So-net無料ブログ作成
旅・散歩-東海 ブログトップ
前の10件 | 次の10件

浜松方面へ花見の旅 その1:掛川編 [旅・散歩-東海]

3月2日の伊豆の河津桜から始まりました、
今年の花見の旅ですが、
今回も同じ静岡県の、浜松方面へ行きました。

3月24日(土)、
新横浜駅6:52発車のJR東海道新幹線「こだま631号」で出発です。

hamamatsu101s_DSC08189.JPG

横浜のお弁当といえば崎陽軒が有名ですが、
基本に戻って「シウマイ弁当」で朝ごはん+呑み鉄です♪
(「炒飯弁当」と迷いました)

hamamatsu102s_DSC08195.JPG

崎陽軒の「シウマイ弁当」は、
横浜名物「昔ながらのシウマイ」を中心として、
鮪の照り焼、鶏唐揚げ、玉子焼き、筍煮などなど、
ボリュームがあって美味しいお弁当です。

自分的には、もちもちのごはんも好きで、
これで830円という駅弁としてはお得なお弁当です。

富士山を眺めながら、楽しい呑み鉄の時間です(酔)

hamamatsu103s_DSC08203.JPG

掛川駅8:10到着、独特の木造の駅舎がシブいです。

hamamatsu104s_DSC08215.JPG

掛川駅から徒歩10分ほどで掛川城に到着です。

hamamatsu105s_DSC08218.JPG

四足門(よつあしもん)から本丸へ入ります。

hamamatsu106s_DSC08219.JPG

四足門を入ってすぐに、満開の枝垂桜がきれいです。

hamamatsu107s_DSC08222.JPG

天守は9:00から入館できますが、
まだ30分近く時間があるので城内を散歩します。

太鼓櫓を背景に、別の角度からの垂桜です。

hamamatsu108s_DSC08255.JPG

本丸には花広場がありますが、
桜はまだ5分咲きという感じでした。

hamamatsu109s_DSC08267.JPG

9:00になったので天守へ登ります。

hamamatsu110s_DSC08238.JPG

天守の近くには霧吹井戸があって、
今川氏真が掛川城に逃げ込んだ時に、
井戸から霧が立ち込めて、
徳川軍が攻撃できなくなったという伝説があります。

hamamatsu111s_DSC08273.JPG

天守は平成6年(1994年)4月に、
日本初の本格的な木造で復元されていて、
急な階段も再現されてます(汗)

hamamatsu112s_DSC08277.JPG

天守最上階に到着します。

hamamatsu113s_DSC08281.JPG

復元されたお城ですが、
当時の資料からきちんと木造で再現されているので、
じっくりと楽しめますね。

最上階から掛川駅方面を眺めます。

hamamatsu114s_DSC08279.JPG

次に向かう、掛川城御殿を見下ろします。

hamamatsu115s_DSC08283.JPG

掛川城御殿は、
安政2年(1855年)から文久元年(1861年)にかけて再建され、
国の重要文化財に指定されてます。

hamamatsu116s_DSC08247.JPG

掛川城御殿へ入るとすぐに、
安政2年(1855年)から時刻を知らせていたという。
大太鼓があります。

hamamatsu117s_DSC08294.JPG

各間には展示があります。

hamamatsu118s_DSC08295.JPG

掛川城御殿は閑散としてましたが、
当時の部屋と展示物など、ゆったりした空間でした。

hamamatsu119s_DSC08311.JPG

掛川城の桜は、
全体的には見ごろにはまだ早かったですが、
ところどころに満開に近い桜もあって、
花見を楽しめました!

hamamatsu120s_DSC08321.JPG

hamamatsu121s_DSC08252.JPG

掛川城から掛川駅へ戻ります。・・・続く[わーい(嬉しい顔)]


nice!(69)  コメント(14) 
共通テーマ:旅行

2018年花見開始!河津桜の旅 後編 [旅・散歩-東海]

河津での花見と散歩ですが、
海に近いところは、かなり散ってたので、
海岸へは寄りませんでした。

kawazu201s_DSC07960.JPG

河津駅に戻ります。

kawazu202s_DSC07869.JPG

河津駅のホームでは、お昼の前ですが早くも、
熱海、東京方面の電車は花見帰りの乗客で混雑してました(汗)

kawazu203s_DSC07973.JPG

もちろん、このまま東京方面へ帰る気はありませんので、
河津駅11:49発車の伊豆急下田駅行きの電車へ乗車します(笑)

kawazu204s_DSC07977.JPG

伊豆急下田駅12:02到着します。

kawazu205s_DSC07989.JPG

伊豆急下田駅では、乗車予定の列車の時間まで、
駅の周辺を散歩します。

kawazu206s_DSC08002.JPG

駅の近くにある、
波布比咩命神社(はぶひめのみことじんじゃ)です。

kawazu207s_DSC08007.JPG

見事な満開の河津桜でした!

伊豆急下田駅の北側の踏切を渡ります。

kawazu208s_DSC08012.JPG

伊豆急下田駅周辺をぐるっと散歩して、
13:03発車の特急「踊り子108号」へ乗車します。

kawazu209s_DSC08017.JPG

今回の旅ですが、1981年から運用されている、
この185系電車へ乗車するのも目的のひとつです。

kawazu210s_DSC07993.JPG

地元神奈川県内の東海道本線を走っている185系電車ですが、
古い車両なので廃車も多くなって引退も近いですが、
一度も乗車したことがなかったので、
今のうちにと思って、初めての乗車です(汗)

奮発してグリーン車です。

kawazu211s_DSC08019.JPG

特急車両の基準なので、シートピッチが広いです。

kawazu212s_DSC08027.JPG

まだお昼というのもあって、
グリーン車は貸し切り状態でした(汗)

kawazu213s_DSC08029.JPG

河津川沿いの出店で買った、
「金目鯛寿司」(写真手前)と「サンマ寿司」(写真奥)で、
呑み鉄開始です!

kawazu214s_DSC08037.JPG

どちらも伊豆急ホテルの出店で迷いましたが、
「金目鯛寿司」が800円、「サンマ寿司」が600円、
この価格ならとどちらも買ってしまいました(笑)

生貯蔵本醸造酒「伊豆の里」ですが、
飲み口は柔らかく、旨みがぐっとくる日本酒で、
「伊豆の地ビール」と一緒に美味しくいただきました(酔)

河津駅13:14到着、お昼を過ぎると、
花見客も駅のホームも大混雑です(汗)

kawazu215s_DSC08044.JPG

河津駅では列車の行き違いのため、
4分の停車時間がありますが、
混雑を避けて列車内で過ごします。
(写真は行きに河津駅で撮ったものです)

kawazu216s_DSC07966.JPG

伊豆の海を眺めながら、呑み鉄を楽しみます(酔)

kawazu217s_DSC08049.JPG

片瀬白田駅付近から伊豆大島を眺めます。

kawazu218s_DSC08066.JPG

この電車(185系)ですが、
窓を開けて風に当たってお酒を呑めるのがポイントです(笑)

kawazu219s_DSC08076.JPG

小田原駅14:48到着、ここで下車します。

この日の午後の部は、
小田原梅まつり(曽我梅林)へ行こうと思ってましたが、
東海道本線は遅延してたし、
この時間からだと帰りは大混雑しそうなので、
小田急ロマンスカーで帰宅することにしました。

kawazu220s_DSC08098.JPG

小田原駅で売っていた「とん焼き弁当」で呑み鉄です。

kawazu221s_DSC08105.JPG

「とん焼き弁当」は、見た目は普通の豚焼肉弁当ですが、
甘味があって柔らかい箱根山麓豚が4枚(だと思います)、
薄塩味でそのまま最初の1枚食べて美味しく、
そのあとは甘辛の味噌ダレをつけて美味しく、
二度楽しめて、量も満足なお弁当です!

爽やかな苦みで呑みやすい「箱根七滝ビール」と一緒に、
呑み鉄を楽しみました(酔)

また来年も、プランを考えて、
河津桜と鉄道の旅を楽しみたいです[わーい(嬉しい顔)]

nice!(82)  コメント(8) 
共通テーマ:旅行

2018年花見開始!河津桜の旅 前編 [旅・散歩-東海]

今年も花見の時期が近づいてきまいしたが、
3月2日(金)に一足早く、花見に行きました。

早朝からJR東海道本線に乗車して、
熱海駅7:42到着します。

kawazu101s_DSC07832.JPG

今回は花見で現地で沢山食べたいので
朝は軽い呑み鉄でした。

kawazu102s_DSC02654.JPG

熱海駅からは伊豆急行に乗り換えて、
7:55発車の伊豆急下田行きの電車へ乗車します。

kawazu103s_DSC07841.JPG

この30分後にはリゾート21の車両の電車がありましたが、
既に乗客が多かったので、混雑を避けて先発の電車にしました。

伊豆高原駅8:38到着、
ここで6両編成の後3両の切り離しをするため、
4分の停車時間があるので、ホームへ降りると、
「THE ROYAL EXPRESS」が停車してました。

kawazu104s_DSC07846.JPG

高級列車なので、乗車することはなさそうです(汗)

片瀬白田駅8:57発車すると、伊豆大島が見えます。

kawazu105s_DSC07852.JPG

伊豆の海を眺めながら、河津駅9:08到着、
河津桜の上を走る列車を見送ります。

kawazu106s_DSC07862.JPG

駅前を歩くと、前日の嵐もあって散り気味ですが、
河津桜と菜の花の黄色のコントラストがきれいです。

kawazu107s_DSC07873.JPG

河津駅から歩いて10分ほどの、
河津川沿いのメイン会場はもの凄く人が多いです(汗)

kawazu108s_DSC07880.JPG

河原に降りて河津桜を見上げます。

kawazu109s_DSC07886.JPG

河津川上流に向かうほど、
まだ散ってない満開の河津桜があって、花見を楽しみます。

kawazu110s_DSC07898.JPG

豊泉橋を渡ります。いい眺めですね!

kawazu111s_DSC07894.JPG

豊泉橋から歩いて5分ほどの峰温泉に到着です。

kawazu112s_DSC07899.JPG

峰温泉大噴湯公園で温泉大噴射を見物したかったですが、
この日はメンテナンスのために12:30からでしたので、
午後はもっと混むし時間の都合から、見物しませんでした。

kawazu113s_DSC07921.JPG

足湯もメンテナンスでお湯はありませんでした。

kawazu114s_DSC07922.JPG

でも、温かい温泉卵は食べていきますよ(鬼)

kawazu115s_DSC07914.JPG

温泉卵は美味しいですよね!
2個で150円なのもお手頃価格で嬉しいです。

ゆるキャラ「フントー君」の銅像と桜を眺めながら、
峰温泉大噴湯公園でひと休みします。

kawazu116s_DSC07918.JPG

峰温泉大噴湯公園から10分ほど歩いて、
河津桜の原木を見物します。

kawazu117s_DSC07931.JPG

少し散り気味でしたが、人とクルマで大混雑でした(汗)
(平気で枝に接触している観光バスはどうだろうか・・・)

河津の街中の細道を歩いていても、
きれいな河津桜と菜の花の風景があって楽します。

kawazu118s_DSC07933.JPG

来宮神社(きのみやじんじゃ)に到着します。

kawazu119s_DSC07953.JPG

ここには樹齢1,000年以上という国の天然記念物の大楠があって、
旅の安全と、今年も無事に花見できたことに感謝します。

kawazu120s_DSC07942.JPG

途中の出店で買い物をして、
花見しながら河津駅へ戻ります。

kawazu121s_DSC07924.JPG

実は、この前の週に予定してて行けなくて、
昨年(2017年)は2月18日に行ったときに満開だったので
もう散ってるかな?と思いましたが、
満開の河津桜と散歩を楽しめました!

このあとは伊豆急下田駅へ向かいます。・・・続く[わーい(嬉しい顔)]

nice!(87)  コメント(6) 
共通テーマ:旅行

伊豆、花見の旅 その3:伊豆クレイル編 [旅・散歩-東海]

下田での散歩から伊豆急下田駅へ戻って、
駅周辺を歩きます。

izu301s_DSC00487.JPG

すると、帰りに乗車する快速「伊豆クレイル」が到着します。

izu302s_DSC00496.JPG

波布比咩命神社(はぶひめのみことじんじゃ)です。

izu303s_DSC00503.JPG

河津での河津桜も見事でしたが、
下田でも満開の河津桜を見ることができます。

伊豆急下田駅へ戻って、お土産を買って、
「伊豆クレイル」の乗車まで少し休憩します。

この日の「伊豆クレイル」は、
伊豆急下田駅15:09発車から変更して15:42発車なので、
時間に余裕があります。

15:30ごろ、駅のホームへ入場ができます。

izu304b_DSC00507.JPG

発車まで10分以上、時間があるので、
駅のホームでぶらぶらします。

izu305b_DSC00512.JPG

毎回思うことですが、
特急「スーパービュー踊り子」へ乗車してみたいですね。

しばらくすると、
成田エクスプレスの車輛(E259系)で運行している、
急「マリンエクスプレス踊り子77号」が到着します。

izu306b_DSC00516.JPG

成田エクスプレスは、
スーツケースなど大きな荷物を置くスペースがあって、
座席はシートピッチが広くて快適なんですよね、
乗車する機会はほぼないですが(汗)

そして、3度目の「伊豆クレイル」へ乗車です。

izu307s_DSC00508.JPG

満開の河津桜にも合っている花柄の車体ですね。

「伊豆クレイル」へ乗車して早速、
「金目鯛の塩焼き弁当」と日本酒「伊豆山々」で、
呑み鉄が始まります(笑)

izu308s_DSC00523.JPG

「金目鯛の塩焼き弁当」は、
一切れながらも、肉厚で脂ののった金目鯛の塩焼きと、
ご飯にまぶしてある地元の海苔が香ばしくて美味しいです!

「伊豆山々」はキレのあるさっぱりた日本酒で、
「金目鯛の塩焼き弁当」に合って、楽しめました。

河津駅15:56到着の直前に、河津川を渡ります。

izu309s_DSC00531.JPG

見事な河津桜が続いてますね!

この日は混雑の影響で、河津駅発車が5分ほど遅れたので、
天気も曇りだし、片瀬白田駅近辺の一時停車はないかも?
と思いましたが、きっちりサービス停車はありました。

izu310s_DSC00535.JPG

薄っすらと伊豆大島が見えます。

このあと、バーカウンターとラウンジがある、
2号車へ移動します。

izu311s_DSC00540.JPG

伊豆高原駅を発車して16:40ごろ、
ボサノヴァの弾き語りのイベントが始まります。

izu312s_DSC00550.JPG

満席なので人が多く、話し声など雑音も多めでしたが、
伊豆の眺めとボサノヴァの生演奏で癒されました!

イベントが終わる17:00近くに伊東駅に到着、
出発の17:08まで10分ほどあるので、
駅のホームへ降りてぶらぶらします。

izu313s_DSC00551.JPG

記念撮影で混雑してますね(汗)

リゾート21が到着、「伊豆クレイル」と並びます。

izu314s_DSC00560.JPG

伊東駅を発車したあとは、
カリカリ香ばしい「かわはぎボーン」をおつまみに、
バーカウンターで売っている生ビールで呑み鉄です。

izu315s_DSC00563.JPG

日が暮れていく伊豆の風景を眺めます。

izu316s_DSC00567.JPG

時間通り、小田原駅18:02到着です。

izu317s_DSC00584.JPG

2時間ちょっとの観光列車の旅を楽しめました!

2017年7月から、JR横浜駅-伊豆急下田駅の区間で、
「THE ROYAL EXPRESS」が運行予定なのも楽しみですが、
高級すぎて庶民には乗車するのは難しいので、
快速のグリーン席料金1,280円で手軽に乗車できる
「伊豆クレイル」は嬉しいですね。

さて、帰宅するまでが旅なので、
帰りのJR東海道本線でも、呑み鉄は続きます(笑)

izu318s_DSC00590.JPG

下田で買った「焼きえびすなっく」ですが、
油で揚げてないのに海老の香ばしさが美味しくて、
一気に食べてしまいました。

今回は混雑していたので、
「伊豆クレイル」オリジナルメニューは買えませんでしたが、
またゆっくり乗車して、まったり楽しみたい列車です。

来年も、作戦を変えて河津桜と列車の旅をしたいですね[わーい(嬉しい顔)]


nice!(72)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

伊豆、花見の旅 その2:下田編 [旅・散歩-東海]

河津での河津桜の花見ですが、かなり混雑してきたので、
伊豆急の河津駅へ戻ります。

izu201s_DSC00301.JPG

11:00ごろの河津駅ですが、
列車から降りた人、乗車しようとする人で混雑してました(汗)

izu202s_DSC00308.JPG

東京方面への特急券を求める人で窓口は大行列になってたので、
乗車券・指定席券などは事前に買っておくのがいいですね(汗)

河津駅のホームへ行くとちょうど、
特急「スーパービュー踊り子1号」が到着して、
沢山の乗客が降りてました。

izu203s_DSC00332.JPG

そのあと、
臨時快速「河津さくら号」伊豆急下田行きが到着です。

izu204s_DSC00337.JPG

何か特別な車輌とかかな?と期待してましたが、
普通の電車でした・・・

やはり満開の河津桜が目的でしょうか、
満員だったほとんどの乗客が降りて、乗客は数名です(笑)

izu205s_DSC00344.JPG

向かって右側の車窓をよく見ると、
熱海・東京方面へのホームが混雑してます(汗)

河津駅11:19発車、伊豆急下田駅11:29到着です。

izu206s_DSC00352.JPG

河津桜と菜の花もあって、この季節らしい演出です。

伊豆急下田駅から歩きます。

izu207s_DSC00361.JPG

数分歩いて、寝姿山ロープウェイの乗り場に到着です。

izu208s_DSC00363.JPG

ロープウェイへ乗車して5分ほどで寝姿山へ到着です。

izu209s_DSC00367.JPG

寝姿山からは、下田港が一望できて絶景です!

izu210s_DSC00385.JPG

利島や新島などの伊豆諸島も薄っすら見えます。

izu211s_DSC00387.JPG

寝姿山の遊歩道は、階段が多くて疲れますが、
絶景や花も植えてあって楽しめます。

izu212s_DSC00395.JPG

山頂には縁結びのパワースポット、愛染明王堂があります。

izu213s_DSC00413.JPG

この日の夜にちょっとした出会いがありましたが、
今は仕事でまともな上司の縁が最重要事項かも?(笑)

下田の街も一望できます。

izu214s_DSC00416.JPG

江戸時代の砲台跡もあります。

izu215s_DSC00425.JPG

ここで、日本酒「富士に四季」で休憩です。

izu216s_DSC00428.JPG

「富士に四季」は口あたりさっぱりと呑みやすく、
景色を眺めながらゆっくり楽しめました。

寝姿山の散歩のあとは、下田港へ向かいます。

izu217s_DSC00430.JPG

寝姿山ロープウェイの乗り場から10分ほど歩いて、
道の駅「開国下田みなと」に到着です。

izu218s_DSC00436.JPG

ここでは、お土産を物色したあとに港を散歩します。

izu219s_DSC00439.JPG

黒船(遊覧船)です。

izu220s_DSC00481.JPG

黒船を見物して、伊豆急下田駅へ戻ります。・・・続く[わーい(嬉しい顔)]


nice!(72)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

伊豆、花見の旅 その1:河津編 [旅・散歩-東海]

先週の土曜日(2月18日)ですが、
河津桜の満開を予想して、1ヶ月前から計画していた伊豆へ、
今年最初の花見をしました。

久々の初電で、真っ暗なうちから出発したので、
JR東海道本線では相模湾の日の出を眺めます。

izu101s_DSC01717.JPG

お弁当屋さんは開店前、
現地で美味しいものが沢山あるかも?ということで、
クラブハウスサンドで、軽めに呑み鉄です。

izu102s_DSC01716.JPG

熱海駅7:08到着、電車を乗り換えます。

izu103s_DSC00166.JPG

熱海駅7:22発車の伊豆急下田行きの電車へ乗車します。

izu104b_DSC00167.JPG

途中、車窓から満開の桜が見えて期待が高まります!

izu105s_DSC00175.JPG

河津駅8:32到着、ここで降りると・・・
駅のホームから満開の河津桜を確認!

izu106s_DSC00189.JPG

駅前の通りから満開の桜並木があって、
菜の花とのピンク色と黄色のコントラストが綺麗です!

izu107s_DSC00195.JPG

河津川沿いに出るとすぐに、満開の桜が見えてきます!

izu108s_DSC00209.JPG

満開の桜と桜まつりで、
沢山の人で混雑してるのも確認できます(汗)

izu109s_DSC00201.JPG

人が多くて思うように進めませんが、
桜と菜の花を楽しめます。

izu110s_DSC00219.JPG

来宮橋を渡ります。ここからの眺めもいいですね!

izu111s_DSC00226.JPG

河原へ降りて散歩します。

izu112s_DSC00264.JPG

このあと、来宮橋から歩いて10分ほどの峰温泉へ向かいます。

izu113s_DSC00228.JPG

峰温泉大噴湯公園に到着です。

izu114s_DSC00241.JPG

ゆるキャラ「フントー君」の銅像の前で一休みして、
温泉たまご(2個150円)をいただきます。

izu115s_DSC00237.JPG

付いている塩をつけないで、そのまま食べて美味しいです。

そして、温泉大噴射が始まります!

izu116s_DSC00250.JPG

実際に見ると、迫力もあって、
場所と風向きによっては温泉を浴びます。

はい、少し浴びました。カメラを必死に守りました(笑)

温泉大噴射を見物したあとは、再び河津川を渡って、
峰温泉大噴湯公園から歩いて15分ほどの、
河津桜の原木を見物します。

izu117s_DSC00274.JPG

住宅街の狭いスペースにある大きな原木ですが、
沢山の人が集まってました(汗)

お昼ごはんにしようと河津川沿いへ戻る途中、
来宮神社(きのみやじんじゃ)があります。

izu118s_DSC00283.JPG

樹齢1,000年以上という国の天然記念物の大楠がありますが、
混む前にお昼ごはんにしたいので先を急ぎます。

河津川沿いへ戻って「金目鯛寿司」をいただきます。

izu119s_DSC00296.JPG

「金目鯛寿司」は脂がのっていながら、
さっぱりと食べれて美味しかったですが・・・
個人的にですが、ビールは2種類以上は置いてほしいです(悲)

とはいえ、濃いピンク色の河津桜と食事を楽しめました。

izu120s_DSC00261.JPG

食事のあとに河津川沿いを歩いてみると、
更に人が増えて大混雑でなかなか進めず、
時間が経ってしまったので、
来宮神社へは戻らずに河津駅へ向かいます。・・・続く[わーい(嬉しい顔)]


nice!(68)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

観光列車 伊豆クレイルの旅 その3:復路編 [旅・散歩-東海]

JR小田原駅から快速「伊豆クレイル」を楽しんあとは、
伊豆急下田駅から街を散歩します。

craile301s_DSC07793.JPG

伊豆急下田駅14:06到着から、
乗車予定の上りの快速「伊豆クレイル」は15:09発車なので、
約50分を目安に散歩しました。

まずは伊豆急下田駅から徒歩15分ほどのペリーロードです。

craile302s_DSC07799.JPG

古い街並みやお店が、レトロな雰囲気です。

更に10分ほど歩いて、ペリー艦隊来航記念碑です。

craile303s_DSC07808.JPG

港町の風景を眺めながら歩きます。

craile304s_DSC07809.JPG

もう少し時間に余裕があったら、
ロープウェイに乗って寝姿山の散歩もしてみたいです。

伊豆急下田駅へ戻る途中、ハロウィンのイベントがありました。

craile305s_DSC07814.JPG

お土産など買い出しをして、伊豆急下田駅のホームです。

craile306s_DSC07820.JPG

特急「踊り子114号」を見送ります。

craile307s_DSC07842.JPG

帰りも快速「伊豆クレイル」へ乗車します。

craile308s_DSC07855.JPG

伊豆急下田駅15:09発車、
この日の上りの「伊豆クレイル」は、空席が結構ありました。

伊豆の地ビール「しゃぶしゃぶ金目茶寿し弁当」で呑み鉄です!

craile309s_DSC07862.JPG

「しゃぶしゃぶ金目茶寿し弁当」は量は少なめですが、
生っぽくて脂がのってる金目鯛が美味しいです。

地ビールも濃い味ながらさっぱりと美味しいです(酔)

15:40ぐらいでしょうか、
片瀬白田駅近辺で一旦停車するサービスです!

craile310s_DSC07869.JPG

伊豆大島を眺めながら、
おつまみに「焼金目鯛」で呑み鉄を楽しみます。

craile311s_DSC07865.JPG

伊豆急下田駅とその近くのお店では、
お酒のおつまみに合うお土産も沢山売ってます。

伊豆高原駅16:00発車すると、
ボサノヴァの弾き語りのイベントが始まりますが、
生ビールを買いにバーカウンターへ行ったら、
準備していたのでそのまま待ちます。

craile312s_DSC07883.JPG

伊豆の夕方の風景を眺めながら、
ボサノヴァとお酒とでいい時間です!

craile313s_DSC07890.JPG

伊東駅16:18到着、ここでは14分の停車時間があるので、
ホームで記念撮影ができるようになってます。

craile314s_DSC07895.JPG

伊東駅16:32発車、ここからサラリーマンなど、
一般の快速利用の乗客が増えます。

小田原駅17:12到着、
サービス、イベントなどなど、リゾート気分満載で、
往復の「伊豆クレイル」を楽しみました!

craile315s_DSC07911.JPG

辺りは暗くなりましたが、
まだ時間は早いので、小田原城を少し散歩します。

craile316s_DSC07933.JPG

craile317s_DSC07923.JPG

ライトアップされたお城も幻想的でいいですね!

再び小田原駅へ戻って、帰路になります。

craile318s_DSC07950.JPG

力の入った「伊豆クレイル」ですが、一つだけ思うのは、
長時間停車するのは熱海駅や伊東駅なので、
下車して観光を楽しむ要素が少ないのが物足りなく感じます。

快速「越乃Shu*Kura」の青海川駅や、
快速「リゾートしらかみ」の千畳敷駅のように、
片瀬白田駅あたりで長時間停車して、
ホームから海岸を眺めたりできれば、更に充実すると思います。

運行始めたばかりの「伊豆クレイル」は、
これからの展開も楽しみですね!と思いながら、
JR東海道本線でもやっぱり呑み鉄しながら帰るのでした(笑)

craile319s_DSC07953.JPG

高級なお弁当付きの、びゅう旅行商品や、
グリーン席指定券で乗車してバーカウンターで好きなものを買う、
などなど、楽しみ方もいろいろあって、
快速「伊豆クレイル」は何度も乗車したい列車の一つです[わーい(嬉しい顔)]


nice!(58)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

観光列車 伊豆クレイルの旅 その2:往路編 [旅・散歩-東海]

前回の記事で、JR東海道本線小田原駅10:55ごろに、
一旦入線した快速「伊豆クレイル」ですが、
11:30過ぎに退避してた引込線から動き出して入線します。

craile201s_DSC07632.JPG

グリーン席の4号車へ乗車します。

craile202s_DSC07768.JPG

海側の座席は青色、山側の座席は緑色になってます。

座席は、特に広くは感じない特急指定席のシートピッチですが、
普通・快速のグリーン席扱いなので、こんなもんでしょうか。

craile203s_DSC07640.JPG

乗車してまずは、2号車のバーカウンターへ買い出しに行きます。

途中、3号車を通ります。

craile204s_DSC07642.JPG

3号車のコンパートメント席(半個室)には、
びゅう旅行商品の(高級)弁当が用意されてます。

craile205s_DSC07643.JPG

2号車です。広々としてます。

craile206s_DSC07646.JPG

設置されてるモニタには伊豆の観光情報が映されてます。

craile207s_DSC07690.JPG

バーカウンターには、
「伊豆クレイル」オリジナルのお土産が販売されてます。

craile208s_DSC07879.JPG

洒落たメニューです。

craile209s_DSC07648.JPG

ドリンクやデザートのメニューも揃ってます。

craile210s_DSC07688.JPG

昼食には、オリジナルのブールサンド(箱根ベーカリー)と、
ホットコーヒー、生ビールを購入します。

craile211s_DSC07651.JPG

ブールサンドは外側のパンも、中にあるサンドイッチも、
なかなか美味しくて、食べごたえもあります。

小田原駅11:40発車、
しばらくすると根府川駅近辺での徐行運転があります。

craile212s_DSC07661.JPG

根府川駅11:50ごろに到着、17~18分ほど停車しますが、
普通列車と特急「スーパービュー踊り子5号」を先に通すための、
ドアは開かない運転停車になります。

熱海駅12:22到着、リゾート21黒船電車と並びます。

craile213s_DSC07675.JPG

熱海駅では9分の停車時間があるので、
駅のホームへ降りて、ちょっと散歩です。

craile214s_DSC07679.JPG

先に発車する伊豆急下田駅行きの黒船電車を見送って、
「伊豆クレイル」へ戻ります。

craile215s_DSC07686.JPG

熱海駅12:31発車、
バーカウンターで、おつまみラスク(ベーコンとくるみのカンパーニュ)
を購入して呑み鉄です(酔)

craile216s_DSC07704.JPG

おつまみラスクですが、生ビールに合って美味しくて、
伊豆の海を眺めながら、呑み鉄を楽しめました!

craile217s_DSC07713.JPG

伊豆高原駅13:29発車すると、
ボサノヴァの弾き語りイベントが始まります。

craile218s_DSC07746.JPG

ボサノヴァをじっくり聴く機会は初めてですが、
優しい音楽と美声で、とても癒されます♪

伊豆熱川駅13:41発車すると、
片瀬白田駅近辺で徐行運転があります。

craile219s_DSC07764.JPG

伊豆大島を眺めながらのボサノヴァの弾き語りですが、
これは楽しい演出ですね♪

20分ほどのイベントですが、これはオススメです!

終着駅の伊豆急下田駅14:06到着、
特急「スーパービュー踊り子」リゾート21黒船電車と、
伊豆の3列車の並びです。

craile220s_DSC07772.JPG

2時間半近い旅でしたが、
伊豆の眺め、美味しいもの、イベントと盛り沢山で、
退屈することはありませんでした。

craile221b_DSC07787.JPG

停車していた特急「スーパービュー踊り子」へも乗車したい
と思いながら、下田の街の散歩になります。・・・続く[わーい(嬉しい顔)]


nice!(57)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

天竜浜名湖鉄道の旅 その4:浜松編 [旅・散歩-東海]

天竜浜名湖鉄道の旅を楽しんだあとは、
西鹿島駅から遠州鉄道へ乗り換えて新浜松駅方面へ向かいます。

hamamatsu401s_DSC05899.JPG

西鹿島駅を発車して30分ほどで遠州病院駅に到着、
ここから歩いて浜松城へ向かいます。

hamamatsu402s_DSC05902.JPG

10分ほど歩くと、浜松市役所があります。

hamamatsu403s_DSC05903.JPG

浜松市役所の裏側に浜松城公園があります。

hamamatsu404s_DSC05907.JPG

階段を登って天守門から浜松城本丸へ入ります。

hamamatsu405s_DSC05912.JPG

浜松城天守です。

hamamatsu406s_DSC05921.JPG

人も多いし、中は鉄筋コンクリート造りなので、
天守内部の見学はしませんでした。

暑いので、お城を眺めながら本丸で少し休憩です(汗)

hamamatsu407s_DSC05924.jpg

浜松城を歩いたあとは、
浜松城公園内の日本庭園を散歩します。

hamamatsu408s_DSC05931.JPG

石の橋や滝もあります。

hamamatsu409s_DSC05935.JPG

桜や紅葉の季節に来てみたいですね。

hamamatsu410s_DSC05941.JPG

若き日の家康公像です。

hamamatsu411s_DSC05943.JPG

浜松城公園での散歩のあとは、
再び遠州鉄道の遠州病院駅から新浜松駅へ向かいます。

hamamatsu412b_DSC05952.JPG

新浜松駅です。ここでは浜松名物の餃子が目的です!

hamamatsu413s_DSC05957.JPG

有名なお店「むつぎく」へ向かうと・・・大行列が!

hamamatsu414s_DSC05965.JPG

帰りまで、並んでる時間もないので諦めて、
JR浜松駅にある、こちらも有名なお店「石松」へ向かいます。

hamamatsu415s_DSC05969.JPG

お客さんは多かったですが、すぐに入店できて、
餃子と生ビールをいただきました!

hamamatsu416s_DSC01022.JPG

餃子10個を注文しましたが、
豚肉とキャベツたっぷりでもさっぱりで、
皮は焼き面はパリッパリ、反対側はもっちもちで、
10個では足りない感じで、美味しくいただきました(幸)

お土産などなど買い物して帰路になります。

hamamatsu417s_DSC05963.JPG

浜松駅18:11発車のJR東海道新幹線「ひかり476号」に乗車です。

hamamatsu418s_DSC05998.JPG

鉄分を補給した後はカルシウム補給!ってことで、
「うなぎぼーん」で呑み鉄です(笑)

hamamatsu419s_DSC01024.JPG

日本酒「出世大名 家康くん」(花の舞酒造)で乾杯です(酔)

hamamatsu420s_DSC01026.JPG

日本酒にある甘味や酸味のバランスがよくて、
すっきり呑めて、呑み鉄を楽しめました!

浜松市のゆるキャラ「家康くん」には逢えませんでしたが(笑)、
乗り鉄や散歩、名物の「うなぎ」「餃子」も食べることができて、
1日満足に楽しめました!

桜の時期、紅葉の時期など狙って、また行きたいです[わーい(嬉しい顔)]

SONY ミラーレス一眼 α77 II ボディ ILCA-77M2

SONY ミラーレス一眼 α77 II ボディ ILCA-77M2

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: Camera

SONY DT 18-135mm F3.5-5.6 SA※ソニーAマウント用レンズ SAL18135

SONY DT 18-135mm F3.5-5.6 SA※ソニーAマウント用レンズ SAL18135

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: 付属品


nice!(70)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

天竜浜名湖鉄道の旅 その3:乗り鉄編 [旅・散歩-東海]

天竜二俣駅での転車台・扇形車庫の見学のあと、
鳥羽山公園や二俣城址へも行ってみたかったですが、
天気が怪しくなってきたし、蒸し暑いので、
周辺の散歩はやめて、天竜二俣駅のホームへ向かいます。

hamamatsu301b_DSC05819.JPG

新所原駅行きの列車に乗車します。

hamamatsu302b_DSC05829.JPG

天竜二俣駅の隣の二俣本町駅を発車して暫くすると、
天竜浜名湖鉄道の見どころのひとつ、天竜川橋梁を走ります。

hamamatsu303s_DSC05865.JPG

天竜川の眺めもいいですが、

hamamatsu304s_DSC05868.JPG

天竜川橋梁のある風景もいいですね!

hamamatsu305s_DSC05845.JPG

気賀駅では姫様道中の看板があります。

hamamatsu306s_DSC01021.JPG

姫様道中も見てみたいですが、
天気が良ければ気賀関所も見てみたいです。

気賀駅を発車すると、浜名湖の風景が続きます。

hamamatsu307s_DSC01019.JPG

天竜二俣駅から70分ちょっとで新所原駅に到着。

hamamatsu308s_DSC05840.JPG

ここでの目的はお昼ごはんで、
駅構内にあるうなぎ屋さん「やまよし」です。

hamamatsu309s_DSC05841.JPG

駅構内の窓口で注文(前払い)すると、
駅の外へ出てから、横にある階段から店内へ入ります。

hamamatsu310s_DSC05842.JPG

店内は座敷(土足厳禁)になっていて10席ほどです。

うなぎ丼は「一切れ入り」「二切れ入り」「一本入り」
とあって、注文したのは一本入り(2,100円)です。

hamamatsu311s_DSC01014.JPG

特別に大きくはないですが、地元産のうなぎで、
中はふわっと、外はパリッと香ばしくて、
タレも濃すぎず、さっぱりとごはんに合って美味しかったです!


駅構内の窓口で注文して店内へ移動っていうのも、
なかなか珍しい体験でオススメです(笑)

再び天竜浜名湖鉄道に乗車して、
時間もあるので一旦、天竜二俣駅へ向かいます。

hamamatsu312s_DSC05852.JPG

天竜二俣駅では、またまた新所原駅行きの列車に乗車します。

hamamatsu313b_DSC05863.JPG

西鹿島駅で下車、ここで遠州鉄道へ乗り換えです。

hamamatsu314s_DSC05889.JPG

次の電車の時間まで、駅の周りを散歩します。

hamamatsu316b_DSC05887.jpg

時々、ぱらぱらと雨が降りましたが、
天竜浜名湖鉄道と浜名湖のうなぎを楽しんだあと、
浜松へ向かいます。・・・続く[わーい(嬉しい顔)]


nice!(70)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | 次の10件 旅・散歩-東海 ブログトップ