】 菊水 五郎八「ごろはち」 1800ml 【新潟】

【季節限定にごり酒】 菊水 五郎八「ごろはち」 1800ml 【新潟】

  • 出版社/メーカー: 菊水酒造株式会社
  • メディア:



今のところ最後の車:ホンダ・トルネオ・ユーロR [趣味]

実は自動車も大好きでして、
どちらかというと運転する方が好きで、
金曜と土曜は、夜から朝にかけて遠出したり、
サーキットに走りに行ったりしてました(懐)

しかし、
2年前に思うところがあって車を売ってしまい、
今は車は持ってません。
(理由などはまた別の機会に)

今まで乗ってきた車の中では、
一番速いわけではないですが、
一番お気に入りだったラストの車、
ホンダ・トルネオ・ユーロR(TORNEO Euro-R)
http://www.honda.co.jp/TORNEOEURO-R/2002/
を紹介します。

主な仕様は、

●総排気量=2,156cc
●車両重量=1,330kg
●最高出力=162kW [220PS] / 7,200rpm*
●最大トルク=221N・m [22.5kg・m] / 6,700rpm*

で、決して軽くて速い!ってわけではないですが、
FFながら車体のバランスの良さ(コントロールし易さ)と、
7000rpmオーバーまで気持ちよく回るVTECエンジン
の気持ち良さにやられました(汗)

ワクワクな納車のときの画像です(懐)

torneo01.jpg

室内装備も純正ながら、
アルミ製シフトノブ、
レカロ社製バケットシート、
MOMO社製革巻ステアリングホイール、
BOSEサウンドシステムなどなど

嬉しい内容でした♪

torneo02.jpg

燃費は、カタログでは、
10・15モード走行燃料消費率(国土交通省審査値)=11.6km/L
ですが、
街中で10km/L、山に走りに行って(笑)12km/L
だったので、燃費とパワーのバランスも良く
燃料タンク容量=60Lだったので長距離にも嬉しかったです♪

唯一、苦手だったのは電動パワーステアリングで、
感覚は慣れるまで時間がかかりました(苦)

基本的にノーマル派なんですが、
面白い車だったのでいろいろ手を加えてしまいました(笑)

まず、
VTECエンジンのハイカムに切替ってからの加速は気持ちいいですが、
その手前5000prm付近でトルクが落ちるのが気になったので、
まずはK&Nの純正交換タイプエアフィルターと、
マフラー:Fujitsubo Legalis R
http://www.fujitsubo.co.jp/prods/detail/000000000000001266/00000000000000003064/00000633
に交換しました。

torneo03.jpg

それでダメだったので、

吸気に、K&N湿式コットン4層フィルターを使って、
熱を遮断するアルミパイプ付の、
エアクリ:Gruppe M SUPER CLEANER
http://www.gruppem.co.jp/ja/product/sc/index.html

排気に、
エキマニ:Fujitsubo Legalis EX
http://www.fujitsubo.co.jp/prods/detail/000000000000001310/00000000000000002879/00000633

などなどを交換して改善されて、
レスポンスも良くなりました!

ノーマルのエンジンルームです。

torneo04.jpg

アフターです(笑)

torneo05.jpg

そしてある日、
峠道で自分で限界かと思ってた壁を越えたとき、
踏ん張って曲がったのを機に、
実はかなりのポテンシャルも持っている!ってことで、
足回りにも手を加えました(汗)

ブレーキパッド:無限Type Sport
ブレーキライン:無限ステンレスメッシュ
車高調:TEIN TYPE FLEX
http://www.tein.co.jp/search/search1.cgi?act=DETAIL&item=FLP&sel_make=HONDA&sel_model=%E3%83%88%E3%83%AB%E3%83%8D%E3%82%AA+%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%83%ADR&sel_code=CL1&grade_s=&sel_year=H12.06-H14.10

torneo06.jpg

車高調をTEINにしたのは、
家族が乗るのもあるし、
サーキットに行くこともあるし、
ってことで、ややマイルドな硬さと、
運転席から減衰力が調整できるEDFCが使える
ってことで入れました(汗)

フロント側のEDFCのモーター部です。

torneo07.jpg

運転席のEDFCコントローラです。

torneo08.jpg

アルミホイールも換えようといろいろ調べましたが、
ホンダの純正アルミって結構軽くて質もいいので、
205/50R16 87Vのままで、
タイヤはYOKOHAMA ADVAN NEOVAで、
半年ローテーションで乗ってました(笑)

この車は、今までの人生で一番長く乗ったこともあって、
思い出も多いです(懐)

箱根にて。

torneo09.jpg

宮ヶ瀬にて。

torneo10.jpg

今は車は持ってないとはいえ、そのうち欲しいですね(汗)

でも、予算も考慮して、
は欲しい、胸がキュン!とする車がないです(悲)

スポーツタイプがない、なんちゃってスポーツとか、
なんでこんな時代になってしまったのか・・・

自動車メーカーさんにも頑張って欲しいですが、
ユーザさんも、いろいろ事情もあると思いますが、
無難な車でなくて、正直に面白い車を選択するのも
いいと思いますよ[わーい(嬉しい顔)]


衝動コレクション [趣味]

ときどき、何かを収集したくなることがあります(汗)

5月末ごろでしょうか、
仕事中にちょっと食べるお菓子を買いに、
会社の売店に行ったら、
エヴァウエハースチョコが売っていて、
ちょうどいい量なので続けて買ってました。

そして、半端にカードが増えていって・・・

evachoco91.jpg

まぁ、弟がエヴァ好きなので、
ちょっと買い集めて、あとであげればいいかな?と、
ローソンで買いだめして・・・

evachocoL1.jpg

引くに引けなくなって(笑) ついつい、
Amazonにも手を出して・・・

evabox2.jpg

おかげでSPカードも2セットになりました(汗)

evacardsp.jpg

まぁ、ウエハースチョコはおやつで食べればいいし、
お菓子買わなくていいから、いいだろうと思ってたら・・・

全部食べるのが一番大変でした(笑)

途中挫折もありましたが、やっと在庫なくなりました(鬼)

昔、チョコエッグのときは、
周りのチョコは半分以上捨ててたんですが、
ウエハースは、なんか勿体無くて、
捨てられませんでした(汗)

とりあえず、エヴァウエハースは、
もう買うことはないでしょう・・・[ふらふら]




今日は仕事休み♪ [趣味]

さて、今日は仕事はお休みです!

これから、久々の地元パチンコ屋に行きます♪
(今年2回目)

エヴァパチ:CR新世紀エヴァンゲリオン~始まりの福音~
を打ちたいですが、空き台がなかったら・・・

アキバ&銀座にGO!

古いオーディオの修理(中古パーツ)・リプレース検討と、
サマージャンボの購入が目的です[わーい(嬉しい顔)]

古いオーディオについては、また次回に!